男性タレントで「インチキオヤジ」で有名な「高田純次」氏が都内の高速道路を運転中
「衝突事故」をおこし話題になっています。

現在日本では「高齢ドライバー」による事故が多発している中、高田純次氏も年齢は72才の
高齢ドライバーであることから世間から非難の声が上がっています。

さらに有名人で、しかも「インチキオヤジ」として世を賑わせたタレントであることから
「運転もインチキか!」などの嫌味の声も沸騰しています。

 

スポンサードリンク

 

高田純次氏が車の運転好きであることは以前から知られておりますが、この度の事故で
自身「3度目の交通事故」であり関係各所や世間から厳しい声が伝えられれいます。

何故なら2009年頃に起こした事故の際に自身反省の意味を込めて伝えたコメントとして
「二度とこのような事故を起こさぬよう慎重に行動するよう努力する」等と発していたので
この度3度目の交通事故によって、その時の言葉の信憑性を失った形となったからです。

誰もが車を運転する上で(業務上)「事故」を起こす可能性はあるものですが、他人の車への
「衝突事故」で、しかも3度目となるとタレントで全国区に知られている有名人であっても
「笑って過ごせる」レベルは超えていると思うし、高齢ドライバーであることから世間からの
バッシングは避けられるものではないでしょう。

事故には様々な「行為」があるものですが、高田純次氏の場合「衝突事故」ばかり起こし
相手との交渉も「示談」で済ましている事を見ると車の運転に対する安全性確保の欠落や
何かあった場合「金」で事をすます考え方などがあると予想されます。

今までの事故を振り返っても「前方不注意」とか「追突事故」今回の「衝突事故」などの
「車両事故」のみの行為でおさまってはいるものの、今後も運転を続け万が一高齢による
「人身事故」を起こしてしまっては手遅れになるので、真面目に関係者からの「助言」が
必要となることでしょうね。

今回の事故では相手の話として「全治2週間の怪我」を負ったと伝えられていることから
警察が絡む事故であり、少なくても簡単に済ませられる交通事故ではないようです。

「3度目の正直」ではありませんが、ここにきてようやく車の運転に事故がつきものだと
言うことを理解したと思うので、運転に対する考え方や自身高齢ドライバーであること
さらに世間では高齢ドライブへの厳しい目があることを自覚し、自身今後の運転について
考えて頂きたいものですね。

 

■ 高田純次プロフィール

本名
高田純次
読み
たかだ じゅんじ
生年月日
1947年1月21日
仕事
タレント・俳優
出身地
東京都調布市
所属事務所
テイクワン・オフィス
血液型
O型

 

スポンサードリンク