最近、メッキリ!演技に磨きが掛かり「大人の風格」も醸すようになった”子役”出身の女優
「高畑充希」さんですが、ご自身出演の映画(ヲタクに恋は難しい)の”番宣”のためか?各局の
トークバラエティーを荒らしているそうです(笑;)。


引用元【インスタグラム(mitsuki_takahata)】

その気になる”映画番宣”のために、登場した一番組がフジテレビ系列で放送されているお馴染み
トークバラエティー番組”TOKIO”で、MCを担当している”メンバー”からの鋭い質問に、一人で
挑んだようです。

その中で、高畑充希さんの”親友”と呼ばれている女優の「蒼井優」さんが登場し【なんと!】
高畑充希さんの「お尻」の話をされたご様子です。

その話によると、高畑充希さんのお尻には”秘密”が隠されているそうで、そのお尻と言うのが
こちらです↓↓↓


引用元【インスタグラム(mitsuki_takahata)】

この素敵な「お尻」の秘密とは・・・?

【実は!】このインスタグラム!!2019年4月に更新されたもので、当時は突如の「お尻
突き出しポーズ」の姿に、歓喜したファンたちで溢れておりました。

頭隠さず しり隠さず

ありがとうございます。癒されます。

良いね

みつきさんらしいアップしてますね~

おしりぃ~なさん!頑張って下さい!



何故突然「花壇に埋もれながらのお尻ポーズ!」をキメたのか?疑問に感じる方も、多く
居たのですが、”自慢気に”突き出したこのお尻には、やはり”秘密”があったのですね!

良く見ると、お尻が「長く」見えませんか・・・?

【そう!】その事実を知っていたのが、親友の「蒼井優」さんであったのです♪

高畑充希さんと言えば”小柄”なイメージを誰もが持っていると思いますが、身長は158cmです。

一方の、”親友”であり一緒に居ることが多い「蒼井優」さんも、同じくらいの”背丈”なのに、
昔から何故か?高畑充希さんの方が小さく感じていたことを気にかけていたそうです。

そこで高畑充希さんが導き出した答えが【なんと!】ご自身のお尻が「長いから!」とのこと。

ちょっと?意味不明な答えで理由も”曖昧”ですが、その辺については番組を御覧くださいね♪


引用元【ツイッター(フジテレビ )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ ピーターパン?
・ ドコモcm話題!
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ 高畑充希さんの中高大学は?

高畑充希さんは1991年12月14日生まれの28歳(2020年)で、ご出身は「大阪府東大阪市」です。

ご出身の”大阪府東大阪市”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に
有る学校に通うのが一般なので、高畑充希さんも(大阪府東大阪市)内の小学校・中学校に
通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の大阪府東大阪市にある”東大阪市立永和小学校”にご入学されたと
判明しております。

ご家族は”ご両親”と”ご本人”のみで、ご自身は一人っ子の「長女」として生まれ育ったご様子!

父親が会社(株式会社高畑)の”経営者”であったことから、ご実家は相当な「金持ち」であった
らしく、幼い頃から”何不自由”なく暮らしていたご様子!

ただ、その関係で父親は自宅に居ない時間が多くあったらしく、頻繁に外国(オーストラリア・
中国・インドネシア)に出張していたそうです。

幼稚園頃から「習字」の”習い事”に通っていたらしく、性格は極めて”大人しい”少女であった!
とのことです。

なので一人で居る時は主に”読書”をして、楽しでいたとのこと。

両親が大の”ミュージカルファン”であったことから、年に数回「舞台」に観に連れて行かれて
いたそうです。

そのため”物心”ついた時にはご自身も”舞台女優”に「憧れ」を感じていたそうです。

特に、小学校に二年生の時に見た舞台”奇跡の人”では、ヒロインである”ヘレン・ケラー”役の
演技に「感銘」を受けて、その時の”衝撃”は今でも記憶に残っているようです。

小学校時代になると、舞台への憧れからか?「コーラス教室」でレッスンを受けていた様です。

また、親の”教育方針”であったのか?小学校以外にも”学習塾”へも通っていたらしく「学力
向上」に励んでいたようです。

一方で、体を動かすことが大好きな活発な少女でもあったらしく、しょっちゅう男子生徒と
“サッカー”をしていたとか?

活発に過ごした小学時代を終えると、中学校も地元の大阪府東大阪市にある”四天王寺中学校・
高等学校”にご入学されました。

この”私立学校”は、その名の通り「中・高一貫校」で、中学校にさえご入学できれば系列の
高校までは”内部基準審査”のみで「エスカレーター式」で進学(進級)することができます。

但しこの女子中学校の場合、入試時の偏差値が【なんと!】驚愕の「68」とのこと(現在は
男女共学校)。

なので、大阪府内にある中学校内でも、相当な「難関校!」として有名のご様子!

そこに、高畑充希さんは入試を受けた上で合格!を果たしたのですから、いかに小学校時代から
「優秀」であったのかを物語っておりますね!

本人としては、後に”早稲田大学”に進み「演劇研究会」に入りたいと思っていたらしく、その為
“進学校”である、この「難関校!」を選んだようです。

中学校二年生になると、現在の所属事務所である”ホリプロ”が開催した「山口百恵トリビュート
ミュージカル プレイバック part2」の”オーディション”に応募して、約9,500人以上の参加者の
中から、見事!”ヒロイン”役を手に入れて一躍「シンデレラガール」として注目を浴びます。

しかし、実際の舞台稽古がスタートすると慣れないこともあってか?相当!厳しいレッスンが
続いたそうで、学校の勉強について行くのも”一苦労”であった模様です。

また、”難関校”にご入学されたわりには”勉強が嫌い!”であったらしく、そのことも勉強から
「離れる要因につながった!」ことは間違いありません。

なので、”学力”が徐々に周りの生徒と比較すると”低下”して行ったそうです。

一方、学校内では”軽音楽部”に入部し、”ヴォーカリスト”として活躍していたようです。

その当時は、女生徒だけで”バンド”を組んでいたそうで、本来「ベース」を担当したいところを、
他のメンバーと”ジャンケン”した挙げく、負けたことから”ヴォーカル”に決まったそうです。

・・・とは言うものの、その”歌唱”はかなり”レベル”が高かったらしく、同じ女子バンドで
結成されていたガールズロックバンド「ZONE」の”楽曲”をコピーしてバンド活動を行い、
【なんと!】全国の軽音楽部コンテンストにも出場した経験があるとのこと。

そのため、現在の高畑さんの”お姿”からも連想できると思いますが、当時から”ボーイッシュ”な
スタイルであり、さらに”女子校”であったことから、かなり”女子”にモテていた!ご様子です。

高畑充希さんがバンドの練習のため”音楽室”に行くと、一目見ようとする女子ファンの群れ?が
決まって「列を作って待っていた!」との”エピソード”があるそうです。

挙句の果てに!中学校のご卒業式を向かえると、たくさんの女子ファンから”制服”を強請られて、
それに応じてしまったことから、帰り道は「質素なスタイル」で帰る羽目になったようです。

それだけに「歌唱・スタイル」が”優れていた!”ことを物語っている”エピソード”ですね!

一方の芸能活動では稽古を行っていた舞台が、同年(2005年)の12月から”東京国際フォー
ラム”で公開されて、主演である「すもも」役を演じて、自身初の「主演・舞台デビュー」を
飾りました。

女子学生に”モテもて”の中学時代を終えると高校は、既に芸能界デビューを果たし”女優”の道に
慢心していたことから仕事を優先するために、地元の大阪府東大阪市を離れ、一路”上京”して
東京都目黒区にある”八雲学園高等学校”にご入学されます。

この高校も” 私立学校”の「中・高一貫校」ですが、高畑充希さんは高校の”一般入試”を歴て
ご入学された模様です。

高校一年生の時に、自身が所蔵する芸能事務所(ホリプロ)が開催している”ホリプロステージ”で、
毎年行われている舞台「ピーターパン」に、第八代目ピーターパンに就任して、本格的に役者の
道に進み始めます。





後に、この舞台で”役者”としての「演技力」を、益々身につけたことから、大学時代までの
六年間!ピーターパンを歴任する事となります。

一方”メディア”では、同年の7月から公開された映画”ドルフィンブルー フジ、もういちど
宙へ”に出演し、【さらに!】TBS系列で放送されたお馴染み学園ドラマ”3年B組金八先生”に
出演して、同じ”若手の女優”たちと肩を並べて、”女性徒”役を熱演されます。


引用元【ツイッター(ゆーだお )】

この時代のドラマ「金八先生」に出演していた俳優陣たちを見ると、女優の「忽那汐里さん、
草刈麻有さん」、アイドル俳優であった「真田佑馬」氏などが居りましたね。

特に、”忽那汐里”さんとは相当仲が良かったらしく、今でも交流があるとのこと。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

【さらに!】同年には「歌手デビュー」も飾っており、中学生時代から”バンド”を組んで、
「ヴォーカリスト」を担当する程の”歌唱力”であったことから、直ぐにその”才能”が買われて、
作詞・作曲家としてもご活躍中の、音楽デュオ”コブクロ”の小渕健太郎氏がプロデュースした
楽曲”大切なもの”をリリースされます。





このシングルでは、アーティスト名を”本名”ではなく「みつき」名義でリリースされます。

ちなみに、このシングルは同年に公開された映画”ドルフィンブルー フジ もういちど宙へ”の
“主題歌”に採用されております。

また、この楽曲を大いに気に入ったプロデューサーの小渕健太郎氏は、プロモーションビデオや
ジャケットデザインなども手がけたそうです。

但し、当のご本人(高畑さん)は【まさか!】の”歌手デビュー”であったらしく、楽曲の制作中は
“戸惑い”ながらの現場となった模様です。

一方の高校では、仕事が多忙であったこともあり、休み時間でも”居眠り”をしていたようです。

また”女子校”であったことから”中学校”時代同様に「下級生の女子からモテた!」とのこと。

その背景には、”ボーイッシュ”なルックスと校則破りの”ミニ・スカ”を着こなして、周りの
注目を集めていたようです。

もちろん”校則破りのミニ・スカ”は許されるものでなく、担任に”こっ酷く”怒られていた様です。

学校では、ちょっと弾けた?高校時代を終えると、大学には東京都千代田区にある”法政大学”に
ご入学されました。

高畑充希さんは元々、早稲田大学の「演劇研究会」を目指しておりましたが、芸能活動が多忙で
あり、勉強する時間がなかったことから、ご自身の”レベル”にあった大学を志望したご様子です。

・・・とは言え、都内の有名大学中でも”名門”として名高い”法政大学”に進まれたのですから、
相当な「学力の持ち主!」であることは間違いありません。

大学時代になると”写真サークル”に加わっていたらしく、芸能活動を行いながらも”サークル”が
行っていた合宿に参加し、”ごく普通”の一般大学生が経験するサークル活動に励んでいたご様子。

なので、大学四年生頃になるまでは、しばらくの期間”芸能界”から離れ、大学生活を満喫して
いた模様です。

その後、大学四年生の2013年11月からNHKで放送された”朝のドラマ”でお馴染み”連続
テレビ小説”の「ごちそうさん」に”レギュラー出演”で起用されて、芸能活動へ復帰されます。

このドラマでは、ヒロインの義妹である”西門希子”役を演じ、その”演技”が関係者やお茶の間の
皆さんから好評で一躍、脚光を浴びます。


引用元【ツイッター(ち び パ ン ダ )】

【さらに!】このドラマでは、ご自慢の”歌唱”も披露されており、”挿入歌”で使われた「焼氷
有り/の唄、いちごの唄、蘇州夜曲」を、”西門希子”役として歌っておりましたね!

その後、通っていた大学を”ご卒業”されたのか?は不明ですが、人気ドラマ”ごちそうさん”に
出演後は相当”忙しく”なった為、もしかすると卒業までには至らなかった可能性が否めません。

そして、ご自身”24歳”の時にNHKで放送されているお馴染み”連続テレビ小説”のドラマ
「とと姉ちゃん」に出演し、ヒロイン「小橋常子」役に抜擢されて、自身初の「テレビドラマ
主演デビュー」を飾ると共に一躍、「ブレイク」を果たします。


引用元【ツイッター(キニナルコ )】

その後はご存知の通り、数々の「話題作・新作・名作」等に出演し、確実に女優の”キャリア”を
積み重ねながら人気を博し、今では”人気ドラマ”や各社・企業”CM”からのオファーが絶えない
“人気物”に成長して、今に至っております。


スポンサードリンク


◇ 高畑充希さんがピーターパン?

高畑充希さんが所属されている芸能事務所は大手の”ホリプロ”ですが、ホリプロでは自社が
運営する舞台「ホリプロ・ステージ」を公演しており、各種ブロードウェイミュージカル~
演劇、ダンスカンパニーなどを”独自”で制作し、所属している俳優陣を起用しているようです。


引用元【インスタグラム(horipro_stage)】

特にこの舞台で、誰もが知る超有名な”ミュージカル”と言えば・・・

【そう!】それは!!「ピーターパン」ではないでしょうか!

そして、その”第一人者”として有名な人物こそ!元女優でタレントの「榊原郁恵」さんですね!


引用元【ツイッター(文献書院&ブンケンロックサイド )】

初代”ピーターパン”として1981年8月にデビューを果たし、日本の舞台では”初”となる
「フライング技術」を披露して、話題を呼びました。

ちなみに、この”ブロードウエイミュージカル”がホリプロステージで披露されたキッカケは、
【なんと!】同社所属の大物歌手「和田アキ子」さんの”提案”があったから!とのことで、
和田アキ子さんが「本場」の”ピーターパン”を鑑賞した時に「是非日本でも!」と思ったらしく
事務所の社長である「堀威夫」氏に要望したことで”実演”に至ったようです。

なので、長い歴史のあるミュージカルですが、今までに第10代目の女優「吉柳咲良」さんまで
続いており、高畑充希さんは「第八代目」のピーターパン役でした。


引用元【ツイッター(ミュージカルピーターパン )】

高畑充希さんはの場合、2007年7月に”デビュー”を飾り、2012年7月までの約6年間
“ピーターパン”を演じました。

当時はまだ高校一年生で、【しかも!】芸能活動を優先するためにと地元の大阪府大阪市を離れ、
一路”上京”して「右も左も分からない土地」での生活をスタートさせたばかりでした。

もちろん”ピーターパン”に抜擢されたキッカケは、所属先事務所が”ホリプロ”であったから!
ですが、元々小学校からミュージカルに”憧れ”を感じ、将来の”夢”は「役者」を志していたので、
そこで所属先事務所が運営している舞台(ホリプロステージ)に立ちたいと思い、同社が行った
オーディション(別口)に参加した可能性が否めませんね。

その”努力”が実って、2007年に「ピーターパン・デビュー」を飾ったのです。


スポンサードリンク


◇ 高畑充希さんのドコモcmが話題!

高畑充希さんと言えば、今までに数々の企業CMに出演して”企業イメージアップ”に貢献されて
来ました。

先駆けとなったのは2014年4月から放送された、酒造メーカーでお馴染み”チョーヤ梅酒”の
CM「酔わないウメッシュ」でしたね。





【さらに!】”シリーズ化”されて話題を呼んだのが”日本中央競馬会”と”NTTドコモ”の
CMですね!

どちらのCMも、放送回数が積み重ねる度に”キャスティング”されるゲストが豪華になって
行くのが”特徴的”でした。

特に日本中央競馬会では、高畑充希さんが出演した時期は”2017年度”に集中されており、
“HOT HOLIDAYS!”と題されて放送された回の「春」篇では、俳優の「松坂桃李」氏、「柳楽
優弥」氏、女優の「土屋太鳳」さん・・・の錚々たる布陣で出演し、CMの”イメージアップ”に
大きく貢献しておりましたね!





この頃から「高畑充希&土屋太鳳」コンビが、この”CM”で目立ち始めたと思います。




【さらに!】NTTドコモのCMと言えば、なんと言っても「紅!」ですよね♪





元々”清楚なイメージ”の女優として有名であった高畑充希さんが、まさかの「変貌した姿」で
登場して、夕暮れの港で何かを吹き飛ばすように熱唱する姿は【まさに!】元歌の「紅」を
象徴しており、視聴者の「驚きと度肝」を抜いてくれました(笑;)。

このCM見た!特に10代の”若者”から好評で、元歌の主”X-JAPAN”の存在を知った方、
あるいは、この楽曲の作詞家”YOSHIKI”氏にも注目した”若者”が多かったそうです。

・・・とは言っても、ただ”叫ぶ”だけなら誰でも出来るのに、高畑充希さんが演じたことで、
何故か「強烈なインパクト!」を残しています。

【実は!】高畑充希さん!!昔「歌手デビュー」するほどの”アーティスト”で、数枚シングルを
リリースしていたのです。

【しかも!】プロデューサーについたのが、音楽デュオ”コブクロ”の「小渕健太郎」氏や、女性
シンガー・ソング・ライターの「川嶋あい」さん・・・などの超有名”作詞作曲家”が担当した
「楽曲」があるのです。

【さらに!】超大物女性シンガー「竹内まりや」さんが、”楽曲提供”した曲もあります!

なので、高畑充希さんは元から”歌手”としての「才能」を兼ね備えており、今回のCMでも
ただ叫んでいるような”歌唱”の中にも、秘められた「上手さ!」が含まっていたのです!

ちなみに、このCMを知った「本家」の作詞家”YOSHIKI”氏の耳にも届いたようで、
高畑充希さんが”X-JAPAN”の「ライブ」に参加した際「交流」をもったそうです。


引用元【ツイッター(LINE NEWS )】




【さらに!】最近の高畑充希さん出演の代表CMと言えば、飲食メーカー”ケンタッキー・
フライド・チキン”でお馴染みCM「ホットチキン」ですね!

“初登場”は2018年6月からで”創業記念パック”のCMで、そのままに”高畑さん登場”編にて
「ケンタッキー・デビュー」を飾りました。





「勢い良く!カブり付く」その”お姿”は【まさに!】高畑充希さんならではですね!

きっと、企業の”売上”向上(イメージアップ)に貢献されていることでしょう!

とても「美味しそう!」に見えますよね!


スポンサードリンク


◇ 高畑充希さんのプロフィール

本名
高畑 充希
読み
たかはた みつき
生年月日
1991年12月14日
仕事
女優
出身地
大阪府東大阪市
所属事務所
ホリプロ
血液型
AB型