日本の”お笑いタレント”でありながら、珍しい資格「防災士」を持つ”異色のタレント”であり!業界内では「訛りが強い芸風」が持ち味で、一時は「なまりの弾丸」等と呼ばれて人気を集めていた!夫婦漫才コンビ「チャイム(旧:赤プルと旦那)」でご活躍中の、”防災芸人赤プル”こと「松丘夕子」さん。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

何やら?最近、”お笑いタレント”とは程遠い「防災士の資格」を生かした!”危機管理専用メディア”で「コラムを連載された」として注目を集めたご様子です。

いつもの、”茨城県訛り”の強い「語り口」とは一風変わった!”真面目”なスタイルで「防災意識の大切さ」などを語った模様です。

特に、災害が起こる前に!事前に避難行動を考え、”タイムスケジュール”を作成しておく「マイ・タイムライン」と呼ばれる”行動”を提唱しているらしく!実際の”災害時”に「逃げ遅れを防ぐ」ためにも事前に準備することの大切さ!などをススメているようです。

その気になる”防災意識”の高い、”赤プル”こと松丘夕子さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(赤プル(夫婦コンビ〝チャイム〟)茨城弁フェア開催中 )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 赤プルは可愛いとは?
・ 旦那や子供とは?
・ 創価学会疑惑とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


“赤プルこと松丘夕子さん”は1977年9月26日生まれの42歳(2020年)で、ご出身は「茨城県」です。

ご出身の”茨城県”にあるご自宅で、ご両親と姉と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、赤プルこと松丘夕子さんも(茨城県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の茨城県にある”水海道市立石下小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”姉と妹”が居り、”三人姉妹”の「次女」として生まれ育ったご様子です。

茨城県にあるご実家では、”父親”が「寿司屋(ふじみ寿司)」を営んでいるそうです。

幼い頃から非常に”優しく”、”精神”が落ち着いた少女であり!”人間”味溢れた「欲の無い性格」の
持ち主であったことから、周囲から「好まれるタイプの少女」であった模様です。

一方で、非常に”第五感”に「優れた少女」ではあったモノの、行動が”単純”で分かりやすく!”裏表”のない子供として、親しまれていたそうです。

なぜ、子供の頃から!周りとチョット違った「性格の持ち主であったのか」と言うと【実は!】”日本国内”でも、非常に「稀なケース」の!血液型が”B型”の「RHマイナスだから」と、言われているそうです。

その血液型は、”海外”には結構!居るそうですが、”国内”で見ると!全体比率の「約0.5%」しか存在しないそうです。

なので、周りとはちょっと違った”性格”!あるいは、”感性”の持ち主と言えるのです。

ご自宅のある”茨城県”では、”田舎町”でありながら!茨城”市内”に近かったこともあり、然程「自然の中で生活していた」とは言えない”町並み”に育ったそうです。

小学校時代に入ると、非常に”お転婆”な少女であったらしく!”体格”が小さいながらも「家出をするような少女」であった模様です。

【さらに!】大の”イタズラ”好きで、しょうちゅう!近くのおじさんから「叱られていた」そうです。

”お転婆”で過ごした小学時代を終えると、中学校も地元の茨城県にある”水海道市立石下中学校(現在:常総市立石下中学校)”にご入学されました

中学生時代に入ると、急に!”不良”と「連む時間」が多くなり、終いには「ヤンキーのメンバー」に加わったそうです。

但し、”ヤンキー”と言っても!直ぐに”ケンカ”を行うような「暴れん坊」では無く、”義理人情”が強い!”情”に脆くて優しいタイプの「冷静沈着なスタイルをモットーにしているグループ」に、入っていたようです。

なので、昔の”地方”に多く居た「レディース」間での抗争がある場合、その原因のほとんどは「俺の方が東京に近い!vs俺の街には駅がある」などの、”地元”の「自慢対決による口ケンカ」であり!”殴り合い”のケンカに発展することは、無かったそうです。

ちなみに、この当時に”経験”された「実体験」は!後に、自身の「芸に生かされている」と語っております。

”ヤンチャ”で過ごした中学時代を終えると、高校も地元の茨城県にある”茨城県立水海道第二高校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」であり、”学科”は「普通科・商業科・家政科」の”三科”が設けられております。

但し、赤プルこと”松丘夕子”さんが「何の学科を選考されたのか」までは、分かっておりません。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校の”部活動”は、非常に盛んであり!各種の”運動部”から”文化部”に至るまで、様々な”部活動”が豊富に設けられております。

特に、”運動部”では「女性ハンドボール部」が歴史が深く!全国でも”強豪校”としての「知名度がある」そうです。

【さらに!】”文化部”では「演劇部」の活動が盛んであり、毎年!たくさんの”生徒”が「殺到するほどの人気ぶり」を見せている部活動とのことです。

高校時代に入っても、中学時代同様に!”ヤンキーたち”と絡んでいたらしく!常時、6~7人くらいの”仲間たち”と連み!地元の”レディース”にも参加していたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

高校の放課後に、”レディース”の「資金稼ぎのため」なのか?”深夜”になると、地元の”スナック”で「アルバイトを行っていた」そうです。

なので、”不良たち”がよく行う!弱い学生からの”カツアゲ”などは一切行わず!自分たちの”稼ぎのみ”で、グループの資金を賄っていた模様です。

一方では、”人間性”は「まだ普通の高校生であった」ことから!普通の”女子学生”と同じ様に、その当時!大人気であったシンガーの「安室奈美恵」さんに”憧れ”を感じていたらしく!”普段着”のスタイルは「アムラーファッション」をマネしていたそうです。

その意味では、見た目の”ケバさ”よりも、”中身”は「普通の高校生」であり!周りの”環境”が「松丘夕子さんを変えてしまった」と言っても過言では無いでしょう。

中学校時代と同様に、”派手な高校時代”を終えると!もちろん、大学には”進学せず”に社会人となります。

学生時代を終えて”社会人”になると、ホテルの”宴会”や地元で開催される”イベント”などに足を運び「コンパニオン」として働いていたそうです。

その当時から、抜群の”スタイル”を誇っており!恐らく、たくさんの”お客”から「指名を受けていた」と思われます。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

その後、元から”お笑い界”に「興味を抱いていた」らしく!2003年頃から、”ピン芸人”として活動をスタートさせ!”芸名”を「赤いプルトニウム」と名乗り、その年の12月に!自身初となる「ライブデビュー」を飾ったそうです。

その翌年の2014年には、お笑いコンビ「坂道コロンブス」などで活動していた!”元旦那”の「松丘慎吾」氏と”タッグ”を組み!新たに”夫婦漫才”を結成されて、お笑いコンビ「赤プルと旦那」としての活動をスタートさせます。

ちなみに、赤プルさんの”本名”とは「松丘夕子」さんであり「芸能界デビュー」を飾った”当初”に命名されていた、”芸名”の「赤いプルトニウム」とは!お笑いコンビ「いつもここから」で、主に”ボケ”を担当している「山田一成」氏が命名したそうです。


引用元【ツイッター(山田一成(いつもここから) )】

命名された”経緯”などは分かっておりませんが、後に!東日本大震災の”原発崩壊”による「放射能汚染問題」の影響を受けて!”プルトニウム”のイメージが悪くなり、縮小された「赤プル」と改名されたのです。

学生時代に”経験”された「レディース」を活用した”ネタ”が売りであり【さらに!】ご出身の”茨城訛り”を生かした「語り口調」が特徴的で!昔の”武勇伝”を語りながら繰り広げる”自虐芸”が「持ち味のお笑いタレント」です。

その後、本格的な”お笑いタレント”を目指すために!2009年からは、大手芸能プロダクションの「太田プロ」に所属され【なお一層!】お笑い界にのめり込んで行きます。

芸能事務所に所属すると、”メディア出演”などの仕事が増え始め!バラエティー番組やお笑い番組【さらに!】ラジオ番組や、その当時から徐々に注目が高まっていた「インターネット番組」などに出演されて、知名度を広めて行きます。

【しかも!】”口の悪さ”はあるモノの、意外に美魔女系の”ルックス”とスレンダーな”スタイル”が評判を呼び!”ドラマ”などの「役者業にも挑戦」し始めて、日本テレビ系列で放送された「演歌の女王」やテレビ朝日系列で放送された「アンタッチャブル~事件記者~鳴海遼子」【さらに!】TBS系列の警察ドラマ「ハンチョウ」などの”視聴率ドラマ”への出演を果たします。

日本テレビ系列で放送されている人気バラエティ番組「秘密のケンミンショー」に出演された時には、実家の「寿司屋」が話題に上り!店名である「ふじみ寿司」を、堂々とアピールされました。


引用元【ツイッター(徹 )】


スポンサードリンク


◇ 赤プルは可愛いとは?


一時は「口は悪いが可愛くてスタイルが抜群な女性…など」と、モテ囃されたお笑いタレントの「赤プルこと松丘夕子」さんですが、最近では地元の”ローカル情報番組”などに出演を重ねた結果!”全国区”の番組出演が増えているそうです。

但し、”全国区”から見た場合の「赤プルさんの存在」を知った方と言うのは、日本テレビ系列で”不定期”に放送されている”お笑い番組”の「エンタの神様」に出演されていたことで認知された方が多いと思います。

その当時は、同じ”お笑い芸人”であり”旦那”でもある「松丘慎吾」氏とコンビを組み!お笑いコンビ「赤プルと旦那」を結成されて活躍されておりました。

【しかも!】その時の”キャッチコピー”は「訛りの弾丸」であり、出身地である”茨城県”の「茨城弁」をフルに活用して、笑いの”ネタ”を披露されておりました。

“赤プル”こと松丘夕子が、デビュー仕立ての頃は「お笑いタレントの中に”美女”が居る…など」と業界内で話題となり!それが「誰なのか?」と、突き止める若手タレントたちで溢れていたモノです。

それだけ”業界内”では「注目を集めた女性…」の割には、今だに”ブレイク”を果たせずに居ることが!誰もが「不思議なこと」だと、口を揃えて言うのです。

恐らく、あまりにも!見た目の「ルックス(可愛さ)」と、生まれ付き兼ね備えた「訛りの強い口調」との”ギャップ差”に!一度は”引いてしまう”ファンが、大勢居るのでしょう。

しかし、最近では!日本の”お笑い業界”では「異色の資格(防災士)」を持つ”タレント”として注目を集めて、”震災関連”の番組に出演されたり!”災害”についてのコラムを掲載されたり!と、多岐に渡ってご活躍されている模様です。

なので、昔のような「可愛くてインパクトのある女性タレント」では無くなりましたが(笑;)、”お國”のため!あるいは、”日本國民”のために「防災の活動」を積極的に押し進めながら!正しい「備えのあり方」などを”レクチャー”されているご様子です。


引用元【ツイッター(赤プル(夫婦コンビ〝チャイム〟)茨城弁フェア開催中 )】


スポンサードリンク


◇ 旦那や子供とは?


赤プルさんは、2011年1月2日に!同じ芸能事務所の「大田プロダクション」に所属する、元”お笑いコンビ”の「くらげライダー」で”ボケ”を担当していた「松丘慎吾」氏と”ご結婚(入籍)”をされました。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

二人の”馴れ初め”などは、伝えられておりませんが!同じ事務所に所属する「先輩・後輩のお笑いタレント」であったことから、その当時から”公私とも”に!付き合いがあったらしく、それがキッカケで”交際”に至り!ご結婚までに発展したのでしょう。

旦那の結成していた”お笑いコンビ”の「くらげライダー」とは、2014年に「解散」をしており【まるで!】それに合わせるかの如く!その年の6月から、赤プルさんとコンビを結成されて!夫婦お笑いコンビ「赤プルと旦那」をスタートさせたのです。

但し、その後に!お笑い界の大御所「ビートたけし」氏の冠番組であった、”BSフジ”で放送されていた番組「たけしの等々力ベース」に出演をされた時に、”ひょんな事”から!共演していた「やくみつる」氏によってコンビ名を「チャイム」へと改名させられたのです。

恐らく、二人の間では相当!”お気に召した”のか?その後は、恥じらいもなく「チャイム」としての活動を続けていたのです。

また、二人の”プライベート”では「お子さんが一人」居るそうです。

詳しいことは分かっておりませんが、二人ともに”初婚”であることは間違いのない事実なので、その子供は「実の子」であることは明らかですが、”人数”までは分かっておりません。

但し、ご自身の公式SNS(インスタグラム)の中には!その「子供らしき女性」のショットが公開されております。↓↓↓


引用元【インスタグラム(puluco_a)】

もし、ショットの子供が”実の子”ならば、現在の年齢は「小学校4年生(10歳)」のはずなので、その意味では「年齢通りのお子さん」と言えるのでしょう。


スポンサードリンク


◇ 創価学会疑惑とは?


あくまでも”噂”に過ぎませんが【実は!】赤プルこと松丘夕子さんは以前から、”宗教法人”の「創価学会員」に加入しているとの情報が、ネット界で広まったことがありました。

その”根拠”とされたのが、実際に”創価学会員”の会員さんが!その”会場”で「見かけたことがある」との目撃情報から伝わり始めたモノであり!他の芸能人の中にも、”創価学会員”に入会しているタレントが居りますが、その方たちと【かなり!】「深い信仰がある…など」と、仄めかしているそうです。

しかし、創価学会員を”母体”に持っている”公明党(参議院)”は「原子力の運用」に対して、”反対派”であることから!たとえ「短縮」したとは言え、芸名に”プロトニウム”の称号を使っている人物を、メンバーに加えていることは、誰もが「疑問に感じている」はずです。

つまり、下手に”赤プル”さんをメンバーに加えていると!「プルトニウム」のイメージを”国民”や”会員”に与えかねず!大きな”批判”や”批難”を受ける「リスクが高まる」訳です。

もし、本当に会員として加わっているのなら!少なくても、本名の「松丘夕子」さんで登録していることでしょう。

なので、”周囲”が面白がって「入会名」を調べたとしても!恐らく「松丘夕子」名義によって、気づかれる恐れは、少ないのでしょう。

また、もし会場に居たとしても!現代は”マスク着用”が「当たり前の時代」に入っているので、恐らく”変装”をされていることから、その意味でも「気づかれるリスク」は低いでしょう。

なので、会員の”有無”については「ご本人のみが知る事実」との結論です。


引用元【インスタグラム(puluco_a)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2003年に、日本テレビ系列で放送された番組”エンタの神様”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2005年に、あっ!とおどろく放送局系列で放送された番組”再見!!ないと。”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2005年に、”プリンセスプリンセス”が手がけた作品”えちうら”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2007年に、日本テレビ系列で放送された番組”演歌の女王”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2008年に、”ラジオ日本”局が放送した番組”ラジカントロプス2.0″に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2008年に、”講談社”が手がけた作品”フライデー (雑誌)”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
松丘 夕子
読み
まつおか ゆうこ
生年月日
1977年9月26日
仕事
お笑いタレント
出身地
茨城県常総市
所属事務所
太田プロダクション
血液型
B型(RHマイナス)