女性”ピン芸人”としてご活躍し「私だけで!」の”ネタ”で一躍ブレイクを果たした女性芸人の「だいたひかる」さん。

何やら?以前、患った”乳がん”の治療にかかった”費用”を全面的に暴露され、同じ”病”で苦しんでいる女性たちから大きな反響を呼んでいるそうです。

だいたひかるさん”44歳”にして、再発した乳がんでの”治療代”を!大胆に暴露された模様です。

その気になる乳がん治療代を含めて「だいたひかる」さんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(デイリースポーツ )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 乳がん再発で治療費暴露?
・ フィリピン人なの?
・ 文具芸人とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 乳がん再発で治療費暴露?


だいたひかるさんは2016年1月に、”乳がん検査”でお馴染み「マンモグラフィー検査」を受診したところ、右の乳房に”しこり”が見つかったそうで!「乳がんの恐れがある」として”右乳部分”の「全摘手術を受けたことを明らかにされていた」のです。

その一報は、ご自身が出演された日本テレビ系列で放送中のお昼のワイドショー「情報ライブミヤネ屋」の番組内で発表されたのです。

当時は相当!悲痛な思いをされていたそうで、苦しみの余り”自殺”も考えたそうです。

その当時は、また”女性芸人”として「多方面でのご活躍が最盛期であった」ことから、その真っ只中での”がん報告”でしたので、その衝撃は計り知れなかったことでしょう。

なので、周りの関係者だけではなく!お茶の間の”女性たち”からも大きく注目を浴びていたものです。

その後は、放射線治療を併用しながらの治療を行い、女性であれば誰もが気になる!乳がんについての気になる”費用(治療代)”の「詳しい情報」を、ご自身の公式SNS(ブログ)で明らかにされたのです。

それによると「当てる量や回数などによって金額は異なる」との見解を示しながらも、自身の経験では治療回数25回で約「257、420円掛かった」ことを暴露されました。

つまり!一回の放射線治療代が「約10,000円前後」であることを教えてくれたのです。

女性なら誰にも起こりえる病気であり、”最新治療”の開発が進む中とは言え!女性たちから大きな「注目を集めている疾患」であるため、その詳しい情報提供は、女性たちにとっては貴重な情報源となったはずです。

なので、身近になりつつある”疾患”ではあるモノの!あまり知られていない「治療代を暴露」されたことは、きっと!同じ病で闘病されている女性たちには「ありがいたい有力情報」となったようです。

疾患の規模の違いはあるモノの「現実の治療代」を知った!同じ”治療”を受けている、気になる情報を知った女性たちからは「かなり有り難い情報です…など」の、感謝の言葉が多数!寄せられております。

近年、急激に増えている病気なだけに!あまり知られることの少ない「治療に関する詳しい情報」の暴露は、相当!世間の女性たちに役に立ったことでしょう。

日頃から「人を笑顔にする仕事(お笑い芸人)」であるが故に!「人を幸せにする情報提供」までも、届けてくれた形となったご様子です。


引用元【インスタグラム(joseijisin)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校


だいたひかるさんは1975年5月25日生まれの44歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県東松山市」です。

ご出身の”埼玉県東松山市”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、だいたひかるさんも(埼玉県東松山市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では幼稚園は地元の埼玉県狭山市にある”けやの森学園幼稚舎”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しい(ほぼ皆無!)なので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”兄”がいて、ご自身は長女として生まれ育ったご様子です。

家庭環境としては、”父親”は一般社員として「サラリーマン」をされているとのことです。

幼少期から”軟弱”で、性格は「内向的」であったことから、”口数”の少ない少女であった模様です。

なので、時に”声”が出し難くなり、それが原因で”意識”が薄れ「死にかけた!」ことがあるそうです。

【さらに!】”ヘアースタイル”が「ポニーテール」であったことから!”髪”があちらこちらに引っかかり易く、ある時は「ドアのノブに引っかかて死にかけた」こともあるそうです。

また、”食事”になると決まって「納豆」を好んでいたらしく、今でも”食事”には「納豆」が欠かせない!とのことです。

小学生時代になると”無口”であったことから”友達”が居らず、いつも一人で遊んでいたようです。

なので小学校三年生になると、自ら”明るい性格”に改めようと、無理やり”笑顔”を作り始めたご様です。

同じ頃に”クラス”で遠足に行った際、”くしゃみ”が止まらなくなり、その勢いで”嘔吐”したことから、あだ名を「ハクションゲロ」と名付けられていたとのことです。

また、性格は”内向的”でしたが”運動”が好きで、バスケットボール部に入部していた模様です。

すると、意外にも部活内では”目を見張る”活躍ぶりを見せていたそうで、毎回行われる地区の大会には”レギュラー”として出場し「県大会出場」に大きく貢献されました。

一方、家庭では”テレビっ子”であったことから”しょっちゅう”、時代劇の”水戸黄門”を好んで視聴されておりました。

また、夏休みになると母親の実家(岩手県)に、ほぼ”強制的”に遊びに連れて行かれたようです。

小学校六年生になると、”理由”は定かではありませんが、同じ”埼玉県”にある「東松山市」に引っ越しをされた模様です。

なので、通っていた小学校は”所沢市立林小学校”でしたが、中学校は東松山市にある”東松山市立中学校”にご入学されております。

中学校になると、小学時代から行っていた”バスケットボール”は続けずに、理由は定かでありませんが「水泳部」に入部したそうです。

水泳部でも「意外な実力!」を発揮し、種目「自由形」では”校内”で定めていた記録を塗り替えて、”新記録”をマークされたようです。

なので”学生時代”は、かなりの「スポーツ女子」であったご様子!が伺えます。

但し、”学業の方”の情報が無いので「能力的にどうなのか?」については分かっておりません。

”水泳”でご活躍された中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県鶴ヶ島市にある”埼玉県立鶴ヶ島高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子!

高校時代になると、”性格”がガラッと!代わり、一年生の時に恋に落ちたらしく!男子生徒に”初恋”をされ、そのまま「交際へと発展した」とのことです。

【ところが!】その彼を、一番の”親友”であった友人に「奪われて!」しまったらしく、過度な”ショック”を受けて「軽い登校拒否」となったそうです。

すると、そのことを知った母親が「プライドがあるなら負けるな!」と励まし、今まで”不仲”であった母親と”和解”して、急に「仲良くなった」ようです。

なので、ある意味”彼氏”を「奪われた」ことが、逆に”幸いし”て思わぬ「効果?」をもたらしたご様子です。

その頃からか?は断定できませんが、今まで見たこともない”スタイル”に「変貌」をしたらしく、ヘアースタイルが長髪!しかも当時、流行っていた”ガングロ”にして「ギャル風のキャラ」へと変わったそうです。

なので高校には”たまに”しか行かない様になり、”しょうちゅう”友達とカラオケボックスやクラブで遊んでおりました。

今のスタイル(キャラ)からは想像がつかないほど「荒れていた!」時期があったのです。

その結果?高校時代は、約”六名”の男子生徒と「交際」をされたご様子で、毎回”彼氏”に合わせて、自身のスタイル(性格や私服)を変えていたとのことです。

かなり”荒れた”高校時代を終えると、大学には「進学せず」に”美容系”の学校(たぶん専門学校)にご入学された模様です。

その後、その”学校”をご卒業されると社会人となり、どこか?(多分さいたま地区)の”美容院”で働き始め、”美容師”として約4年間、”真面目”に勤務されていた!とのことです。

その際に、”美容師”の命でもある手(指)を車の”ドア”に挟んだらしく、仕事が出来なくなったことから、しばらく”休業”を余儀なくされたご様子です。

すると、”何もできない”時間が余り切っていたことから”暇つぶし”に、お笑いを専門としていた”カルチャースクール”に入校して「お笑い芸」を学び、そのまま”ピン芸人”として芸能界の道に進んだとのことです。

つまり、その時点で「美容師を諦めた」のです。

カルチャースクール時代に生まれた”ネタ”の「私だけでしょうか?」を”武器”に、お笑い界に”進出”されますが、しばらくは「売れない時代(下積み時代)」へと入って行きます。

この当時は、”お笑いの事務所”などには所属せずに「自力」で仕事を見つけられました。

また”芸能界”へ進んだことは「親」には知らせず、密かに活動を行っていたようです。

その後は当時、お笑い番組として人気であった、NHKのお笑い番組”爆笑オンエアバトル”やフジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組”歌うボキャブラ天国”に出演し、徐々に”知名度”を広げて行きます。

すると、2002年から放送がスタートした、お笑い事務所でお馴染み”よしもと興業”が開催している”ピン芸人”によるお笑いバトル番組”R-1ぐらんぷり”に出演し、見事!第一回の”グランプリ”に輝いて、一挙に”人気”を博して「全国区」となりました。



引用元【サイト(R-1GPアーカイブ – R-1GP2002)】

ちなみに、この時に獲得した賞金”100万円”のうちの数十万円は、銀座の”ホストクラブ”で”一晩”のうちに使い切ったとのことです。

そして、”お笑いブーム”が「再来した」2003年頃から始まった、日本テレビ系列で放送され、今でも”不定期”で放送されているお笑い番組”エンタの神様”に出演する機会に恵まれます。



引用元【サイト(YouTube)】

すると、今までの”芸風”にはなかった「歌を取り入れた毒舌ネタ!」で”大好評”を買い、一挙に「ブレイク」を果たしました。

その後は、お笑い番組やバラエティー番組から”引っ張りだこ”となり、知名度を広げると同時に”幅広い年代”の方から人気を集めるように成長して行きます。

お笑い界での”ポジション”を確率すると、さらにメディア出演が多くなり、テレビ朝日系列の番組”いきなり!黄金伝説”や日本テレビ系列で放送されている人気バラエティ番組”笑点”等に出演を果たし【さらに!】人気を博して行きます。

そして2006年1月になると、放送作家で脚本家の「北本かつら」氏とご結婚をされます。

【ところが!】、当時日本テレビ系列で放送されていたバラエティ番組”シャル・ウィ・ダンス?”で共演されたダンサーの「二宮清」氏との”不倫疑惑”が浮上して、一挙に”幸せ”から”不幸”へと陥って行きます。

その後、翌年の2007年に”僅か”一年余りでありながら「北本かつら」氏と”離婚”をされます。

また、同年には所属事務所が放送しているラジオ番組「おしおきピンキームーン」に出演され、”離婚ネタ”を匠に利用しながら、自身初の「ラジオデビュー」を飾りました。

さらに翌年になると、”NHKラジオ”内で放送されていたCM”夜はぷちぷちケータイ短歌”に出演し、”声のみ”ながら自身初の「CMデビュー」を飾りました。

そして、2013年のご自身”38歳”のバースデーに”アートディレクター”の「小泉貴之」氏と「再婚」をされました。


引用元【ツイッター(ライブドアニュース )】

その後、しばらくは”メディア”から姿を消し、”家庭生活”に入ったのか?主婦業に専念されて行きます。

すると2016年に、ご自身に乳がん(ステージ2B)を患ったことが判明し治療に入ります。

その後、その”事実”をテレビ番組で明らかとすると”その辺”から、また”メディア”で見かける頻度が増え始め、各局のテレビ番組に出演するようになって行きます。

“ピン芸人”としての「姿」は、今では殆ど見かけることがなくなりましたが、情報番組やトーク番組、バラエティ番組などに出演するようになって行きます。


スポンサードリンク


◇ フィリピン人なの?


だいたひかるさんはに以前から”ハーフ”説”なるものが「噂」として伝えられており!ご両親のどちらかが「フィリピン人なのでは」と疑われておりました。

【さらに!】もう一つ「ハーフ説が噂された要因」として、情報サイトでお馴染み”ウィキペディア”に掲載されていた出身地に「フィリピン」と記載されていたことが一時期あったからなのです。



引用元【サイト(ウィキペディア)】

ウィキペディアは”個人”が勝手に書き換えることのできる情報源なので、一部のネット住民が書き込んだ情報と思われますが、正確なところは分かっておりませんでした。

但し!よく調べて見ると、”だいたひかる”さんのご両親は”父親”は「神奈川県のご出身」であり、”母親”は東北の「岩手県のご出身」であることは、間違いのない事実なのです。

なので、その二人(両親)に授かった子供ですから!もちろん「生粋の日本人」であることに間違いありません。

【さらに!】当事者のご本人も、2019年3月に”更新”された公式SNS(ブログ)の中で、このよう語っておられました↓↓↓

私がフィリピン出身という事で、とお仕事の話をいただいたのですが…私は神奈川県出身の父と、岩手県出身の母との間の子供です。なぜ?フィリピン出身だと思ったのか・・・自分なりに考えた結果。高校生の頃にあだ名が「フィリピーナ」だったからかな?とも思いましたが…日本人です





つまり「学生時代に名付けられたあだ名」が、そのまま”出身地”として掲載されたとの見解を明らかにされていたのです。

では何故!”あだ名”が「フィリピーナであったのか」と言うと【実は!】若い頃の”ルックス”が、あまりにも「フィリピン人に似ていた」からなのです。

写真を見る限り、確かに”東南アジア系”のお顔立ちに見えなくもありません。

【さらに!】高校時代は「長髪のガングロ」の”ギャル風スタイル”にしていたらしいので、なお一層”フィリピン人”に見えていたのでしょう。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】


スポンサードリンク


◇ 文具芸人とは?


だいたひかるさんは以前から、芸能界きっての「文具マニア」として有名でした。

なので「文具芸人など」と呼ばれて親しまれ!その噂が”文具業界”に伝わると・・・

【なんと!】文具メーカーの”株式会社ハピラ”が協賛された「オリジナル文具の商品」が開発されることになったのです。

しかも、そのオリジナル商品の”ブランド名”を「WATASHIDAKE?」と命名され【さらに!】公式SNS(ツイッター)の”専用アカウント”まで公開されて、大々的な事業展開を始めたのです。


引用元【ツイッター(furuko2015 )】

【さらに!】毎年行われている”文具祭り”スペシャルイベントの場でも、”新ブランド”の完成を報告したりと、”文具芸人”の名に恥じない?活動を、「精力的」に行っている模様です。

開発した商品の中でも、特に「ふせん」に注目したらしく、通常使われている”ふせん”は「筆箱に入れたり、”ノート”に挟んだりするからバラバラになりやすい!」との問題点を指摘されております。

そこで、”整理”しやすい三種類をデザインした”ふせん”を開発し、「用途」に合わせて使える”スタイル”の商品を提供されているそうです。

つまり、だいたひかるさんの「真心がこもったアイデア商品!」が開発された模様なのです。

また、今回のような”商品開発”をすることは昔からの「夢」でもあったらしく、初めて出来た商品を手にした時には、”涙”を浮かべたそうです。

“だいたひかる”さんが”ブレイク”を果たすキッカケとなったネタの「私だけでしょうか」に因んだ「WATASHIDAKE」でしょうから!必ずや成功することでしょう。


引用元【インスタグラム(buntobi)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 雑誌

・ 2004年に、”ワニブックス”が手がけた作品”ほやほやの冗談”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2006年に、”(RandC”が手がけた作品”ほっしゃん。&だいたひかる”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(aa.3rdock.com )】

◇ 映画

・ 2007年に、”吉本興業”によって公開された映画”おしおきピンキームーン”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ ラジオ

・ 2008年に、”NHK”局が放送した番組”夜はぷちぷちケータイ短歌”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(加藤治郎 )】

◇ テレビ番組

・ 2009年に、日本テレビ系列で放送された番組”エンタの神様”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(choco )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
小泉 ひかる
読み
こいずみ ひかる
生年月日
1975年5月25日
仕事
お笑い芸人
出身地
埼玉県東松山市
所属事務所
吉本興業
血液型
O型