近年!世界に猛威を振るっているコロナウイルスの影響で、”外出自粛”が余儀なくされている最中!急激に増えているのが「Youtuber芸人」です。

その中でも、先駆者的存在と言えば!漫才コンビ”キングコング”のボケ担当「梶原雄太」氏が有名ですが、モノマネタレントの中で”Youtubeデビュー”をされている方と言えば「丸山礼」さんが有名どころです。

丸山礼さんと言えば、最近!お笑いトリオ”ロバート”の「秋山竜次」氏や女優の「土屋太鳳」さんの”顔マネ”で人気を集めている注目のモノマネタレントです。

また、世の中が”自粛ムード”のため!動画サイト”Youtube”の需要も増加していることで【さらに!】人気に拍車が掛かっている状況です。

その気になるモノマネタレントの「丸山礼」さんについて、紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 土屋太鳳や秋山顔とは?
・ 生徒会長とは?
・ メイクが可愛い?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 土屋太鳳や秋山顔とは?


最近は、バラエティー番組(お笑い番組やモノマネ番組)などの、たくさんのメディア出演をされたり【さらに!】ご自身の公式SNS(インスタグラム)では!テレビで見ることが少ない”芸能人のモノマネ写真”を公開している丸山礼さんです。

また、公式SNS(インスタグラム)に限っては!他では決して見せない”スッピン”や”メイク”の写真も投稿されており!意外に大好評を得て「個人の人気も上昇中」とのことで、今!一番「ノリに乗っている女性お笑いタレント」と言っても過言ではないでしょう。

その中でも、ご自身が”最も得意”とされてるモノマネとは!お笑いトリオ”ロバート”の”秋山竜次”氏であり、顔の輪郭や鼻の大きさ【さらに!】「唇・歯・話し方…など」どれを取っても”一級品”な完成度を誇っています。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

その”証拠”と呼べる写真は↑丸山礼さんのインスタグラムの中に投稿されており、ご覧の通り!ご自身が「モノマネを行わなくても既にモノマネしているように見える…」つまり!元からお顔のベースが”そっくり”であることを物語っているのです。

そもそも「お笑いタレント」になる”きっかけ”となったのは、高校時代に友達から「ロバートの秋山に似ているんでね~ェの」との”一言”から始まり!普段から行っていた自身のモノマネに「自信が付いた」ことから、”芸能界入り”を希望するようになったそうです。

もちろん、新人が”顔マネ”!特に「女性が男性芸人をマネする」ことや「超人気女優のモノマネをする」ことには”リスクを伴う”ので!避けるのが一般なのですが、丸山礼さんの場合!親友からの「折り紙付き」であったことから、”勇気”を持って!芸能界へと進まれた模様です。

そのお陰もあって!徐々に”モノマネ番組”からのオファーも増え始めて【さらに!】他のバラエティー番組からも引っ張りだこの、人気ぶりを見せるほどに有名と成りつつあるのです。

【しかも!】出演されたテレビ番組では「ご本人との共演」を果たされたり!【さらに!】ご本人の承諾者と!ご自身の公式SNS(インスタグラム)では、二人揃って撮影された「ツーショット」を投稿するなど!ご本人からも「支持されている様子」が窺えます。

先日は女優の「土屋太鳳」さんとの”ツーショット”に成功された模様です。↓↓↓


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

もちろん、このショットを見た”フォロワー”たちや”太鳳ちゃんファン”たちからは「サイズ感が違う!顔の大きさ違う!似てない…など」の”苦評”はあるモノの、一方の”モノマネファン”からは「おもしろ!似ている!並ぶと全然違う(笑)!メッチャ似てる!太鳳ちゃん顔ちっさ!本当に似ている…など」の、一般の世論からは「絶賛の声」が数多く寄せられていたのです。

【しかも!】丸山礼ファンたちからは「夢の共演!礼ちゃんおめでとう!ついに夢のコラボ!見ているこっちまで感動でした…など」の、ご本人よりも「予想もしていなかった出来事」に”驚き”や”感動”を覚えたファンが多数居り!自ら写真撮影に応じてくれた”土屋太鳳”さんのお人柄に「感謝するファンが続出した」のです。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


丸山礼丸山礼さんは1997年4月1日生まれの22歳(2020年)で、ご出身は「北海道」です。

ご出身の”北海道”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、丸山礼さんも(北海道)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”五歳年上の兄”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子!

幼い頃から、”モノマネ”や”歌”が大好きな少女で!周りを楽しませる子供さんであり、小学時代に上がると”競技水泳”が得意だったらしく、泳力検定が”一級”の腕前であったようです。

また、学業では「中・高校時代」に”生徒会長”に選任されていたそうで、人気や学力は「申し分のない」ほどの!生徒・クラスメート・先生達から「信頼されていた優勝な学生」とのことです。

2010年に、地元の中学校をご卒業されると!こちらも地元の高等学校ですが”北見藤高等学校(旧:北見藤女子高校⇒女子高)”にご入学されました。

高校時代も、自慢の”モノマネ”や”底抜けの明るさ”で!”新入生”にも関わらず、校内で人気を集めていたそうです。

その後、高校二学年の時に”短期語学研修”のためフィリピンに出向き!自身初の「海外」を体験したようです。

また、同年(2011年)に発生した!未曾有の災害「東北大震災」の時には、ボランティアとして復興活動に参加されて、地元(被災地)から離れ!寂しい思いで生活をされている方々の”仮設住宅”を周りながら、得意の”モノマネ”を披露されて「笑顔の復活と勇気」を与えたそうです。

この経験が生かされて!後に「自身のモノマネ人生の道筋」になったことは、言うまでもありません。

また、学校内では”チアダンス部”に入部されており!なぜ「チアダンスを始めたのか」は、定かでありませんが、約一年間練習に励んでいたそうです。

そんな頃、何気ない学生生活の中で!クラスメートから「お笑いトリオ”ロバート”の”秋山竜次”に似てる…など」と、連日のように言われ!自身も”その気”に成り始めたことから、モノマネのレパートリーに加えたそうです。

【さらに!】学園祭では、当時!自身のネタで一番”自信”を持っていたタレントの「渡辺直美」さんのモノマネをステージで披露されて、集まっていた学生たちから「爆笑を買っていた」ことから、学校中の人気者になっていたそうです。

そして、高校三年生になると「進路を決める時期」となり!将来の方向性に悩んでいたところ、ちょうど!その時に行われていた芸能事務所大手「ワタナベエンターテインメント」が主催する「オモ女グランプリ」のオーディションがあったことを知り、元から自身の”芸(モノマネ)”を試したい!と思っていたこともあり、参加されたところ【なんと!】素人にも関わらず「最優秀賞を受賞」されたのです。

【実は!】丸山礼さんは、同学年内の成績が「優秀であったことから特進クラスに入っていた」ことで、進路は”大学受験”を望む気持ちが強かったのです。

【ところが!】思わぬ”朗報(結果)”に心が揺らぎ!最終的には「若いうちに出来ることをやろう」との思いから、”進学”を止めて”芸能界”へと進まれました。

“進路”が決まると、心に余裕ができたのか!卒業までの在学中に、動画サイトの”Youtube”を利用されて、”ローカル番組”として配信されていた「オホバン」への出演が決まり、お笑い芸人志望の”女子高生パーソナリティー”との肩書で、レギュラー出演を果たしていたそうです。

そして、ご卒業を向かえた2015年に!高校卒業と同時に、すぐ”上京”を果たして!以前オーディションで”最優秀賞”を受賞した大手芸能事務所「ワタナベエンターテインメント」への所属を臨むため、同年4月からお笑いタレントの”養成所”である「ワタナベコメディスクール」に、第22期生の「特待生扱い」として、入学をされました。

もちろん、たとえ”特待生扱い”で入学しても!新人なので仕事はなく、しばらくの間は”貧乏生活”を送ることになったので、”寿司屋”でお馴染み「はま寿司」や「無印良品」などで、”アルバイト”をしながら生活をつないでいたそうです。

その後、2016年2月に!事務所主催のイベント「ワタナベお笑いNo.1決定戦」に参加されて「ジャイアントキリング枠を賭けた戦い」に臨みました。

当時は、お笑い”絶頂期”でもあり!その中でも人気を集めていた「我が家・ロッチ・クマムシ・あばれる君・厚切りジェイソン…など」の”豪華面々”とのバトルを繰り広げておりましたが、唯一!女性タレント決勝戦進出を応援する、同スクールのメンバー・コースのタレントたち・先輩芸人…など」の”激励”を受けながら、戦いに臨んでいたようです。

その後、無事に養成所(ワタナベスクール)をご卒業されて!2016年4月から正式に「ワタナベエンターテインメント」に所属となりました。

養成所時代から「次世代の期待の星」として育って行ったことから、すぐに仕事に恵まれて!同年同月から日本テレビ系列で放送されていた情報番組「PON!」に出演されて、月曜日の”突撃芸人”の
レギュラーに起用されて、自身初となる”本格的”な「メディアデビュー」を飾りました。

【すると!】マスコミからは「芸歴0か月で”PON!”の突撃芸人に起用など」と伝えられ!密かにテレビ関係者から大きな注目を集めていたのです。


引用元【ツイッター(丸山礼)】

それ以降は、ご承知の通り!”お笑いタレント”としてご活躍をされて、現在は”モノマネネタ”に磨きを掛けながら、新ネタ発掘に慢心しているようです。


スポンサードリンク


◇ 生徒会長とは?


女性モノマネタレントとの中でも今!一番注目を集めている”丸山礼”さんですが【実は!】学生時代は「成績が優秀」であり、高校ご卒業後は「教育大学に進み養護教諭(保健室の先生等)」を目指していたそうです。

高校時代は、校内の学生たちから”モノマネ”が好評で【しかも!】”生徒会長”までも務めていたことから「学校中の人気者を集めていた」ことは、今では”有名な話”となりましたが!意外にも「成績が優秀であった」ことを、校内の学生を含めて知らない方が結構!多いのです。

なので、クラスメイトや周りの学生たちは!”進学”では無く”芸能界(タレント)”に進むものだと思っていた模様ですが、ご本人は「保健室の先生になることが夢であった」らしく!いずれは”養護教諭”を学びたいと考えていたそうです。

なぜ「保健室の先生になりたい」と思った理由として、後に語られておりますが「学生時代に自分が辛かった時!一番身近で元気づけてくれたから。私もそういう存在(先生)になりたい」と思ったことが、大きな”理由”のようです。

【ところが!】「母親からの一言」で、考えが変わったそうです↓↓↓

保健室の先生になるって夢に注力しようと切り替えた高3の夏に、養成所から電話がきたんだよね。「当時は年齢的にNGだったんだけど、よかったら改めて受けに来ない?」って。でも私、特進クラスだし、進学しなくちゃいけないからってすごく悩んで。だけど母に「いろいろ我慢させてきたから、好きなことやりなさい」って背中を押してもらえて、ワタナベエンターテインメントの養成所に入ったんです


母親からの”強い後押し”があったからこそ!迷いを捨て、芸能界の道(ワタナベコメディスクール)へ進まれた模様です。

なので、ある意味!一歩違っていたら(進路が違っていた)完成度の高い!「ロバート秋山竜次」氏「土屋太鳳」さん「河北麻友子」さんの”モノマネ”は、世に出ていなかった可能性が否めないのです。

何故なら!今までに、この芸人・タレントたちの「リアルなモノマネで完成度の高い作品」を提供された”モノマネタレント”や”芸人”が居なかったからです。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


スポンサードリンク


◇ メイクが可愛い?


丸山礼さんは、自身の「渾身のモノマネ顔」を自身の公式SNS(インスタグラム)に投稿されておりますが、モノマネ好きの間では”スッピン”や”メイク”に注目する方も多くいるらしく、その模様もインスタで見ることができるそうでう。

但し、その甲斐あって!現在(2019年)までのインスタグラム登録者数は”20万人”を超えており、【さらに!】学生時代から続けているご本人の「Youtubeチャンネル」も、”35万人以上”の登録者を抱える人気ぶりを見せて居るようです。

もちろん、メディアを通して!持ち前の”ネタ”を披露することで人気を集めているそうで、今だに登録者数が”増加傾向”にあるそうです。

そんな、人気を牽引しているインスタグラムでですが!最近では丸山礼さんが「本気の美女メイク」を披露していると話題になり、意外にも!「化粧業界」からも注目を集めて居るそうです。

なので、近い将来!化粧品会社の”企業CM”で見かけることもあり得るはなしでしょう。

インスタを閲覧された皆様のご意見としては、まずは”メイク”よりも「減量にチャレンジする」ことを、望まれているようです(笑;)。


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】


引用元【インスタグラム(rei_maruyama)】

スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビ番組

・ 2015年に、スカパー系列で放送された番組”ALLザップ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(丸山礼 )】

◇ ラジオ

・ 2018年に、”Radio NEO”局が放送した番組”はなまるDAYS”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(丸山礼 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
丸山礼
読み
まるやま れい
生年月日
1997年4月1日
仕事
お笑いモノマネタレント
出身地
北海道北見市
所属事務所
ワタナベエンターテインメント
血液型
AB型