吉本興業所属の”芸人”で、お笑いコンビ”相席スタート”でボケ担当している「山﨑ケイ」さんは
ご存じでしょうか?

 

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

 

自称”丁度いいブス”として同世代の同じような”ルックス女子”達から支持されているようですが、
最近、お笑いコンビを抜け出して「ピン」での活動を活発化させているようで、”ちょくちょく”
メディアで見かけることが増えております。

先日は、とあるトークバラエティー番組に出演し”キス”の話題(朝キス・夜キス)で盛り上がって
おりましたが、その流れで山﨑ケイは”キス魔”では?等と言う「謎の疑惑」がネット界で浮上し
話題を呼んでいましたが・・・?

何故なら以前に女性芸能人では珍しくご自身の口から”ファーストキス”に触れたことが合って、
高校時代に付き合っていた一歳年上の先輩と自宅付近でしたのが”初キス”だと告げています。

山﨑ケイちゃんの”キス”ネタと言えば、超大物歌手「松崎しげる」氏との”ビジネス・キス”が
有名ですよね!

バレンタイン時期に起こった事故?「頬キス」と思いきや”不意”の「唇キス」・・・。笑;


引用元【サイト(YouTube)】

 

“丁度いいブス”には珍しく”照れ隠しのトーク”を繰り広げイベント会場は盛り上がったそうで、
ハプニングを起こした張本人”松崎しげる”氏も”為て遣ったり”の表情を見せておりました。

そんな、お笑いコンビ”相席スタート”の「山﨑ケイ」ちゃんにスポットを当てて見ました。

 

スポンサードリンク

 

◇ 山﨑 ケイさんの昔(中学・高校・大学)とは?

 

山﨑ケイさんは1982年6月13日生まれの37歳(2019年)で、ご出身は「千葉県柏市」です。

ご出身の”千葉県柏市”にあるご自宅で、ご両親との三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に

有る学校に通うのが一般なので山﨑ケイさんも(千葉県柏市)内の小学校・中学校に通っていたと

推測できます。

ご両親、特に母親は非常に厳しい”人格者”だったそうで日頃から”マナー”や”礼儀”にうるさく、
厳しい”しつけ”で育ったそうです。

一方で、山﨑ケイさんの性格は非常に”人見知り”が激しい子供さんだったらしく相当”大人しい”
クラスでは目立たない静かな学生であったことから”友達”が少なかったそうです。

小学校をご卒業されると地元(千葉県)から離れ、お隣”茨城県取手市”にある「江戸川学園取手
中学校・高等学校」にご入卒されました。

この学校は”中高一貫校”で、中学校に入学し”問題”がなければエスカレーター式で高校まで
進むことができます。

但し中学校の偏差値が”70″近いと言われており「難関校」として有名らしく普通に入学するのは
相当難しい”進学校”のようです。

なので小学時代の山﨑ケイさんは相当優秀な”勉学生”だったことが分かります。

中学生時代は「読書」にハマっていたらしく特に”太宰治”の作品を好んで読んでいた様です。

中学になっても母親の厳しい”しつけ”は変わらなかったらしく、ある日”自分の価値観を他人に
押し付けるな”と言われた一言で「人はみんな一緒じゃない!」と反発心が湧いたそうで、
それから”自分にされて嬉しい事はやっていこう!”と強く思い出したそうです。

そんな”思春期”を向かえた頃の山﨑ケイさんは、中学校三年生の時に一度”眼鏡”からコンタクト
レンズに変えていたそうです。

ちなみにこの頃憧れていた芸能人に「天海祐希」さんを挙げておりますが、女性でありながら
「男勝り」の性格や行動、「歯に衣着せぬ発言」などに強く刺激され、”ナイーブ”で”物静かな”山﨑ケイさんが”目標”とする「女性像」を描いていたのでしょう。

その後”中学”の卒業時期を向かえ、特に問題がなかったらしくエスカレーター式で一貫校の
“江戸川学園取手高校”に「内部進学」されています。

この高校は一貫校では珍しく”入学試験”も行っているそうで、外部から”入試合格”した生徒と
内部進学した生徒とが”混合したクラス”を一学年としているそうです。

とは言っても中学入試と同様、入学試験の偏差値は”70″近くと高くこちらも”難関校”として
有名のようで”容易く”一般学生が入学できる高校ではなさそうです。

山﨑ケイさんはそんな”難関校”に内部進学ですが”ご入学”されたので、やはり学習能力が相当
高いことを物語っていますね!

しかし以前ネットニュースでお馴染みの”exciteニュース”で取上げられた”デジタルメディア”で
お馴染みの「日刊サイゾー」のインタビューに対して↓↓↓

実はあんまり頭良くなくて、受験勉強がよくできるだけだったので……。クイズ番組に出させてもらったときも、全然答えられなくて。だから、インテリを売りにせずに、早稲田卒という知的なイメージだけをそっと出しておきたいです(笑)。バカで下ネタやってると下品になるけど、早稲田が乗っかると、知的なエロスになるというか……。

※ 引用元【サイト(exciteニュース)】

 

つまり”頭は良くない”が「受験」で実力を発揮するタイプ!的なことを話しておりました。

とはいえ”偏差値70”の進学校に入学できているだけでも凄いですよね!

高校時代も”内気なタイプ”は変わることなくクラスでは”暗い生徒”のキャラで居たそうですが
一方で、たまに放課後になると地元”我孫子市(あびこし)”にあるカラオケボックスに行って
“熱唱”し「ストレスを発散」していたそうです。

また高校が”男女共学”であり、そんな”暗いキャラ”の学生にも”春があった”らしく男子生徒から
電話で”告白”された経験があり、一つ上の”先輩”と「交際」していた時期があるらしいです。

そんな?高校時代も終わりを向かえ”進学か?就職か?”を選択する時期になると山﨑ケイさんは
“進学”を選んで、名門「早稲田大学」へと進みました。

高校三年生の時に”早稲田大学模試”を受けたそうですが、判定は”最低の評価”であったらしく
担任からは進学は厳しいと言われていたそうですが、持ち前の”受験に実力を発揮するタイプ”を
信じて”猛勉強”をしたら、見事”合格”を果たしたと語っておりました。

大学に進学してからは自分を”一新”しようと「普通の可愛い女性」を目指すため、まずは”暗い
性格”を改める事と中学から興味があった”演劇”を行いたいと、大学の「演劇サークル」に
入部したそうです。

入った”演劇サークル”が行っていた内容が”お笑い寄り”だったことから「お笑い」に興味を
持ち出したのが「この頃」のようです。

しかし”舞台”に立つ機会もあったそうですが、中々性格が変わることもなく前と同様”独り”で
居る時間が多かったことから”友達が一人がいない”学生生活を送っていたようです。

それでも「彼氏」は居たようで、彼が好きだったシンガーソングライター「aiko」さんの
“ファッション風スタイル”をマネして興味を引いていたそうです。

その彼氏?かどうか?は定かではありませんが”20歳”の時に「初体験」をしたことを
後に語っております。

パッ!としない大学生活を無事に終え、ご卒業は東京千代田区の”丸の内”にある会社に就職先が
決まっていたそうで、そちら約一年間OLの仕事に携わっていたようです。

就職先の会社について詳しく分かっておりませんが、”丸の内のOL”と言えば昔から女子の
“勝ち組”として有名で、ブランド志向が高く”その名”の響きだけで価値があるように捉えられて
おりますので、山﨑ケイさんも”立派な会社”に就職されたのでしょう。

ただご本人は2018年5月頃にファッションブランド”FABIA”の新商品発表記念イベントが
開催された時にコンビ”相席スタート”で参加し、以下のコメントを残しました↓↓↓

あまり仕事ができなくて、失敗して泣いたこともあった。給料日後に奮発する1500円のランチを楽しみに、日々をやり過ごしていた

 

現在の”キャラ”からは想像がつかない意外な過去の告白に、参加した取材班や周りの関係者は
驚きの顔を見せておりましたがOL時代は相当”ご苦労”されていたことを明らかにしたのです。

その仕事は約一年くらいで辞めたそうですが、その後”自身24歳”の時に学生時代から興味が
あった”お笑い芸人”を目指すべく、吉本興業が運営している若手芸人養成所の吉本総合芸能
学院(NSC)東京校の門を叩きました。

養成所(NSC)に通いだすと同期生であった奈良県出身のBB「馬場千晶」さんとコンビを組み
お笑いコンビ”KBBY”で活動をスタートさせます。

 

 

その翌年には”後に”相方となる「山添寛」氏がNSCに入学し、沖縄出身の「新崎 喜朗」氏と
コンビを組み、お笑いコンビ”ヒダリウマ”で活動しておりました。

 

 

その後、”同時期”に両コンビともに”解散”しピン芸人となっていたところに山﨑ケイさんが
お世話になっていた”作家”さんから声がかかり、「山添 寛」氏とコンビを組むことを強く
勧められたそうです。

初め山﨑ケイさんは”乗る気が”無かったらしく、コンビ結成を”ためらって”いたそうですが、
様々な”紆余曲折”はあったものの最終的にコンビ結成を承諾し、2013年度よりお笑いコンビ
「相席スタート」が本当に”スタート”しました。笑;

 

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

 

その後はご存じの通りのご活躍で人気を集めておりますが、山﨑ケイさんの方が積極的に
テレビ番組に出演し知名度を広げ人気も上昇中のため、テレビドラマに出演し”女優”の一面を
見せたり、CMや著書(エッセイ集)などを発刊して”活動の幅”を広めているようです。

 


引用元【サイト(YouTube)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 山﨑 ケイさんの結婚願望は?

 

意外にも山﨑ケイさんは”恋愛”については”貪欲”な部分があり、結婚する相手に”欲張り”が
あるらしく、以前このように話しておられました↓↓↓

本当に好きな人とは結婚したくないです。好きよりも一生一緒に居れそうだなと思う方が重要だと思うんです。

 

意外にも現実的な”結婚願望”をお持ちの様で”ちょうどいいブス”にも、それなりの”拘り”が
あるみたいですね。

この”ご発言”は、結婚情報誌でお馴染みの”ゼクシィ”の「マナー企画」に登場し語ったもので、
自他共に認める恋愛マスターの山崎ケイさんからの”アドバイス”として取上げられました。

なので、山﨑ケイさんの結婚願望は「好きよりも一生一緒に居れそうな人物と結ばれたい!」の
ようですね。

今はお笑いコンビでも”ピン(個人)”でも人気が上昇中で、忙しい毎日を送っているでしょうから
“結婚願望”があっても実現するのは非常に難しいでしょうね!

諦めて、いつも誰よりも一番近くにいて一緒の生活が多い相方(山添 寛)氏と結ばれるのも
一つの”手”かもですね?

でも以前から「相方は無い!」とハッキリ仰っているのでそれはないか・・・!笑;

 

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 山﨑 ケイさんの相席スタートが解散?

 

実は!相席スタート!!近日中に”解散”を・・・ないですね!ご安心を・・・!

お互い”性の対象(男女間)”にならないお笑いコンビとして有名な”相席スタート”!それが故に
長く続いているお笑いコンビだと思いますが、何故かネット住民の間では”相席スタート”が
解散するのでは!と”噂”になったことがあります。

その「ネタ元」がこちら↓↓↓

引用元【インスタグラム(kei_yamazaki_aisekistart)】

 

これは2017年4月に山﨑ケイさんがご自身の”相席スタートインスタグラム”に掲載した
“一枚”の写真でしてコメントに「そっちの女が良いならどうぞ」と書き記しアップしたものです。

“諸事情”は分かりませんが、”バブルネタ”で一世風靡したお笑いタレントの「ノラ」さんが
登場し、中央部に座っているツッコミ担当の「山添 寛」氏を”奪おうと”している”様”な?姿が
映し出されております。

現相方の”山﨑ケイ”さん”頭を抱えて”いるご様子!!

それを見たファン?ヲタク?達がネット界で一斉に「心変わり?解散の危機!」等と大きく
話題に挙げたのです。

この珍問題?を見たネット界のファン?ヲタク?達からは「このけいちゃんめっちゃかわいい
です!・僕はケイさん派です・ケイちゃんに一票・寛くん両手に華・絶対にケイさんです・
ノラサン見すぎたろ」等と、多数のコメントが寄せられておりました。

山添 寛氏は”バブリーな女を選ぶのか?”、あるいは”ちょうどいいブス女”を選ぶのか?

・・・乞うご期待♪

 

スポンサードリンク

 

◇ 山﨑 ケイさんの原作ドラマとは?

 

山﨑ケイさんは、お笑い芸人(コンビ)として活動しながら2018年4月に出版社”主婦の友社”
よりエッセイ集「ちょうどいいブスのススメ」を発刊しております。

 

 

これは”ちょうどいいブス”=山﨑ケイさんがご自身の”恋愛感”を「哲学的」に分析したもので、
恋愛を導くための”メゾット”を紹介しております。

そして、このエッセイ集(ちょうどいいブスのススメ)を元に”読売テレビ”と”日本テレビ”で
「ドラマ化」され、2019年1月から約二か月間に渡ってテレビドラマ「人生が楽しくなる
幸せの法則」として放送されました。

 

引用元【ツイッター(ytvドラマ【公式】)】

 

放送前は”山﨑ケイの原作本ドラマですか・・?”等と期待しない”ドラマファン”が非常に多く
居たのですが、放送前の告知で出演キャストが女優の「夏菜」さん、モデルの「高橋メアリー
ジュン」さん、女優の「小林きな子」さんなどであることが分かると、一挙に期待が上昇し
注目されるようになりました。

また、このドラマに採用された”主題歌”は女性歌手の「TANAKA ALICE」さんの楽曲”Waiting
For U”で、”キュート”で”ポップ”な「ノリノリの楽曲」でドラマを盛り上げております。

 

 

■ 山﨑 ケイさんのプロフィール

本名
山崎 恵
読み
やまざき けい
生年月日
1982年6月13日
仕事
お笑い芸人
出身地
千葉県柏市
所属事務所
吉本興業
血液型
B型

 

 

スポンサードリンク