日本のモデル界では”えみちぃ”の愛称で親しまれ、日本人離れした”ルックス”と!抜群の”プロポーション”でご活躍中のファッションモデル「鈴木えみ」さん。

何やら?ご自身の公式SNS(インスタグラム)で、2013年度にご結婚された年上”旦那”との”ツーショット写真”を公開され「ご結婚八周年のご報告」をされたとして話題を呼んでいる模様です。

鈴木えみさんと言えば、2013年度にご結婚をされたと同時に!”妊娠”されていたことも発表され(妊娠四ヶ月で発表)、その年の10月に「女児」をご出産されました。

そのため、ファッションモデルでありながら”一児”の母!【しかも!】”アラサー”でもあることから、同年代のモデルたちからは「美意識の高い尊敬するママモデル」として一目置かれている存在へと成長されたご様子です。

ご結婚後も人気が絶えない!その気になる「鈴木えみ」さんについて、紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校
・ 結婚記念に花束
・ 旦那とは?
・ 中国のハーフ?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 結婚記念に花束


今回、ご自身の公式SNS(インスタグラム)を”更新”された日は、ちょうど”バレンタインデー”の「2月14日」でした。

国民的”イベント日”に、ご結婚されたことで!その”記念日”を忘れることなく、旦那と一緒に”記念日”を祝ったのです。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】

昨今の”芸能界”では「離婚だの!不倫だの!」が多く伝えられる中、”六年”という歳月が経っても!今だに「夫婦仲良くラブラブな姿」を、今回更新された公式SNS(インスタグラム)で公開されたのです。

今回更新されたインスタでは、お題を「Happy Valentine’s Day」と切り出し「我が家は結婚記念日。8年目に突入です!」とコメントをされた上で「国民的恋人たちのイベントの日」に、二人の記念すべき「ご結婚八周年」を祝った模様です。

また、続けて「まだまだまだ、これからもよろしくね。いつもそばに居てくれてありがとう」と、旦那に対しての”感謝の気持ち”も、合わせて伝えたのです。

たぶん”旦那”が用意したであろう、紫色をあしらった”花束”を受け取り、嬉しさのあまり旦那に”キス”する寸前のツーショット写真までも!公開されました。

この旦那は”一般人”とのことなので、詳しことは明らかにされておりませんが、”髭面”で相当!”体格”も良さそう【しかも!】風貌はインナーを剥き出しにして黒のニット風セーターを着こなしている所をみると、”ミュージシャン系”の仕事をしているようにも思えます。

また、記念日を祝った”お店”は!どこかの洒落た”ダイニングバー”と思わる店舗らしく、食事をしながら”結婚八周年”を祝ったご様子で、旦那の写真には”ボカシ”が入っているので表情を伺うことができませんが、全体的に「満足オーラ」が放たれている様子が窺えます。

きっと素敵なご結婚記念日となったことでしょう。

仲の良い二人のツーショット写真を目にしたフォロワーからは↓↓↓

かわかわかわかわいすぎます

もードキドキして眠れへんやん

あらますてき

ねぇ~いい写真!おめでとう

えー写真や~ラブだぜラブ

ファンたちからも、多数の”祝福”の声が伝えられているご様子です。

一方、鈴木えみさんに対しては「可愛い!綺麗!素敵!大好き」等と、今でも”根強い”ファンたちが存在していることを示す”コメント”が、多数!寄せられている模様です。

ちなみに、あまりの反響で「いいね!」が10万件を超えたようです。

ご結婚後の今でも、フォロワーが留まること無く増えているらしく!今後も【さらに!】”件数”が増えること間違いないでしょう。

また、最近では”娘さん”も大きくなったようで、たまに鈴木えみさんのインスタに登場することが増え始めて、ファンたちの間で話題を呼んでいるそうです。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】

娘さんも母親の”DNA”を譲り受けたようで、写真を見る限り”スタイル”が良くお肌も色白で、”将来”に期待する「ママの顔」が伺えます。


スポンサードリンク


◇ 小中高校


鈴木えみさんは1985年9月13日生まれの34歳(2020年)で、ご出身は「京都府」です。

ご出身の”京都府”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、鈴木えみさんも(京都府)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので、詳しい事が分かっておりません。

また、ご出身は”京都府”ですが、生まれは”中国”の「上海」らしく!幼少期~中学校までは、そちらで暮らしていた模様です。

ご家族は”ご両親”と”ご本人(未定)”のみで、もし独りなら”長女”として生まれ育ったはずです。

また、”ご両親”が両方ともに「日本人」であるのか?定かではありませんが、日本の京都府で生活できた所を見ると、どちらか?が日本人で、ご自身は「ハーフ」の可能性が否めません。

幼い頃は、ご両親は既に日本へ入国して”仕事”も行っていたそうです。

なので、子供の鈴木えみさんの面倒は「祖母」が見ていたようで、ご両親と生活を送っていなかったことが影響してか?”性格”は非常に気が強く、何があっても「泣かない子供」に育ったそうです。

少女は地元の”上海”にある小学校に通われていたと思われますが、中学校進学に合わせるように日本へ入り、ようやくご両親との生活をスタートさせます。

日本へ入国すると、ご両親が居る”京都府”に住み着き、京都市にある”京都市立藤森中学校”にご入学されたようです。

この中学校は京都市の学校の中でも”ポピュラー”な中学校らしく、主に近所の学生が通っているそうです。

ただ、”部活動”が非常に盛んらしく、卒業した生徒の中には多くの”著名人(スポーツ選手)”が居り、プロ野球選手やプロサッカー選手、あるいはラグビー選手やフィギアスケート選手など、錚々たる”プロ・スポーツ選手”を輩出している学校のようです。

ちなみに、歌手の”倖田”姉妹(來未・misono)も、この中学校を育ったご様子!

中学生時代に入ると、中学生とは思えぬ”卓越”した「スタイル」が完成されていたらしく、それを見抜いていた女性友達からファッション誌の”オーディション”への参加をススメられ、女性向けファッション誌でお馴染み”Seventeen”のオーディションに参加します。

すると、そのオーディションで見事!グランプリに輝き「専属モデルの座」を手にれます。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

“Seventeen”で自身初の「モデルデビュー」を飾ると、その後も積極的にモデル業を熟し!徐々に読者の中から”ファン”も、増えて行きます。

なので、中学時代は「モデル業」に励んでいたことで、学校の”部活動”などには入部していなかったと思われます。

”モデルデビュー”を飾った中学時代を終えると、高校も地元の京都府京都市にある”京都両洋高等学校 “にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し普通科は”コース別”となっていて、特進文系のK特進コース、進学系のJ進学コース、その他にJSコース、S進学コースの「四コースが設けられている」のです。

また、通学期は一般的な”三学期制”ではなく「二学期制」を導入されているご様子です。

高校時代に入っても”モデル業”は継続しており、むしろ高校時代になり”大人”の雰囲気が醸し出すようになると一挙にファンが増え始め、”Seventeen”を代表するモデルとして注目を集めるようになります。

また、高校一年生の時にテレビ朝日系列で放送されたテレビドラマ”反乱のボヤージュ”に出演して、自身初の「女優デビュー&デレビドラマ・デビュー」を飾ります。

なので、仕事がある度に地元の京都府から通っていたので、学業と仕事が両立できなくなり、高校一年生の時に地元の京都府を離れ一路「上京」をされます。

そのため、東京都の学校に”転校”されたのか?あるいは通信制の高校に通ったのか?【さらに!】高校は諦めたのか?詳しことは分かっておりませんが、モデル業だけは辞めずに続けていた模様です。

その後、高校三年生の”年代”の2003年に、同じ人気女性向けファッション誌”PINKY”の前進であるファッション誌「esty+(エスティプラス)」に起用されます。


引用元【ツイッター(ななしっこ )】

すると「知名度&人気」は一挙に”絶好期”に入り、ファッションモデルとして絶大な人気を博すようになります。

その後、もし高校へ進んでいれば、ちょうど”ご卒業”を向かえる2004年に、長らく務めていた「Seventeen」の専属モデルをご卒業され、今度は”ハイティーン”向けの女性ファッション誌”PINKY”の専属モデルに抜擢されます。

“PINKY”へは、このファッション誌の前進である「esty+」で、既にご活躍されていたので、問題なくスンなりと、”専属モデル”に起用されたことでしょう。


引用元【ツイッター(マキア編集部 )】

なので、もし高校をご卒業されていれば大学には進学せずに、芸能活動に専念するようになり!モデルの活動を慢心する事となります。

その後はモデルの活動以外にも、”女優業”や企業CMからのオファー【さらに!】映画への出演などを熟し、順調に”芸歴”を積み重ねて行きます。


スポンサードリンク


◇ 旦那とは?


鈴木えみさんは2013年2月14日に、”一歳”年上の「一般男性」とご結婚をされました。

なので”バレンタインデー婚”であり【さらに!】「出来ちゃた婚!」であることも明らかとし、たくさんのファンから祝福を受けました。

その同年の10月には、おめでたく”児女”が誕生して、その年には「二度の喜び!」を得る結果となったのです。

一方のご入籍をされた”旦那”とは、後に”披露宴”を行いその模様が大きく”メディア”で報道されておりましたね!

特に、”特性”のウエディングケーキに入刀する姿は、私は今でも鮮明に記憶されおります。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

当時の模様(結婚式)は、今は”移転”されて無くなりましたがご自身の公式SNS(ブログ)で、詳しくご紹介しながら、賛同されたゲストの皆様に”感謝”の気持ちも、伝えておりました。

では、この気になる”旦那”とは、今だに正体は明らかにされておりませんが、ご結婚当初から”噂”されていたのが、メンズ服を手がける大手メーカーの”JOHN LAWRENCE SULLIVAN”で、デザイナーを行っている人物!と伝えられておりましたね?

鈴木えみさんは”ファッションモデル”のご出身なので、確かに”業界”つながりでの”交際”!と考えられなくはありません。

しかしその”ネタ”の出処は、以前に鈴木えみさんが参加した”SULLIVAN”の食事会で、隣に座っていたデザイナーの男性と”記念撮影”をされたようで、それがネタ元となってネット界で「SULLIVANのデザイナーが旦那だ!」と広く伝えられたのです。

しかし実際のところは、今だに分かっておりません。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】


スポンサードリンク


◇ 中国のハーフ?


中学校時代から、日本を代表する超有名女性向けファッショ誌でご活躍された鈴木えみさん!

大人になってからも第一線で活躍し、その衰えない”スタイル”や”ファッションセンス”には、今でも憧れを持つ女性達が多くいるそうです。

その点から見ても、いかに1999年頃~2010年頃にかけて業界の”トップモデル”として君臨していたのか!を、物語っておりますね。

しかし、そんな鈴木えみさんは【実は!】日本の生産?ではなく中国生産(笑;)の「女性」なのです。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】

↑確かに中国でお馴染みの「死体妖怪(キョンシー)」に似ていますけど・・・(笑;)

では、何故?鈴木えみさんが”中国人”であることが判明したのでしょうか?

【実は!】ご自身が専属モデルを努めていた”Seventeen”の時代に、ある”インタビュー”を受けた際に、自ら「暴露」してしまったのです。

その時の話によれば、両親が”中国人”でご自身の本名は「呉子良(ウー・ツーリャン)」と呼ぶらしく、日本で暮らすようになったのは、ちょうど中学校ご入学されるタイミングでご両親の居る京都府に移り住み、そちらの学校に通っていたそうです。

なので、その時に日本人”国籍”を取得して、日本の教育を受けることができたそうです。

そのため、見た目は”厚唇”でエスニック系のヨーロッパ系日本人に見えなくありませんが、正確には「生粋な中国人!」なのです。

なので、残念ながら「ハーフ」と言うよりか「バリバリの中国人」と言えそうです。


引用元【インスタグラム(emisuzuki_official)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ テレビドラマ

・ 2001年に、テレビ朝日系列で放送された番組”反乱のボヤージュ”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2002年に、”SEVENTEEN”が手がけた作品”LOVE! 鈴木えみ”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(ヤフオク写真集 )】

◇ ファッション雑誌

・ 2004年に、ファッション誌でお馴染み”集英社”が手がけた雑誌がリリースされて「ファッション雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

◇ PV

・ 2005年に、”ケツメイシ”が手がけた作品”さくら”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(MIHO? )】

◇ 映画

・ 2006年に、”モブシネマ・パートナーズ”によって公開された映画”bird call”に出演され「映画デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(luna fairy )】

◇ CM

・ 2007年に、”明治製菓”が手がけた企業CM”メルティーキッス&ポルテ”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2011年に、”SDP”が手がけた作品”s’eee”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(マキア編集部 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
呉子良
読み
ウー・ツーリャン
生年月日
1985年9月13日
仕事
ファッションモデル
出身地
京都府
所属事務所
スターダストプロモーション
血液型
AB型