抜群のスタイルで”ファッションモデル”として、また実家が超”金持ち”であったことから”セレブタレント”として、さらに強気の性格を生かした”毒舌”として名を馳せていた、モデルでタレントの「マリエ」さんをご存じでしょうか?



引用元【インスタグラム(pascalmariedesmarais_pmd)】

そのマリエさんの”姉”で元モデルやタレントのご経験がある「玉木カリーヌ桂」被告が”麻薬取締法違反”で逮捕されたご様子なのです。

最近、芸能人による”覚せい剤所持&使用”での「逮捕」が続いていただけに否応なしに”注目”が集まるところですね!

情報の一方は”スポーツ新聞”でお馴染みの「東スポ」で【なんと!】今までに”逮捕歴”が七回もあった「常習犯」であったことが明らかとなりました。

“現行犯逮捕”されたのはご自宅の様で、2019年8月に警察による強制”家宅捜索”の際に覚せい剤(大麻)が押収されて逮捕に至ったそうです。

その後、警察署で行われた任意の”尿検査”でも「薬物反応(陽性)」が出たことで、覚せい剤”使用”での「御用!」となったとのこと。

その後”起訴”され裁判となると【なんと!】次から次へと詳細が明らかとなり、薬物中毒歴は”20年近く”と判明!

さらに”起訴”までに至らない警察による”逮捕歴”が七回もあったことも判明されました。

また、彼女(姉)が薬物中毒になったのは19歳の頃からで、一度”ハマって”しまってからは当時交際していた男性や出入りしていたクラブで好意を寄せていた男性などから覚せい剤を手に入れていたことも分かりました。

今回の事件は、すべてマリエさんの”姉”による不祥事ですが”間接的”にマリエさんにも”影響”が出始めているらしく、”悪名”高くして芸能界から姿を消していただけに”アンチ”からの「格好の標的」とされそうなご様子!

これを機会に「公の場」に”登場”するのか?注目されているマリエさんにスポットイン!



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 中高大学は?
・ 干した理由?
・ 現在は?
・ プロフィールのご紹介!



スポンサードリンク


◇ マリエさんの中高大学は?

マリエさんは1987年6月20日生まれの32歳(2019年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と姉二人の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、マリエさんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では中学校は地元の東京都にある”港区立六本木中学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と”姉二人”がいて、マリエさんは三番目の”末っ子”とのことです。

また父親は”フランス系カナダ人”で、母親が”日本人”であるため「クオーター 」です。

また姉の一人は幼少期から”モデル”としてご活躍されていた「玉木カリーヌ桂」さんで、当時は”ファッション誌”や”CM”などに出演し注目を浴びておりました。

父親はお存じの通り、日本では元”石油王”として注目された人物で、それに便乗する形で娘たち(マリエさん含め)が”セレブ”扱いされ、芸能界で活動をされておりました。
(但し”オイルの輸入業者”を行っていただけで石油会社の”役員”とかではありません。)

当時の父親は、東京都内の超”一等地”に二軒のご自宅を所有し、さらに海外(パリ・ロス・ニース)などに各一軒ずつ自宅を構えていたそうな・・・?

また”100乗車用”の「大型クルーザー」を所持していたり「マイ・ヘリコプター」も所有し全世界を飛び回っていた様です。

母親は元乗客乗務員(CAの可能性大)を行っていたらしく、国内では”サロン”を営んでいた「事業家」でもあったそうです。

マリエさんの幼少期~小学校までの情報がほとんど皆無の様なので詳しいことは分かっておりませんが当時は、かなり”裕福”な生活を送っていたことは間違いないでしょう!

小学校に入ると元から”モデル業”を行っていた姉(多分カリーヌ桂さん)の影響もあり、”五年生”の時から同じように”モデル”を行い始めました。

つまり小学生にして”モデル”の「子役デビュー」を飾っていたのです。

その後ある時”原宿”に遊びに行った際「芸能事務所」から声を掛けられ”スカウト”されたご様子。

芸能界への”足掛かり”を掴んだ小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”港区立六本木中学校”にご入学されました。

中学時代の”学力”や所属”部活”などは一切分かっておりませんが”モデル業”は続けていた様です。

中学一年生の時に、BS朝日で放送されていたテレビ番組”Harajukuロンチャーズ”に出演して自身初の「テレビデビュー」を飾りました。

その後、中学三年生(15歳)の時に、主に”モデル”のプロデュースをメインに行っている芸能事務所”レプロエンタテインメント”に移籍され、本格的に”モデル業”に専念し始めます。

中学時代を終えると高校も地元の東京都にある”東京都立千歳丘高等学校”にご入学されました。

この高校は偏差値が”40前後”とあまり”難関校”ではなく、課程は”全日制”の「男女共学」で”学科”は「普通科」のみです。

部活としては「運動部~文化部」に至るまで様々設置されており、毎年”推薦入試”の枠も準備されている様です。

また”都心”の高校であることから”著名人”を多く輩出されているらしく「俳優、作家、タレント声優、モデル、スポーツ選手」など、現在でもご活躍中の”OB”が多数いるそうな!

高校時代になるとご自身が”クォーター”であることも理由なのか?語学(英語)に興味を持ち始めたらしく、学年は分かっておりませんが”アメリカ”の「シカゴ」に”単身英語留学”を行っていたそうです。

しかし高校三年生頃に”留学先”から帰国したのか?ファッションモデル業やタレントなどの”芸能活動”を本格的させて行きます。

その頃に、TBS系列で放送されていたクイズ番組”世界バリバリ★バリュー”に出演し”ハーフモデル”として話題を呼び、意外に”トーク”も好評であったことから一挙に注目を集めます。

すると自慢の”セレブ”をアピールする様になり、自ら「セレブなアイドル」等と発する様になって一躍、”ブレーク”を果たしました。

また同年には女性向けファッション誌でお馴染み”ViVi”の「専属モデル」に抜擢され、”ファッション関係者”や”流行好き女性”、さらに「業界」から注目される存在となり、自身初の「専属モデルデビュー」を飾りました。



引用元【ブログ(Respect MODELES BLOG)】

また、自慢の”スタイル”や卓越した”ハーフモデル”を生かして多くの”ファッションショー”に参加して、見事な!”ランウェイ”を決めると”モデル人”としての知名度を大きく広めました。

その後、高校時代を終えると大学には「進学せず」に社会人となり”芸能界一筋”での活動に専念するようになって行きます。

2006年にNHKで放送されたテレビドラマ”マチベン”に出演して自身初に「女優デビュー」を飾りました。

さらに2007年からは、当時”国民的お昼の番組”として全国区であったフジテレビの冠番組”笑っていいとも!”に「レギュラー」として抜擢され、”セレブタレント”の「ポジション」で大きく注目を集めるようになって行きました。



引用元【ブログ(まるやすのブログ日記)】

さらに翌年(2008年)には女性向け下着メーカーでお馴染み”トリンプ”が手掛けたブランド「アモスタイル」の”イメージモデル”に抜擢されました。

そして人気が絶頂期になった2009年にはフジテレビ系列で放送されたドキュメンタリードラマ”TOKYO本音モデルズ”に出演し、自身初の「テレビドラマ主演デビュー」を飾りました。

この時は、同じ”ファッションモデル”で”歌手”として活躍していた「藤井リナ」さんとの”ダブル主演”での採用でした。



引用元【サイト(YouTube)】

その後も「モデル・タレント」をメインにご活躍され、さらに”自由奔放、タメ口、毒舌”などの”キャラ”に磨きがかかり?バラエティー番組などからもオファーされるようになって一躍、「大ブレーク」を果たして、お茶の間の皆さんからも”親しまれる”存在となって行きました。

【ところが!】2011年に発生した未曾有の震災「東北大震災」の際に、ご自身の公式SNS(ツイッター)で呟いた”一言”が波紋を呼び、一挙に「奈落の底」へと転落して行きます。

すると芸能界から”干されて”姿を消し、”芸能活動一時休業”と伝えられたものの、実質上の”引退”近い存在となって、今に至っておりました。


スポンサードリンク


◇ マリエさんが干した理由?

一時期”セレブ・アイドル”として世間を”一世風靡”したご経験のあるマリエさんですが、あまりにも”自由奔放”で「身勝手」、さらに”度”が行き過ぎた「タメ口・暴言・毒舌」で”世間”が許しても”業界(芸能界)”では「嫌わわる立場」となり、徐々にメディアへの出演が減って行きました。



引用元【インスタグラム(pascalmariedesmarais_pmd)】

ただそれでも芸能界が”長かった”こと、更に”親しみが持てた部分”もあったことから”要所”する先輩・後輩たちもいたことから、業界から”消される”ことだけはありませんでした。

ところが2011年に起こった未曾有の震災(東北大震災)の後に、ご自身のSNS(ツイッター)で呟いた”暴言”によって、自らの”芸能界人生”に「終止符を打つ形?」となったのです。

その”暴言”とは、当時”頻りに”行われてたのが「チャリティーや募金」などの活動でしたが、セレブ(金も持ち)として有名であったことから、ご自身へもその依頼がきたらしく、それに対し「くだらねぇ!・いろんなところからの募金!・金くださいの連絡が絶えねぇ!」等とツイートし世間から批判を買い「炎上」させたのです。

すると、自身に来ていた”募金のお願い”が「急変」し、怒りに満ちたコメントへと「怒貌」し”バッシング”の嵐を食らう羽目に・・・!

その後「イメージダウン」したことで”タレント業”は元より各社”CM”の降板、各モデルでの不採用などが立て続けに起こり、結果的に「芸能界から干された」形となったのです。

ご自身の芸能界での”立場”が危うくなると、”海外留学”の名目で一時芸能界から”離れる”ことを世に告げ、一時”休業”することを明らかとさせましたが、実際は”芸能界”から「締め出された」形となり、自ら”退いた”のです。

そりゃ~そうですよね!芸能界に居ても”仕事”が「一切与えられない」のですからね!

“関係者”からは「芸能界復帰は不可能!」とさえ言わしめた事件?でした。


スポンサードリンク


◇ マリエさんの現在は?

以前は「石油王の娘!」として名を馳せていたマリエさんですが、自ら招いた”不祥事”以降(2011年頃)芸能界などの”メディア”で一切、見かけることがなくなりました。

話では、アメリカ・ニューヨークの”パーソンズ美術大学”に留学するため!と伝えられておりましたが、実際は”芸能界”から「干された」ことが理由では!等と”噂”されておりました。

この”パーソンズ美術大学”とは、ニューヨークの”マンハッタン”にあるらしく、多くの一流”美術家”や”ファッションデザイナー”を生んだ「私立大学」として有名とのこと。



引用元【サイト(Wikipedia)】

但し、他国(日本)からの”留学”を目的にはしておらず、この学校で学ぶには最低限の日常会話(英語力)がないと難しいとされている様です。

マリエさんの場合、高校時代(東京都立千歳丘高等学校)にアメリカ留学の経験があったことから”会話”には困らず、容易にこの学校へご入学できた模様です。

2011年から留学をスタートし、短期の”社会人向けプログラム”を専攻していたことから約半年で日本へ帰国されました。

すると日本では「良からぬ噂」がネット界で広まっており↓↓↓

父親の会社が倒産し、多額の借金があり、マリエ自身も差し押さえをくらうほどの状態に陥っている


【なんと!】父親の会社が”倒産”し、マリエさん名義で借りていた借金が6千5百万円もあり、それを全て被った!との報道が伝えられたのです。

すると”マスコミ”や”アンチ”達から一斉に「偽セレブだった!」等と叩かれ、私生活までも”ザワつかせる”事態へと発展して行ったのです。



引用元【インスタグラム(pascalmariedesmarais_pmd)】

芸能界では「セレブお嬢様」として名を馳せてきたマリエさんにとっては、もし本当にこれ程の”借金”を背負ったのなら、芸能界での”失敗”やご自身の”プライド”から見て「生きた心地」が
しなかった!ことでしょうね。

【しかも!】ご年齢はまだ”20代”・・・!

それも”要因”であったのか?後にご両親は「離婚」をされており、マリエさんは”母方”で世話になっているらしく(ある意味当然ですが?)”姉妹”と共に生活を送っているとか・・・?

なので現在は”セレブ”とは言えないものの、”ごく普通”の生活を送っているご様子?なので、”そっと”してあげましょう。


スポンサードリンク


◇ マリエさんのプロフィール

本名
玉木パスカルマリエ
読み
たまき ぱすかる まりえ
生年月日
1987年6月20日
仕事
モデル・タレント
出身地
東京都
所属事務所
レプロエンタテイメント
血液型
A型