日本の芸能界を代表する”ヴァイオリニスト”と言えば、最近”タレント”の一面を見せ始めている「高嶋ちさ子」さんが有名なところです。

しかし、ヴァイオリンの”腕前”はともかく!”高嶋ちさ子”さんよりも、断然「学歴が優秀」であり【しかも!】女性ヴァイオリン界の中でも「才色兼備」として”人気”を集めているヴァイオリニストの「廣津留すみれ」さん。

何やら?2019年9月頃に、テレビ朝日系列で放送されているバラエティー番組に出演されて、ご自身の”プライベート”なことや”仕事”【さらに!】”音楽活動”などを披露されたとして、大きな注目を集めた模様です。

廣津留すみれさん”26歳”にして、初となる「バラエティー番組への出演」のご様子です。

その気になる”天才ヴァイオリニスト”を超える「学歴」を含めて、廣津留すみれさんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(sumire_vln)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ ヴァイオリン歴とは?
・ TODO勉強法とは?
・ 性格が良いとは?
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ ヴァイオリン歴とは?


廣津留すみれさんは、アメリカにある!超有名な総合私立大学の”ハーバード大学”を「首席」でご卒業をされ【さらに!】同国ニューヨーク市にある”ジュリアード音楽院”も「首席」でご卒業をされました。

以前は、日本の”メディア”などには、一切!登場する機会が無く、業界関係者の間では「謎に包まれたヴァイオリニスト」等と呼ばれて、”個人”のファンや”一部”のヴァイオリニストのファンたちの間だけで、知られている存在でした。

【ところが!】最近では「口は悪いが”弓”の音色は美しいヴァイオリニスト」として、”全国区”になった「高嶋さち子」さんの絶大なる影響があり!日本の芸能界でも「ヴァイオリニスト人気が高まった」ことから、”廣津留すみれ”さんもヒューチャーされた模様です。


引用元【インスタグラム(Chisako Takashima)】

また、”廣津留すみれ”さんは!名門「東京大学のご出身」であり、メディアに数多く出演されている「東大出身の有名人」と言えば「クイズ回答者・司会者・俳優・アナウンサー・ミュージシャン…など」を通じで、ご活躍される方が多い最中!”クラシック界”からの「東大卒」として、メディアに出演されたのは、珍しいケースです。

東京大学を「首席」でご卒業をされていることから!最近、何かと人気を集めている”弁護士”の「山口真由」さんを「凌ぐ勢いの女性が現れた…など」と呼ばれているらしく!テレビ業界などの大手メディアから、注目されているそうです。

また、”東大卒”も凄いことですが「ご卒業された高等学校」も相当な!”高校”らしく、ご出身の大分県では”東京大学合格者数トップ”を誇る進学校の「大分県立大分上野丘高等学校」を、ご卒業されたそうです。

もちろん、この学校をご卒業された”著名人”も数多く居り「政治家・経済界・文化界・アナウンサー…など」で、現在も”ご活躍中”の!錚々たる”布陣”が居るようです。


引用元【ツイッター(廣津留すみれ | Sumire Hirotsuru)】


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


廣津留すみれさんは1993年9月生まれの26歳(2019年)で、ご出身は「大分県」です。

ご出身の”大分県”にあるご自宅で、ご両親とご本人の三人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、廣津留すみれさんも(大分県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

“廣津留家”に「長女」として授かった娘さんは、0歳の頃から!母親の独特な”学習法”で「英単語教育」を学んでいたらしく、4歳の時には「英検三級」に合格されて【さらに!】8歳の時には「英検2級」にも合格していたそうです。

通常の一般教育では、”英検2級”と言えば「中学生でも難しい試験」のはずです。

この時に身に着けた”英語力の基本”は、後に「海外移住する先」で生かされるのです。

大分県にある”自宅”とは、相当な!”田舎町”にあったらしく!それでも「ヴァイオリンのレッスンを受けれる環境」にはあったご様子で、生まれて直ぐに「母親の独特な学習法」を学びながら、”ヴァイオリン”のレッスンにも通っていたようです。

但し、大分県で「ヴァイオリン教室」があるのは!”県内”か”市内”だけのはずなので、田舎町の実家から”ヴァイオリン教室”までは、”遠方”を通っていた可能性が高いでしょう。

廣津留すみれさんの”学歴”は「公開されておられません」ので、詳細は分かりませんが!地元の”市立学校”にご入卒されたようです。

小学校六年生の”12歳”の時に、”ヴァイオリニスト”として「オーケストラに参加した」らしく、それがご自身にとっては初となる「合同演奏への参加」となった模様です。

また、”国内”で開催される「講演演奏」に、精力的に参加されて!ヴァイオリンの腕を磨いていたそうです。

小学校時代を終えると中学校は「ネット界で公表されている情報」によると、地元の大分市にある”大分市立上野ヶ丘中学校”に通っていた模様です。

この中学校は、地元でも「優秀な人材を輩出している学校として有名」とのことですが!情報が少ないため、詳しいことは分かっておりません。

中学校を終えると、高校も地元の大分市にある”大分市立上野丘高等学校”にご入学されました。

この高等学校も「東京大学を含む”難関大学”と呼ばれている学校」の”合格者数”が!今までに数百人を越している「優秀な進学校として有名」のようです。

【さらに!】”スーパーグローバルハイスクール(SGH)”の「指定校」に選ばれており、グローバルに活躍できる人材の”育成”や”教育”に力を入れている名門校のようです。

なので、優秀であった”廣津留すみれ”さんも!比較的”軽い気持ち”で、アメリカのハーバードへ行くことを、望んだ可能性が高いでしょう。

ちなみに、彼女がアメリカの「ハーバード大学への入学」を決めたのは!高校二年生の”12月頃”とのことです。

廣津留すみれさんが「ハーバード進学を決めた」当時の高等学校では、”国内”での難関大学へ合格させることに力を入れていたらしく!担任の教師へ「ハーバード大学行き」を告げた時は「呆れた顔」をされたようです。

しかし、現実は「ハーバード大学へのご入学を叶えた」ことから、当時の担任は相当!”驚いた”ことでしょう。

現在は「ハーバード大学入学の成功」や、ご自身が今までに学んできた「タイムマネージメント」あるいは「集中力やモチベーションの保ち方」などを、詳細に綴った”著書”をリリースされているとのことです。」

“大学受験”を控えた学生たちは、是非!お役立て下さい。


引用元【ツイッター(taka@読書垢 )】

高校時代の2019年には、イタリアで開催された「イブラ・グランド・プライズ国際コンクール」に参加されて、見事!”グランプリ”を獲得し、その後”全米4州”で行われた”演奏ツアー”にも参加された模様です。

全米で開催された”演奏ツアー”を無事に成功で終えると、”帰国”する直前に!”進学”を夢見ていた「ハーバード大学」に立ち寄ったらしく、そこで「学生たちの演奏」を耳にする機会に恵まれて、その楽曲に「感銘を受けたことで!この大学に大きな”運命”を感じた」らしく、なお一層!この大学への「進学を臨む決意」をされたようです。

その後、大分市の高校を終えた2012年に、”ハーバード大学”への「ご入学の夢を叶えた」のです。

ハーバード在学中は、積極的に”音楽活動”に慢心していたらしく!その努力が報われて、”音楽団体”の部長を「2席も務めていた」ようです。

そして、2016年に!無事に同大学を「首席」でご卒業されて【さらに!】音楽家として磨きをかけるため、ニューヨーク市にある「ジュリアード音楽院」に進まれて!”ヴァイオリン”の腕前を向上するために、”日夜”練習に励んでいたそうです。

”ジュリアード音楽院”のご卒業を向かえた2018年に、同音楽院で催された”音楽部門”で「最優秀賞」を獲得されて「修士課程を首席」でご卒業されました。

学業を終えて”社会人”となってからは「ヴァイオリン演奏者」として各地を渡り、飛躍的なご活躍を見せていたことから、業界内では「ヴァイオリン界に彗星の如く現れた天才女子…など」と、呼ばれて”絶賛”されていたようです。

日本での、有名”女性ヴァイオリニスト”と言えば「高嶋ちさ子」さんの名前が思い浮かびますが、高嶋さんは”独自”のプロジェクト(高嶋ちさ子12人のヴァイオリニスト)を立ち上げて、全国区で有名となりましたが、なぜ!廣津留すみれさんに「白羽の矢が向かなかったのか」不思議です。

現在は、ご出身大学の”アメリカ”に渡米されているようで!大学がある「ボストン市内」なのか?あるいは、ジュリアード音楽院がある「ニューヨークなのか」分かっておりませんが「高層ビル群が並ぶ都市」で、”起業家”としてご活躍中のようです。

“仕事内容”は、幅広く手掛けているらしく「ゲームサウンドトラックの開発参加」や「ご卒業校の公開新聞のインタビュア」【さらに!】自身の”得意分野”である「音楽活動(アーティストとして)」を生かして活動されているようです。

また、立ち上げた”会社”の「代表」でありつつ!自ら積極的に仕事を熟していることから「ヴァイオリン演奏者・ゲーム音楽の制作・執筆活動・音楽プロデューサー・教育コンサルティング・アーティストマネージメント…など」の、”マルチメディア業”にも挑戦されている模様です。


引用元【インスタグラム(sumire_vln)】


スポンサードリンク


◇ TODO勉強法とは?


廣津留すみれさんは、幼い頃から”母親”の影響で「独特な学手法」を学んでおりました。


引用元【インスタグラム(sumire_vln)】

その”独自”の学手法(メゾット)を「ひろつるメソッド」と呼んでいるらしく!”英語教育”の勉強法なのですが「TO DOリスト」なるものを作成されて、自身の「タスク管理を徹底していた」とのことです。

つまり、いかに「日々の学習時間を無駄遣いせずに効率よく使うのか」が”ポイント”であり!廣津留すみれさんがご卒業をされた”ハーバード大学”でも「取り入れられている学手法の一つ」らしく、ハーバードの学生たちは「時間管理が上手いことで有名」であり、与えられた”課題”を「いかに締め切りまでに出来すのか」の”訓練”に、日々!取り組んでいるようです。

また、”ハーバード大学”のような「超有名大学へ入る子供たちの特徴」として!勉学のみならず、音楽(趣味)やスポーツ(部活)などの”分野”にも、積極的に取り組んでいたり!あるいは、ボランティアやインターンシップなどの”野外活動”にも取り組んでいることで「マルチな教育」が行われている模様です。

これらは全て、自らの「時間管理を上手くコントルールすることが出来る」からこそ!勉強や他の活動との”両立”が行える訳であり、時間管理が”不得意”な学生たちは「どちらかを優先してしまって、一方に傾く傾向にある」とのことです。

なので、”優秀”な人物(何でも熟す人)とは「時間管理を上手く熟せている人物(学生)」に多く見られる傾向にあるようです。

その、”時間管理”を上手く熟す方法として提案されたのが「TO DOリスト」なのです。

実際に、廣津留すみれさんが”幼少期”からこの方法を実践した結果!現在の「才色兼備の誕生につながった」模様です。

では、その気にある「TO DOリスト」がもたらす”効果”が気になるところですが、”時間管理”が上手になることで、社会人であれば「マネージメント管理」も効率的になり【さらに!】”世界規模”でみれば「グローバル時代を生き抜く方法」としても最適なのです。

次に「脳内ストレス軽減と認知能力が育つ」ことです。

やることが増えれば!増えるほど「優先順位に悩む」ことにつながるために、脳への”ストレス”が過剰となります。

そこで、”やること”を分類して「何から手を出せば良いか」を”リストアップ”することで”整理”が行われ!”やるべきタスク”がハッキリと見えてくることから「脳へのストレスを与えること無く実行できる」のです。

また、”リスト化”された行動は「優先順位が決まっていることから限られた時間で熟すことができる」メリットにもつながることから、結果的に「無駄な時間を減らすこと」に成功するのです。

【さらに!】”無駄な時間”がなくなれば「余裕な時間が増える」ことになるため、行ったことを”客観視”する時間につなげることで「認知能力の向上」にも役立つのです。

次に「達成感と自信が持てる」ことです。

「TO DOリスト」で作ったメニューは、あくまでも”リスト化”されたモノなので!”目的”を果たした項目には、何らかの「印」をつけて行きます。

“印”は「目で見て直ぐに分かる」ことから、それで”リスト”が覆われれば「達成感」を実感できます。

また、時間通りに終えれば!自らの「自信」にもつながり!次のステップへの大きな”原動力”にもなります。

次に「自ら行動する習慣が付く」ことです。

この”学手法”の醍醐味は「しつけ(強制)ではないこと」が前提となります。

「しつけ」とは、一種の”命令”であり!人は無理に”命令”されると「素直に応じたくない気持ち」が芽生えます。

学習も同じで、好きでもない勉強を”無理”に押し付けても”頭”に残りませんし、逆に!”好んで”行ったことは「面白いように記憶に残る」のです。

つまり、自ら好んで勉強しないと!何の意味も持たないのです。

同じように「TO DOリスト」作りでも、自ら好んで作らないと「週刊癖がつかずに長続きしない傾向」にあるようです。

しかし、一度”成功”に導くと!その「面白さに気づき好んでやり始める」ことにつながります。

つまり、”しつける”のではなくて「気づかせる」ことがポイントであり、小さい頃から「リスト作りの面白さ」を知ってしまえば、”学習法”に限って見ると!他人が教えることも無く、自らが”発想”して「進んで実践する」ようになることで、手が掛からない”子供”が育つため!忙しい「両親ほど助かるケースが増える」のです。

次に「個人の長所が伸びる」ことです。

今般の、”グローバル社会”において!己の「個性や芸事」が無いと、生き抜いて行くのが厳しい時代となりました。

その「己の個性」や「得意事(芸事)」に気づくためにも「TO DOリスト」が役に立つのです。

何故なら「やること」や「やったこと」が一目瞭然に分かるので、自分が「上手くやれたこと」に気づいたら、後に”リスト”を見返して「その理由や原因を探り出して掘下げるチャンスが生まれる」からです。

「個性や芸事」に気づくには【まさに!】一瞬の!”閃き”や”発想”が大切であり、日々!その”チャンス”を逃しているために、自分の「やりたいこと」や「熱心になれること」などを、見つからない若者が増えているのです。

なので、日常生活で「やりたいこと」や「熱心(集中)できること」などを見つけ出し!それに「対応する時間を作ることが最も大切なこと」なのです。

その”時間作り”のためにも「TO DOリスト」が役に立つのです。


スポンサードリンク


◇ 性格が良いとは?


基本的に、廣津留すみれさんは!”何事”にも挑戦する「チャレンジ精神豊富な性格」のようです。

幼い頃は、大分県の”ド田舎”に生まれ!たくさんの”大自然”に恵まれて「心も体も聡明な少女に育った」ことから、必然的に「性格の良い人物」に育ったようです。

なので、”素直”で”真面目”な美少が誕生したのは「この頃の環境が大きく影響されている」と、思われているようです。

一方で、幼い頃から!母親の「独特な教育法」を学んで来たお陰で、現在の”才色兼備”になれたのですから、常に「親に対する感謝な気持ち」を忘れてはいけません。

また、幼い頃から続けてきた”ヴァイオリン”は「今でも止めることなく続けている」様子を窺うと!きっと「芯の通った負けず嫌いな性格」の部分も、兼ね備えているのでしょう。

それが功を称して!今では自らの”仕事”として生かされ、ご活躍の場を広げているのですから【まさに!】「芸は身を助ける」ではありませんが、ご本人の”真面目”な性格と幼い頃から培った諦めない”根性”のお陰で「自身の人生を切り開くことに成功した」と言っても、過言ではありません。

これからも、たくさんの”難題”に直面すると思いますが!「謙虚な気持ちとグローバルな心の広さ」で、ご活躍されえることを期待しております。


引用元【インスタグラム(sumire_vln)】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
廣津留すみれ
読み
ひろつる すみれ
生年月日
1993年?月?日
仕事
ヴァイオリニスト・起業家
出身地
大分県
所属事務所
血液型
?型