最近の音楽業界では”才色兼備”が現れた!としてザワついているそうですが、そのご本人とは
大分県ご出身の「廣津留すみれ」さんと言う女性のようです。

 

引用元【インスタグラム(sumire_vln)】

 

あの超有名なアメリカにあります総合私立大学「ハーバード大学」を”首席”でご卒業され、
さらに同国ニューヨーク市にある「ジュリアード音楽院」も”首席”でご卒業されておられます。

以前はメディアなどに登場する機会が無く「謎に包まれたバイオリニスト」として個人ファンや
バイオリニスト界で知られていた女性でしたが最近、テレビ番組への出演数が増えていること!
あるいは「高嶋さち子」さんの影響があってバイオリニスト人気が高まり”個人”に注目される
ケースが増えていることで「廣津留すみれ」の注目度が上がっているそうです。

 

引用元【インスタグラム(Chisako Takashima)】

 

また大学は「東京大学」ご出身で、今の東大出身の芸能人と言えば「クイズ回答者・司会者・
俳優・アナウンサー・ミュージシャン」等でご活躍される方が多い中「クラシック界」での
東大卒がメディアに登場するケースは無い?少なかった?と思います。

東京大学を”首席”でご卒業され現在は「弁護士」でご活躍されている有名人「山口真由」さんを
凌ぐ女性が現れた!等と伝えられテレビ業界から注目されているそうです。

しかもご卒業された高校も凄く、地元大分県で「東京大学合格者数トップ」の進学校!大分県立
大分上野丘高等学校をご卒業されたそうです。

この学校をご卒業された著名人もたくさんおり「政治家・経済界・文化界・アナウンサー」で
ご活躍された方が多数おります。

そんな「廣津留すみれ」さんがまた、メディア登場するらしく注目されること間違いなし!
なのでこちらのブログでも取上げてみました。

 

引用元【ツイッター(廣津留すみれ | Sumire Hirotsuru)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 廣津留すみれさんの昔!

 

廣津留すみれさんは1993年生まれの26歳(2019年)で、ご出身は「大分県」です。

廣津留家に長女として授かった娘さんは0歳から母親の学習法で「英単語」を学んでいたらしく
4歳の時に「英検三級」に合格し、更に8歳の時には「英検2級」にも合格していたそうです。

「英検2級」と言えば中学生でも難しい試験ですよね!凄すぎる♪

ただ後にこの「英語力」が生かされ「海外」でご活躍される事となります。

生まれ育った大分県の市町村までは分かりませんが「田舎町」で育ったらしく母親の独特な
学習法と同時に「バイオリン」を習い始めていたそうです。

大分県で「バイオリン」教室があるのは「県か市内」だと思われることから自宅から離れた
レッスン教室に通っていたのではないでしょうか?

小中学校・高等学校は地元にある「私立学校」に通い、自身12歳の時にバイオリニストとして
「オーケストラ」へ参加し、自身初の「合同演奏」を経験したそうです。

その後「国内」で開催される「講演演奏」に精力的に参加しバイオリンの腕を磨いていたそうです。

自身「高校生」の2009年にイタリアで開催された「イブラ・グランド・プライズ国際
コンクール」で見事「グランプリ」を獲得し、その後全米4州で行われた「演奏ツアー」に
参加したそうです。

その「演奏ツアー」を無事に成功させ、帰国する直前に出向いた「ハーバード大学」で学生達が
演奏した楽曲に感銘を受け、この大学に「運命」を感じたのか?高校をご卒業後に渡米して
2012年にこの大学へと入学する事となりました。

ハーバード在学中は積極的に音楽活動に慢心していたらしく、勢い余ったのか?音楽団体の
部長を「2席」務めていたそうです。

そして2016年無事に同大学を”首席”でご卒業され、更に音楽家として磨きをかけるために
同国ニューヨーク市にある「ジュリアード音楽院」にご入学され専門であった「バイオリン」の
腕前をさらに向上するために日夜練習に励んでいたそうです。

ジュリアード音楽院のご卒業を向かえた2018年に、同学内音楽部門で「最優秀賞」を獲得し
修士課程を”首席”でご卒業されました。

“社会人”となってからは主に「バイオリン演奏」で各地を渡り活躍し「バイオリン界に彗星の
如く現れた天才女子」として業界内では有名な女性だったらしいです。

日本では女性バイオリニストと言えば「高嶋ちさ子」さんが超有名ですが、高嶋さんは自身が
“興味”を持ったバイオリニストをドンドンメディアで紹介し話題を誘っておりますが、なぜ
彼女の目に「廣津留すみれ」さん入らないのか?不思議ですよね!?

これからなのでしょうか・・・?

現在はご出身大学があるアメリカに渡米し、大学がある「ボストン」なのか?あるいはジュリアード
音楽院がある「ニューヨーク」なのか?分かりませんが、高層ビル群が並ぶ「都市」で
「起業家」としてご活躍中のようです。

学生生活を終えた後に経験した「ゲームサウンドトラックの開発参加」「ご卒業校の公開新聞の
インタビュア」、更に自身の得意分野である「音楽アーティスト」を生かし、現在の仕事は
会社の代表でありつつ自ら仕事を熟しているそうで「バイオリン演奏者」「ゲーム音楽の制作」
「執筆活動」「音楽プロデューサー」「教育コンサルティング」「アーティストマネージ
メント」等でご活躍し今に至っているようです。

引用元【インスタグラム(sumire_vln)】

 

スポンサードリンク

 

◇ 廣津留すみれさんの「TO DO勉強法」とは?

 

廣津留すみれさんは幼い頃から母親の影響で「独特」な学手法を受けていたそうです。

 

引用元【インスタグラム(sumire_vln)】

 

その独自の学手法(メゾット)を「ひろつるメソッド?」と呼んでいるらしく英語教育がメインで
「TO DOリスト」なるものを作って自らの「タスク管理」を徹底させていたそうです。

つまり、いかに日々の時間を「無駄遣い」せずに効率よく使うか!がポイントで廣津留すみれさんが
ご卒業されたアメリカ「ハーバード大学」でも取り入れられている学手法らしく、ハーバードの
学生は「時間管理が上手い」ことで有名で、与えられた課題などは締め切りまで必ず出かす!
取り組みを行っているそうです。

また「ハーバード大学」のような超有名大学へ入る子供達の「特徴」として勉学のみならず、
「音楽(趣味)&スポーツ(部活)」などの分野に積極的に取り組む、あるいはボランティアや
インターンシップなどの野外活動なども行ているそうです。

これらは自ら「時間管理」を上手く熟しているから勉強と他の活動との「両立が可能」な訳で、
時間管理が下手な場合、どちらかを優先してしまって「一方に」傾く傾向にあるそうです。

なので「優秀な人物(何でも熟す人)」とは「時間管理」が上手い人物(学生)であると言えます。

その「時間管理」を上手く熟す方法として「TO DOリスト」があるのです。

実際に廣津留すみれさんが幼少期からこの方法を実践した結果、現在の「才色兼備」の女性を
生み出しました。

では「TO DOリスト」がもたらす効果とは?

まずは再三言っているように「時間管理が上手になる」ことです。

社会人であれば「マネージメント」が上手くなり、世界規模でみれば「グローバル時代を生き
抜く方法」として最適です。

次に「脳内ストレス軽減と認知能力が育つ」ことです。

やることが増えれば増えるほど「優先」を悩むことになり脳へのストレスが過剰となります。

そこでやることを分類し「何から手を出せば良いか!」をリストアップすることで整理がつき
やるべきタスクがハッキリとし、脳へストレスを与えることなく実行することができます。

またリスト化された行動は優先通りに「限られた時間」でやり熟すことができるので「無駄な
時間」を減らすことにもつながります。

更に「無駄な時間」がなくなれば「余裕の時間」が増えるので、やったことを客観視することも
可能となり「認知能力の向上」にもつながります。

次に「達成感と自身」がつくことです。

「TO DOリスト」で作ったメニューは「リスト」なので、目的を果たした項目には何らかの
「印」をつけます。

「印」は目で見て直ぐに分かるので、それでリストが覆われれば「達成感」を実感できます。

また時間通りに終えれば自らの「自身」にもつながること間違いありません。

次に「自ら行動するようになる」ことです。

この学手法の醍醐味は「しつけ」ではないこと前提です。

「しつけ」とは一種の「命令」であり、人は無理に「命令」されると素直に応じたく
なくなるものです。

学習も同じで好きでもない勉強を「無理」に行わせても頭には残りませんし、逆に好んで行った
ことは面白いように「記憶」に残っています。

つまり自ら好んで勉強しないと何の意味もない!のです。

同じように「TO DOリスト」作りも自ら好んで作らないと「週刊癖」がつかず長続きしないのです。

しかし一度成功すれば、その面白さに気づき好んでやり始めるようになります。

つまり「しつけ」るのではなく「気づかせる」ことがポイントで、小さい頃から「リスト作りの
面白さ」を知ってしまえば「学習法」に限っては、ほとんど教えることなく自らが発見し作りだし
手がかからないので「忙しい親御さん」ほど助かるケースが増えるはずです。

次に「個人の長所が伸びる」ことです。

今般の「グローバル社会」を生き抜いて行くためには己の「個性や芸事」がなければ厳しい
時代となっております。

その己の「個性」や「得意事(芸事)」を気づくためにも「TO DOリスト」が役に立つのです。

何故なら「やる事」&「やった事」が分かるので、自分が上手くやれた事に気づいたら、後に
リストを見返し、その理由や原因を探り出し掘下げることができるからです!

「個性や芸事」に気づくには一瞬の「閃きor発想」が大切であり、日々そのチャンスを逃して
いるから自分の「やりたい」こと「熱心になれる」ことが見つからない若者が多いです。

なので日常生活で「やりたいこと」や「熱心(集中)できること」を見つけ出し、それに向けて
時間を作ることが最も大切なことだと思います。

そんためにも「TO DOリスト」が役に立つはずです。

 

スポンサードリンク

 

◇ 廣津留すみれさんの中学・高校等の学歴は?

 

廣津留すみれさんの学歴は公開されておられませんので詳細は分かりませんが、地元の市立
学校にご入卒されたようです。

一般的に公開されている中学校は地元、大分県大分市にある「大分市立上野ヶ丘中学校」で、
高校は「大分市立上野丘高等学校」のようです。

中学校も地元では「優秀」な人材を輩出している学校として有名のようですが、高校が凄い!

大分市立上野丘高等学校は「東京大学」を含む難関大学校の合格者数が今まで数百人を
超えている「進学校」のようです。

さらに”スーパーグローバルハイスクール”(SGH)の「指定校」に選ばれておりグローバルに
活躍できる人材の育成・教育を目指している名門校のようです。

なので「廣津留すみれ」さんも比較的すんなりアメリカのハーバードへ行くことを望んだのかも
知れないですね。

ちなみに、彼女がアメリカ「ハーバード大学入学」を決めたのは高校二年生の12月だったそうです。

当時の同校は「国内」の難関大学へ合格させることに力を入れていたらしく廣津留すみれさんが
担任の教師に「ハーバード大学」へ行きたい旨、知らせたら「呆れ」られたそうです。

しかし現実「ハーバード大学」にご入学されたのですから、当時の担任は驚いた事でしょう!!

現在はご自身が今まで学んできた「タイムマネージメント」や「集中力やモチベーション」の
保ち方などを詳細に綴った著書をリリースしているそうです。

「受験」を控えた学生達は是非お役立て下さい。

 

 

スポンサードリンク

 

◇ 廣津留すみれさんはどんな人?

 

基本的に「何事にもチャレンジする性格」のようです。

幼い頃は大分県のド「田舎」で育ち、沢山の大自然の中で「体も心も」磨き上げながら育った
のでしょうから「性格」が悪い人物になるとは考えられません。

多分「素直で」「真面目な」美少女に育てられたはずです。

ただ、幼い頃から母親の「独特な教育法」で育てられたことで「秀才」になれたことは親へ
感謝しなければならないことだと思います。

その一方でプライベートでは幼い頃から続けてきた「バイオリン」を止めることなく今も
続けているところをみると「芯の通った負けず嫌いな性格」の部分もあるのかも?です。

でもそれが「功を称し」今では「仕事」としてご活躍されているのですから、まさに「芸は身を
助ける」ではありませんが「真面目な性格」で自身の人生を切り開いて来たことでしょう。

これからも沢山の難題にブチ当たると思いますが「謙虚」な気持ちとグローバルな心の広さで
起業家として頑張って頂きたいものですね♪

 

引用元【インスタグラム(sumire_vln)】

 

 

■ 廣津留すみれプロフィール

本名
廣津留すみれ
読み
ひろつる すみれ
生年月日
1993年?月?日
仕事
バイオリニスト・起業家
出身地
大分県
所属事務所
血液型
?型

 

 

スポンサードリンク