日本の芸能界でも、名女優を母を持つ”二世サラブレッド”として誕生をしながら、平成の”お騒がせタレント”の一人と言える元バラエティタレントで現YouTuberの「坂口杏里」さん。

何やら?最近、芸能界にまで広まっている”YouTuber人気”に便乗するように!自身も”新たな境地”を求めて「YouTuberデビュー」を飾ったまでは良かったモノの、”放送内容”があまりにも「雑」であり!お得意の”売名行為”に走るモノの登録数の落ち込みによって「更新が途絶えた」として、話題を呼んでいるご様子です。


引用元【インスタグラム(anridayo33)】

坂口杏里さんと言えば、超有名女優の「故・坂口良子」さんの娘として!華やかに「芸能界デビュー」を飾ったモノの、その後の自身の”お粗末過ぎる”身の振り方で!芸能界から”フェードアウト”したタレントとして有名です。

【しかも!】芸能界から離れた後も「話題の尽きない女性」としてマスコミを騒がせ、少なくても”公の場”で活動していたタレントでありながら!その後は「夜の女王」的なキャラクターを演じて、連日ワイドショーを騒がせておりました。

また、その後始めた”YouTube”でも!当初は、相当な”勢い”を見せてスタートを飾ったモノの!放送内容が、芸能界の”暴露”話や”炎上”を狙った「登録者数稼ぎ」などが目に付くようになり、結局!”更新”が途絶える結末に直面しているらしく、”動画サイト”からも「フェードアウトの危機」を向かえている模様です。

その気になる”動画サイト事情”や最近の状況などを含めて、坂口杏里さんについて紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 逮捕劇とは?
・ 芸能界復帰劇とは?
・ 兄は慶応BOYで医師?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


坂口杏里さんは1991年3月3日 生まれの28歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の四人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、坂口杏里さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では、小学校は地元の東京都にある”成城学園初等学校”にご入学されたと判明しております。

ご家族は”ご両親”と二歳年上の”兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

“母親”は、ご存知の通り!日本を代表する”トップ女優”としてご活躍された「故・坂口良子」さんです。


引用元【ツイッター(チュル(??) )】

実の”父親”は、元不動産会社の社長を務めていた「田山恒彦」氏であり!後の”義父(再婚者)”は、プロゴルファーの「尾崎建夫」氏です。

残念ながら”両親”は、坂口杏里さんが”三歳”の時に「離婚」をされて!”親権”は母親が持つ事となったことから、幼い頃より”祖母”や”ベビーシッター”から面倒を受けた「母子家庭」で育ちます。

学生時代は、”お嬢様学校”として有名な「成城学園」に入学されて!名実共に、”お嬢様”らしい学校生活を送っていたご様子です。

この”学園”は、成城幼稚園~成城大学までの”一貫校教育”が基本の「学校法人」であるため!”高額”な入学金や授業料を支払えれば、大学までは「エスカレーター式」で進学することが可能な学校です。

小学生時代は【かなり!】の「勉強嫌いの少女」であったことから、真面目に授業を受けた記憶が無く!成績のほどんどは「1であった」と、後に出演するバラエティー番組で語っております。

なぜ、それ程までに「勉強を好まなかったのか」は定かでありませんが、”スポーツ(体を動かすこと)”は得意な方でした。

なので、”休み時間”になるのが待ち遠しくて!授業が終わる頃になると、決まって!”体”をソワソワさせて「担当教師から叱られていた」そうです。

”勉強嫌い”であった小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”成城学園中学校”に「進学(進級)」されました。

中学時代に進学(進級)されてからも、相変わらず「大の勉強嫌い」であり!”体育”以外の教科は、全て「1」をマークしていたそうです。

また、”母子家庭”ではあったモノの!母親が”有名女優”であり、そのため”ご実家”では「裕福な生活を送っていた」に、間違いありませんので!学校の授業とは別で”家庭教師”を雇ったり!”塾通い”をさせたり・・・、忙しい”母親”の「出来る範囲のこと」はさせたそうですが、一向に”成績”が上がらなかったそうです。

なので、中学校の”ご卒業”を向かえる頃には!通常の生徒ならば、”内部基準”に基づき「エスカレーター式」で進学(進級)を向かえるところを!坂口杏里さんの場合、その”基準”すら「満たしていなかった」ことから!”進路相談”のために母親が、学校側から呼び出されていたそうです。

その結果、残念ながら!”同学園内”では「進学(進級)することが不可能」と判断されたことから、渋々!他の高校に進む事となります。

恐らく、母親の”坂口良子”さんからすると!”世間体”の関係で、少なくても「品位のある学園を続けて欲しかった」と思っていたに違いありません。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”一貫教育”の学園からハズされた中学時代を終えると、高校は芸能人御用達でお馴染みの東京都中野区にある”堀越学園”の「トレイトコース」にご入学されました。

その時の”同級生”の中には、後に”女優”として活躍される「福田沙紀」さんや「蓮佛美沙子」さんなどが居るそうです。

但し「親しい関係であったのか?」までは、分かっておりません。


引用元【インスタグラム(sakifukuda_official)】

“有名女優”の「サラブレット」として”堀越学園”に進んだ以上、誰もが「芸能活動をされる」と思っていたそうですが、一向に”その気配”すら感じられず!学校生活を楽しんでいたようです。

恐らく、それまでに通っていた”成城学園”では!それなりの”校則”で「縛られた環境にあった」ことから、芸能活動に”穏便”の堀越学園では、その分!”開放感”に「満ち溢れていた」ことでしょう。

しかし、高校三年生になると!母親に「寄り添う形」で、芸能活動をスタートさせて!日本テレビ系列で放送されているバラエティー番組「さんま御殿」に、”親子出演”を果たして!その頃から徐々に、”メディア”へ登場するようになります。

但し、その頃は!常に”母親”が「側に居ながらの番組出演」が多かったことから、世間からは”親バカ親子”と呼ばれ始めますが、それでも”超有名女優”の「サラブレッド」であることには間違いなく、”破天荒な部分”も愛されるキャラとして、周りから受け止められていたのです。

「芸能界デビュー」を飾った高校時代を終えると、大学には進学せずに”社会人”となり!芸能活動に専念し始めます。

もちろん「裕福な家庭の娘」であったことから、大学進学も不可能では無かったモノの【やはり!】”能力的”に問題があったことから、残念ながら「断念された」とのことです。

母親の”坂口良子”さんは、1994年に”離婚”をされており、その後”プロゴルファー”の「尾崎健夫」氏と「再婚」をされております。


引用元【ツイッター(里芋☆もろこし村 )】

“堀越学園”をご卒業をされて「芸能界に進むこと」を決めた坂口杏里さんを”バックアップ”するために、母親である坂口良子さんは!バラエティー番組での”共演”を行い、娘の「芸能界デビュー」のキッカケを与えたことで、”二世タレント”としてのスタートを切れました。

【ところが!】”裕福な家庭環境”で育った坂口杏里さんは、母親の”名声”と!育った環境の”甘え”を!そのまま「芸能界に持ち込んでしまった」ことが要因となり、”一心不乱”の「やりたい放題」の活動を続けていたことから、徐々に”評判”が落ちぶれ【さらに!】所属していた芸能事務所の「アヴィラ」を退社されたのです。


スポンサードリンク


◇ 逮捕劇とは?


坂口杏里さんと言えば、今までに数々の”話題”を提供されて!世間を大きく”ザワつかせる”タレントとして有名でした。

【しかも!】その中には、”警察沙汰”となった「悪質な行為」も含まれており!母親の”名誉”を、故と如く「傷つけるような振る舞い」も見せていたのです。

特に、大きな話題を呼んだのが!2017年4月に起こした”恐喝未遂容疑”であり、知人の男性から数万円を「脅し取ろうとした疑い」で逮捕されました。


引用元【ツイッター(産経ニュース )】

この時は、僅か”三万円”を無理やり奪おうとしたことが「恐喝扱い」されたモノであり!その程度の金額であれば”内々”で収めるのが一般的なのに、相当!周りから「嫌われていた」ことや”対象相手”のホストが「直接警察へ電話した」ところを見ると【かなり!】「揉めていた」と、容易に想像がつきます

“逮捕”後は、直ぐに保釈されて!”不起訴処分”のみで一件落着をしたことから、後に芸能界へ”復帰”をされて!真面目に「タレント業につくであろう」と、誰もが思っていたのです。

しかし、一向に”表の舞台”へ戻ることはなく!しばらくの間は、真面目に”ホステス”として働いていたらしく!六本木の”高級キャバクラブ”で「売れっ子ホステス」に育つまでに成長したそうです。

【ところが!】ホステス同士での”トラブル”を招いたらしく、”業界内”ではタブーとされている「他店の時間外営業」を警察に”密告”したことから!務めていた”キャバクラ”からも相当!”厳しい指導”を受けたことから、勝手にその店を辞めたそうです。

その後も、”キャバクラ”で働いている様子が伝えられており!誰もが”裏の舞台”で生きて行くのであろう!と、感じ始めた矢先の2017年9月に!自身の公式SNS(インスタグラム)を使って”芸能界”を「引退することを明らかにされた」のです。

その後は、本格的に”裏の世界”で働くようになり!”ホステス”では物足りなくなったのか?あるいは、長続きしなかったのか?定かでありませんが、”風俗嬢”に転身を図り!「新宿~神戸~東京など」の”デリ〇ル店”へ勤務しながら、訪れた”男性客”を騙して「高額請求」を行いながら”ボッタくり”をしていたようです。

その頃も、”SNS”は続けていたことから!各店舗に出勤する際は、決まりごとのように自身のツイッターで、店の”宣伝”を含めた「現状報告」をされていたのです。


引用元【ツイッター(坂口杏里 )】

もちろん、その都度!坂口杏里さんの”アンチ”や”ネット住民”から「叩かれる始末」であったモノの、堂々と止めることなく続けていたのです。

ある意味では、その”精神の強さ”があれば「芸能界でも生きて行けたはずなのに・・・」と、感じた方が多く居たはずです。

そんな”波乱万丈”な生活を送っていた2019年度に、それまでの”経緯”は公に発表されておりませんが!以前に、”恐喝未遂容疑”で逮捕された時の「被害者男性であったホスト」の自宅マンションへ!勝手に”侵入”したとして、”家宅侵入容疑”で「再逮捕」されたことが明らかにされたのです。

なので、”再犯”でもあったことから!今回は、そう簡単に”一件落着”とは行かず、しばらくの間は「警察署のお節介」になる事が分かりました。


引用元【ツイッター(TBS NEWS )】


スポンサードリンク


◇ 芸能界復帰劇とは?


今では坂口杏里さんの”芸能人性”は、「波乱万丈の人生」であることは!誰の目から見ても間違いのない事実ですが、その中で「芸能界復帰」を考えたこともあったようで!その”足掛かり”として取り組んだ行動が、自身で手がけたバンド「杏里爆破」でした。


引用元【ツイッター(ちゃんすん )】

【なんと!】この”バンドメンバー”は、ご自身の公式SNS(ツイッター)を使って”人員集め”を行ったのであり!正式メンバーに決まったのが、男性三人と自身一名の「男女混合バンド」を結成したのです。↓↓↓

◇ ボーカル - 坂口杏里さん
◇ ギター  - ハルヒさん
◇ ドラム  - ヒロさん
◇ ベース  - 山田さん


但し、お察しの通り!”寄せ集めのバンド”でしたので!”クオリティー”に関しては、相当!”低い”モノでした(笑;)。

【実は!】このバンド、一度!フジテレビ系列で放送されてるドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」で、僅かな時間ですが紹介されたことがり、バンド内で”ヴォーカル”を担当していた坂口杏里さんの”歌声”が!あまりにも「酷かった」ことから!悪い意味で、全国区に広まってしまったのです。

もちろん、坂口杏里さんは「歌手デビュー」を果たしてはおらず!ただ単に、バンドのメンバーとして「歌唱していた」だけなので、その意味では集まった観客を満足できれば!それはそれで、周りがトヤカク言うものではありません。

その時の模様が、”動画サイト”へ残っているようです。↓↓↓




「趣味で結成したバンド」であったとしても、集めたメンバーの”演奏力”は「最低レベル(素人レベル)」であることは明らかであり【実は!】後に分かった事として、バンドメンバーを集める際の”基準”とは「イケメンであること」が条件であったらしく!担当楽器の”経験値”や、”バンド経験”の有無などは、一切!”参考”にされていなかった模様です。

なので【まさしく!】”寄り集め”のバンドであり!ある意味では、バンドの一番の”ネック”とは「ヴォーカリストの歌唱力の無さ」と言えるのでしょう。

“素人バンド”でも、ヴォーカリストに”歌唱力”があれば!通常は”バンド”として「成り立つはず」です。

“方向性”が定らないままの”芸能生活”を送っていた坂口杏里さんの”周囲”からは、このバンドで”勝機”を見つけて「前に進んで欲しいとの願いが強くあった」模様ですが、その期待には沿わず!バンド活動を諦めた後は、”芸能界”から離れて行きました。


スポンサードリンク


◇ 兄は慶応BOYで医師?


【実は!】坂口杏里さんには、”実父”である「田山恒彦」氏と!残念ながら他界された”母親”の「坂口良子」さんの間に生まれた長男「坂口直彦」氏がおります。

その兄は、坂口杏里さんよりも”二歳”年上であり!”名門”として有名な「慶応義塾大学」を、ご卒業されております。


引用元【ツイッター(NewSee [ニューシー] )】

【しかも!】大学の”医学部”に進まられ!大学卒業後の”現在”は「医師」として活躍されているそうです。

もちろん「どこの病院に勤めているのか」までは、明らかにされておりませんが!同じ”兄弟”の坂口杏里さんからは「想像も付かない立派な兄」が居るようです。

但し、よくあるケースとして!一方の”兄弟”が「優秀」の場合、決まって”片方”は「不良」になるパターンは、往々にしてあるモノです。

いちを、坂口杏里さんも!小学校から中学校までは、”お嬢様校”として有名な「成城学園」で学んでいたことは事実なのですが、その時から”成績”が「最低であったことも事実」であり!”大人”になっても変わること無く、本当の「おバカキャラ」を披露されているご様子です。

その意味では、”芸能界”に仕向けた母親の「故・坂口良子」さんの”思い(芸能活動)”とは「掛け離れた方向」に進まれたことは、間違いのない事実でしょう。

【しかも!】”芸能界引退”後は「風俗の道」へと進まれたのですから・・・。


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 映画

・ 2008年に、”MIRAI”によって公開された映画”トワイライトファイルV『Famille ファミーユ?フランスパンと私?』”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ MV

・ 2008年に、”ジェネオン エンタテインメント”が手がけた作品”グラドル千本ノック?巨乳軍vs美乳軍?”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2009年に、テレビ東京系列で放送された番組”音楽ば?か”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(万里慧 ??ホリエモンプロデュース《蝦夷マルシェ》代表 )】

◇ ラジオ

・ 2011年に、”レインボータウンFM”局が放送した番組”ぐらび屋”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2014年に、チバテレビ系列で放送された番組”発足!ギャル内閣”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ディピオ – Dhipio )】

◇ 舞台

・ 2014年に、”中目黒キンケロ”によって公開された舞台”発足!ギャル内閣”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

◇ 写真集

・ 2016年に、”講談社”が手がけた作品”What a day!!”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(cm-pr0225 )】

◇ 雑誌

・ 2019年に、”扶桑社”が手がけた作品”それでも、生きてく”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(三浦真香 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
野沢 瑞恵
読み
のざわ みずえ
生年月日
1991年3月3日
仕事
元タレント・女優
出身地
東京都
所属事務所
血液型
B型