元”レースクイーン”であり、その”業界”の大イベント「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」で!何度も”グランプリ”に輝き「大物クイーン」として名を馳せていた、タレントでグラビアアイドルの「青山めぐ」さん。

何やら?最近、今までに”経験”の無かった「バラエティー番組」に進出された模様で【しかも!】ほぼ”レギュラー出演”をされているとして、レースクイーンファンの間で!大きな旋風を巻き起こしている模様です。

青山めぐさん”30歳”の区切りの年に、新しい「分野の開拓」に!乗り出したご様子です。

その気になる「新しい分野」を含めて、青山めぐさんについて紐解いて行きます。


引用元【ツイッター(music.jp )】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 月曜から夜ふかしとは?
・ ボクシング凄いとは?
・ 結婚とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 月曜から夜ふかしとは?


その”業界”では、誰もが知る「超ビッグクイーン」であった青山めぐさんですが!その”功績”とは裏腹に、最近では「ご自慢の豊満なスタイル」を生かして!バラエティー番組などに数多く出演されて「引っ張りダコの人気ぶり」を見せているようです。

特に、ほぼ「レギュラー出演」を果たしている日本テレビ系列で放送されている”深夜”のバラエティー番組「月曜から夜ふかし」に出演されて、MCを担当する二人組(マツコ・デラックスさんと関ジャニの村上信五氏)から”セクシー実験担当”等と呼ばれて!男性の目を引く「お色気路線の企画」を担当されております。

番組”初出演”を飾った、記念すべき放送とは「太もも時計」と題した”企画モノ”で登場されて!ご自慢の、見事な!”足並み”に「ベルトの長い腕時計を装着された姿」を披露されました。

もちろん、”狙い”なのは分かっていたモノの!”清潔感”のある純白なスカートを、大胆にめくり上げて!ベルトの長い腕時計を披露すると、今にも「下着(パンツ)が見えるギリギリのシーン」を見せつけたのです。


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】

“初登場”の頃は、”今後”のことや!所属事務所の”NG”を気にかけて、然程「大胆なお色気具合を披露されていなかった」のですが、放送後【かなり!】の”視聴率”を稼いだらしく!放送回が増す度に、徐々に”エロ度”が「エスカレートしていった」のです。

【そこで!】今までの、青山めぐさんが見せた「セクシー実験」をまとめたモノです。↓↓↓

・2017年 7月25日放送分 ⇒ ストッキングで定規
・2017年 9月19日放送分 ⇒ 500円玉で落ちるジャージー
・2017年11月27日放送分 ⇒ 足元が見えないウエスト何cm?
・2018年 1月15日放送分 ⇒ サンタOKの煙突は何cm?
・2018年 9月10日放送分 ⇒ 蚊ダーツ
・2019年 1月28日放送分 ⇒ 乳首に見えるシリーズ「おせち料理編」
・2019年 4月 1日放送分 ⇒ ↑同シリーズ「ひな祭り編」
・2019年 4月30日放送分 ⇒ ↑同シリーズ「端午の節句編 」
・2019年 6月10日放送分 ⇒ 尻を使った盲牌?


2019年6月に放送された「尻を使った盲牌」では【ついに!】”エロ度”がMAXに達して「下着(パンツ)露出シーンの解禁」を、向けてしまったのです。

恐らく、この”コーナー”人気の上昇と共に!一部の”ファン”でしか知らなかった、”青山めぐ”さんの「知名度(存在)も一挙!に広まった」ことは間違いなく、その”人気ぶり”に押される形で!所属事務所側も「NGが出し難くなった」のでしょう。

ちなみに、青山めぐさんが現在所属している芸能事務所とは!モデル~タレント・俳優に至るまで!”超有名芸能人”を生み出している、大手芸能プロファクションの「プラチナムプロダクション」です。

その気になる”ビッグ有名人”とは、女優でタレントの「菜々緒」さん「おのののか」さん「筧美和子」さん「小柳ルミ子」さん「トリンドル玲奈」さん「中村アン」さん「若槻千夏」さんなど!錚々たる女性有名人が、多数!所属されているのです。


引用元【インスタグラム(nanao_official)】

男性陣では、ダンサーでニューハーフの「KABA.」ちゃん、俳優の「袴田吉彦」氏「金子賢」氏などが、所属されている事務所です。

【さらに!】「老舗プロダクション」と言っても過言では無い程の、日本の芸能界で「長い歴史を持つ事務所の一つ」であり!”業界内”では相当!「力(発言力)のある事務所」と捉えられており、所属タレントの”私生活”や”出演(仕事)内容”には、特に「注意を払っている」と思われます。

なのに、元「大物クイーン」としてご活躍された”青山めぐ”さんの扱いを見ると【まるで!】「”捨て駒”のような扱いをされている」と、思われてもおかしくないシーンを連発させており!当初は、一部のファンの間で「物議が交わされていた」のです。

その後、”出演回数”が増えると!青山めぐさんの”出演時間”も長くなり初めて、”特集”まではいかないモノの!ある時、放送された番組内では!普段は「コミュニケーションを取るシーン」などは、一切!見せる機会が無い”スタッフ”との「話し合っている模様を捉えたシーン」が放送されて、ご本人の”同意”のもとで「番組が構成されている」ことが明らかになると!ファンたちも、落ち着きを見せたようで、逆に「番組を支持するように切り替わった」のです。

そのため、今では!青山めぐさんの”出演”が分かると「根強い番組の”男性ファン”を中心に、視聴率が急激に上がるようになった」そうです。

つまり、”番組側”と”ご本人”と”事務所”とが「WIN&WIN」の関係にある模様です。


スポンサードリンク


◇ 小中高校は


青山めぐさんは1988年9月28日生まれの31歳(2020年)で、ご出身は「埼玉県」です。

ご出身の”埼玉県”にあるご自宅で、ご両親と弟と妹の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、青山めぐさんも(埼玉県)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二歳年下の弟”と”五歳年下の妹”がいて、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

生まれ育った埼玉県の”入間市”とは、都市圏付近ではあるモノの!自然豊かで空気が綺麗な県内で育ち、小学時代から「柔道」に取り組んでいたそうです。

また「”弟妹”思いの姉であった」らしく、弟妹たちが”イジメ”られた時には、得意の”柔道”で応戦されたようです。

ご両親の”職業”や実家の”形態”など、一切!分かっておりませんが、昔から「エキゾチックの香りがする風貌は、変わっていない」とのことなので、”ご両親”の一方!あるいは、両名が「外国人とよく勘違いされていた」らしく!青山めぐさんを「ハーフ」と思っている方が多く居るようです。

しかし、実際は!紛れもない、埼玉生まれ育ちの「生粋の日本人」なのです。

”柔道”で体を鍛え上げた小学時代を終えると、中学校も地元の埼玉県にある”入間市立藤沢中学校”にご入学されました。

中学校時代の”情報”も、ほとんど”皆無状態”なので!詳しいことは分かっておりません。

但し、小学校と同様に”柔道”には打ち込んでおり!学校の「柔道部」に入部していたそうです。

その当時から、既に「エキゾチックな風貌を兼ね備えていた」ことから!”練習”する男性柔道部の「威嚇に役立っていた」そうです。

今の”スタイル”から見ても分かる通り!”腰回り”の筋肉や”腹筋”が発達している”お姿”を見る限り、きっと「背負投げ・体落とし・一本背負い・袖釣込腰」などの「”投げ技”が得意であった」可能性が高いでしょう。

【さらに!】”スタイル”も「スポーツ選手向きな体つき」をされいるため【かなり!】”運動神経”が良かったそうです。

”男性”も交えての「柔道の練習」に励んだ中学時代を終えると、高校も地元の埼玉県にある”所沢西高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

この学校では、”部活動”が非常に盛んであり!運動部や文化部が、様々設けられております。

青山めぐさんにとっては、高校時代も”柔道部”に入部されておりますが!この高等学校では「女子選手の育成にも取り組んでいる」ことから、同じ”畳の上”でも「男女別々の方針で練習をされている」とのことです。

なので、今まで以上に「練習に集中できる環境」に、恵まれたのです。

但し、それが”狙い”で!この高等学校を選ばれた可能性も否めません。

元も”スタイル”が良く、”運動神経”も優れていたことから!部活の大会がある時は、必ず”団体戦”の「レギュラー」に選ばれて「主力選手としてご活躍されていた」そうです。

現在の”体つき”から推測すると!恐らく、”中堅”~”副将”あたりの「試合を左右するポジションを担当していた」と、想像がつきます。

なので、”個人戦”でも【かなり!】「上位の順位」まで、進んでいたことでしょう。

柔道は、高校在学中の”二年半”は!最後まで続けたはずなので、もし”中学校時代”に「初段」を取っていれば、この時は「二段」を所得されたはずです。

”柔道”に取り組んだ高校時代(学生時代)を終えると、大学には進学せずに”社会人”となり!都内で”OL”として、働き始めます。

その後、”モデル業界”に入るキッカケとなるのが!当時から、青山めぐさんの”ファッションセンス”や”ルックの良さ”を知っていた「知人」が、彼女が”22歳”のOL時代に!レースクイーンの「オーディションへの参加を促してくれたこと」からなのです。

その時の”結果”までは、分かっておりませんが!イベントに参加したことで、”レース場”に足を運ぶ様になり、レースが開催される度に!レースクイーンとして登場されて、会場に駆けつける「レースクイーンファンの撮影」に応じたりしながら、各社自慢の「チームカーのアピール」に!大きく貢献されました。

特に、2012-13年に開催された”SUPER GT”の「SUBARU BRZ R&D SPORT」では!チームのレースクイーンとして参加されて、毎年!年末~翌年にかけて行われるレースクイーンたちの祭典「レースクイーン・オブザイヤー」にエントリーされると、見事!そのシーズン(12-13年度)の「レースクイーン代表」として表彰されて、レースクイーンの「トップ座」に君臨されたのです。


引用元【ツイッター(レスポンス )】

ちなみに、このイベント(レースクイーン・オブ・ザ・イヤー)に表彰されて!今でも、芸能界で活躍されている”知名度”の高い人物とは、タレントの「森下千里」さんや「菜々緒」さん等です。

その後、”芸能界”にも進出し始めると!芸能事務所大手の「プラチナムプロダクション」に移籍されて、しばらくの間は”レースクイーン”と掛け持ちしながら!”メディア出演”の準備を行い始めるのです。

現在では「レースクイーンのお姿」を、拝見する機会が無くなりましたが!たまに出演される、テレビ番組の中で見せる”水着姿”は【まさに!】当時を彷彿とさせる「エキゾチックなルックス・スタイル…など」を披露されて!中高年男性や以前からの根強いファン【さらに!】モデルファンたちから、今でも支持を受けながら「グラビアアイドルへと生まれ変わった」ご様子です。

なので、現在の”仕事”のスタンスは「タレント業がメイン」に成りつつあり!たまに”グラビア誌”の撮影に応じることもあるそうですが、”メディア”で見かける方が断然!多く成り始めました。


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】


スポンサードリンク


◇ ボクシングが凄いとは?


青山めぐさんは、”元レースクイーン”として!ご活躍された「レースクイーンの女王」と呼ばれるほどの”ルックス”や”スタイル”を兼ね備えた女性ですが、その一方で「体を動かすのが大好きな女性」でもあり!学生時代は【なんと!】武道の「柔道部」に入部されていたのです。

なので、青山めぐさんの”スタイル”を見る限り!”張りと艶”のある「筋肉」が素晴らしく【さらに!】柔道で鍛え上げた「下半身(腰周り)」は、単なるファッションモデルとは一味違う「お尻が立った引き締まった形」を、されております。


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】

男女共に、”運動(スポーツ)”などで鍛え上げた”お尻”とは!”脂肪”が付き難く、そのため「筋肉の張りが目立つ」ことから、お尻が立っているように見えるモノです。

逆に、”筋肉”の無いお尻とは!”脂肪”が付き易く【しかも!】その”脂肪”を「持ち上げる力が無い」ことから、お尻が”垂れ下がった”様に見えるのです。



引用元【サイト(ハルの美容学)】

また、”柔道”で鍛え上げた「筋肉」とは!他のスポーツと比べても、筋肉の”質”や”付き方”が!全く違うため、稽古を真面目に取り組んだ”柔道家”には!独特な「柔道筋」と呼ばれる「質の良い筋肉」が、自然に身に付くモノです。

青山めぐさんは、学生時代(小学校~高校)から相当!「柔道に打ち込んでいた」らしく、全身の”スタイル”はもちろん!恐らく「精神的にも磨きが掛かっている」はずです。

【さらに!】黒帯(昇段者)を所持されており、数年間!柔道に取り組んでいたことから、少なくても「初段」あるいは、高卒まで続けたのなら「二段」の資格を得ているはずです(柔道名門校などによって”昇段方法”が違う)。

青山めぐさんが”進学”された高校とは、埼玉県の”所沢西高等学校”のご出身であり!こちらの”女子柔道部”は「地区・県大会、インターハイへの出場経験がある強豪校」として有名です。

現在の”スタイル”と「当時のスタイルが同等か」は定かでありませんが、現在の”身長”や”体重”を見る限り!恐らく、”立ち技”は「羽技」よりも「担ぎ技」が得意であった!と、予想が付きます。

“羽技”とは、”長身”の方に適している技であり「払い越し・内股・大外狩り…など」のことです。

一方、青山めぐさんの場合!女子選手としての身長が”163”cmクラスなので「軽量級~軽中量級が一般的」であり!”中”身長だと、”担ぎ技”を得意とする選手が多く「背負投・一本背負・体落し…など」の技を扱う選手が多いのです。

なので、現在の青山めぐさんの「体格や筋肉質の姿」を見る限り、”安定感”のある腰周り!あるいは、張りのある”腹筋”や”背筋”【さらに!】体の”柔軟性”に優れていること!などが「特徴的」なので、学生時代から相当!”柔道の鍛錬”に力を入れていた様子が窺えます。

【そこで!】”本題”の「ボクシングの話」に戻ると(笑;)、今の”トレーニング方”は「柔道の練習」では無くて「ボクシングを取り入れた方法」を”メイン”に行っているらしく!「鍛える」よりも「強くなる」を心がけているご様子です。

なので、今ではスッカリ「青山めぐ=ボクシング」の”イメージ”が強くなっているのですが、”表舞台”では「あまり見かけなくなった彼女」なのに、なぜ!”ボクシング”のイメージが強くなったのでしょう?

【実は!】ご自身の公式SNS(インスタグラム)にて「ボクシングの練習風景のショット」を、多数!投稿されており、ショット好きな”男性ファン”や”女性たち”の中で「体系を意識し始める20~30代世代に、最も注目されているから」なのです。

また、現在は「キックボクシング」にもハマっているらしく!足の「筋力アップ」にも、励んでいるそうで!”キックボクシング”に関しては、以前に!ご自身が出演された日本テレビ系列のバラエティー番組で、その姿を見せながら詳しく語られておりました。

なので、それも大きな”要因”につながり「青山めぐさ=キックボクシング」としての”知名度”が!大きく広まっているのです。


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】


引用元【インスタグラム(megu_19880928)】


スポンサードリンク


◇ 結婚とは?


青山めぐさんは、現在「30歳(2019年)」なので「結婚適齢期」と言えます。

しかしながら、残念なことに「ご結婚」をされていませんし「子供」も居りません。

ちなみに、現在は「彼氏募集中」とのことです(笑;)。

本来ならば、今までは!”レースクイーン”として「一部の業界では有名であった」モノの、表舞台の”芸能界”では!ほぼ「無名のタレント」として売れてはおらず、彼氏の一人や二人居ても「誰にも騒がれずに静かな交際が出来る環境」に、あったはずです。

【なのに!】最近では、”メディア業界(表舞台)”に進出してしまったことから!バラエティー番組などへの「出演オファー」が増え始め!時折、お目見えする機会が増え始めたことから!”知名度”が広まり”人気”が急上昇したことで「恋愛どころの話では無くなった」のです。

つまり、日に日に「結婚のチャンスが遠のいている現実」なのです。

一時は、お笑いコンビ「しずる」で!”ツッコミ”を担当している「池田一真」氏と、”ネット配信番組”での収録中に「手をつないでいる」等と話題を呼び!それを見た”視聴者たち”の間で「彼氏説・交際説・熱愛説…など」の”噂”が生まれたらしく!それが”ネット界”へも浸透したことから、一時的に大きな反響を呼んだこともありました。


引用元【インスタグラム(yoshimoto_makuhari)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 雑誌

・ 2013年に、”造形社”が手がけた作品”カスタムバーニング”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2014年に、テレビ東京系列で放送された番組”一夜づけ”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ CM

・ 2014年に、”キリンビール”が手がけた企業CM”スミノフらしさ全開編”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ DVD

・ 2014年に、”イーネット・フロンティア”が手がけた作品”Primeria”がリリースされ「DVDデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(相互フォロー@夢実現 )】

◇ テレビドラマ

・ 2015年に、フジテレビ系列で放送された番組”問題のあるレストラン 第6話”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(?????? 尾陽 )】

◇ 映画

・ 2015年に、”東宝”によって公開された映画”暗殺教室”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2016年に、”東京芸術劇場”によって公開された舞台”BURAI~女王陛下は武士がお好き~”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(山﨑雅志 )】

◇ ネット番組

・ 2019年に、Abema系列で放送された番組”極楽とんぼのタイムリミット”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(どらごんふらい12 )】

◇ ラジオ

・ 2019年に、”MBS”局が放送した番組”オレたちゴチャ・まぜっ!?集まれヤンヤン?”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(三浦優奈 )】

◇ MV

・ 2019年に、”N.U.D.E”が手がけた作品”WOOGIE BOOGIER feat.CYPRESS UENO & COMA-CHI”がリリースされ「MVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(ドワンゴジェイピーnews )】

◇ 写真集

・ 2020年に、”ワニブックス”が手がけた作品”Megu2020″がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(青山めぐ )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
青山 めぐ
読み
あおやま めぐ
生年月日
1988年9月28日
仕事
タレント・レースクイーン・グラビアアイドル
出身地
埼玉県
所属事務所
プラチナムプロダクション
血液型
A型