女性では珍しい「天性の野球センス」を兼ね備えた”女性球児”として【突如!】芸能界に登場し、各分野から多くの注目を集めて、野球で培われた「小麦色の健康的なお肌」と!抜群の「スタイル」で多くの男性ファンを虜にしてきたタレントの「稲村亜美」さん。

何やら?最近、最も得意とする野球の”バッテング”からゴルフの「スイング」に切り替えたらしく!”衛星波”で放送されているゴルフ番組の「ゴルフ女子ヒロインバトル」に出演されて、多くの男性ファンやご自身のファンたちを魅了しているご様子です。

特に、”鍛練”されたスタイルから繰り出される「スイング」には!”プロ”も顔負けの「力強さ」が感じられ【さらに!】着用する”ゴルフウエア姿”でも、”一流モデル”並みの「長身(173cm)」と”運動”で鍛え上げた「超美脚」を兼ね備えていることから「スタイリッシュで貫禄の姿」で登場された模様です。

また、”長身”であるが故に!着用した”ゴルフ用スカート”が、あまりにも「ミニサイズに見えた」ことから!多くの男性たちやゴルフファンを虜にされたご様子です。

その気になる”ゴルフ情報”も含め、稲村亜美さんいついて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(inamura_ami)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 腕力がヤバいとは?
・ 熱愛彼氏とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


稲村亜美さんは1996年1月13日生まれの23歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、稲村亜美さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”兄が二人”居り、ご自身は末っ子の「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼い頃から、非常に「健康的な少女であった」らしく!”運動”好きで賑やかな子供であったことから、あまり親の手を”煩わすこと”が無かったそうです。

兄妹は”二人の兄”が居り、とても「妹思いの兄であった」ことから!一緒に遊ぶことが多く、それが大きな要因なのか?”男勝り”の気質(性格)は「この時代に培った」ようです。

その兄の影響から、小学校時代に入ると”野球”を始めたらしく!元から”運動能力”は高く【しかも!】男勝りの”気質(性格)”であったことから、すぐに”頭角”を現し初め!男子に勝る活躍ぶりを見せていたそうです。

但し、通っていた”学校名”や学校での”生活様子”などは、一切!分かっておりません。

”女子”でありながら「野球」を始めた小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”日出中学校(現:目黒日本大学中学校)”にご入学されました。

この”中学校”の正式名称は、2019年度から”目黒日本大学中学校・高等学校”へと改名されて!その名の通りの「中高一貫教育」であるため、中学校に入学できれば高等学校までは!学校の内部審査のみで「エスカレート式」で進学(進級)することができます。

【しかも!】”学校法人目黒日本大学学園”が運営する学校であるため”幼稚園”も併設されており、”幼少期”からこの学園で「お世話になる子供たち」も多いようです。

稲村亜美さんは、この中学校に「ご入学された」との情報が”有力”でありながらも(進学(進級)した高校から見て)、なぜ「この中学校を選んだのか?」は疑問な部分があります。

なぜなら、稲村亜美さんは小学校一年生から”野球”を始めており!”男子”に勝らぬ活躍をされていたことから、”野球”を優先して「学校を選択するのが一般的な考え方」のはずです。

なのに、この中学校には”野球”を行う施設はあるモノの、”野球部”ではなく「野球同好会での活動」であり!”女性”でも「入りやすい同好会」ではあるモノの、その”実力”やら”活動の規模”などは、稲村亜美さんの”レベル”には「そぐわない環境」と言えます。

そんため、その辺の”事情”が曖昧であるため!本当に「この学校に通っていたのか」は、疑問が残るところです。

但し、”一説”には!学校での活動では無く「地元のシニアリーグに所属していた」との情報もあるので、それが事実なら!”実力”を発揮するにも申し分ないし、学校がどこであれ!野球を行う”環境”にも「問題が無かった」と考えられます。

そうなれば、この”中学校”を選んだ理由として考えられることは、自宅近所にある”学園”であり「幼少期から既にお世話になっていた」可能性が否めなくなります。

いずれにしても、中学校時代も”野球”は続けており!三年生まで辞めること無く、”引退”まで「真面目に練習を熟していた」模様です。

そのため、野球を”引退”した中学校三年生の時に!詳細は分かっておりませんが、”芸能事務所”から「スカウト」を受けたらしく!高校進学(進級)で忙しい最中!芸能人(タレント)との「二足の草鞋」を履く事となります。

野球に”青春”を捧げた中学時代を終えると、高校も地元の東京都目黒区にある「系列校」の” 日出高校(現:目黒日本大学高等学校)”の「芸能コース」にご入学されました。

この高等学校の課程は「全日制と通信制」の”男女共学”であり、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”コース別”となっており「進学コース、スポーツ・芸能コース」の二科が設けられております。

また、”通学期”も一般的な「三学期制」を導入されているご様子です。

先にもお知らせした通り、この学園は「中高一貫教育」であるため!中学校に進学できれば高校までは”エスカレート式”で進むことができますが「完全制」では無いので!高校からの”外部入学”も行っているそうです。

つまり、今となっては「芸能人が多く通う学校」として有名になった”高等学校”の一校ですが「芸能活動が厳しい高等学校に入学した」あるいは「学校に入ってから芸能人になって困っている…など」の、悩みを抱える生徒たちの「受け皿的学校としての教育方針」で運営されているため!”通信制”や”芸能コース”などを設けたり、”中高一貫校”でありながら!高校入学時から「生徒を受け入れたりする改革」を、行った模様です。

但し、稲村亜美さんの場合は”系列校”としての進学(進級)でありつつも!中学校三年生の時から「芸能事務所に所属していた」ことから、普通科の「芸能コース」に進学された模様です。

もちろん、高校時代も!小学校から活躍をされていた”野球”を続けることも可能でしたが、”芸能事務所”への所属をキッカケに「野球とは縁を切った」ようです。

なので、高校一年生の時から”芸能デビュー”することが決まっており!芸能活動に専念する意味を含めて、”芸能コース”を選択されたと思われます。

【すると!】早速、仕事が決まり!一年生の終わり頃に、”池袋シアターKASSAI”で公演されたアリスインプロジェクトの舞台「パラダイスロスト」に出演されて、自身初となる「舞台デビューや女優デビュー」を飾ります。

【さらに!】高校二年生になった5月には、立て続けにアリスインプロジェクトの舞台「ワールズエンド・ガールズスタート」に出演をされて、”女優”としての経験を!更に積み重ねて行きます。

なので、この時点までは誰もが「女優(役者)になるモノだ」と思っていたに違いありません。

高校二年生の終わり頃には、””便秘薬剤”でお馴染み!大正製薬の「コーラック」の”企業CM”に出演されて、自身初となる「CMデビュー」を飾ると共に、徐々に”メディア”での活動を増やして行きます。

高校三年生に入ると、”写真週刊誌”でお馴染みの「FRIDAY」を発刊されている会社の「講談社」が、毎年開催していた女性アイドルオーディションの「ミスiD」に参加されて、見事!”準グランプリ”を獲得されたことから、”グラビアアイドル”としての活躍も期待されるようになります。

芸能活動を”順調”に続けた高校時代を終えると、大学に進学をされて!東京都世田谷区にある”国士舘大学”の「21世紀アジア学部」にご入学をされます。

一般的な大学でも、聞き慣れない(馴染みの浅い)”学部”ですが!21世紀を担うための”学生作り”のために設けられた学部のようです。

なので、今のところは!然程「偏差値」は高くなく(38)、その”道”に「興味のある学生」ならば!誰でも入れる程度の”レベル”のようです。

但し、この”学部”には「アジア社会コース・文化コース・ビジネスコース」が設けられておりますが、稲村亜美さんが”どのコース”を選択されたのか?までは、分かっておりません。

大学に進学をされてからも、積極的に芸能活動を行っており!二年生の時に出演された”トヨタ自動車”の企業CM「G’s Baseball Party」では、街中を”軽快”に駆け巡る「G’s(G SPORTS)車の姿」のような、”老若男女”問わずに誰もが!街中で”軽快”な「野球プレイを行っているシーン」が映し出され!”新車”の魅力をアピールすると同時に、その「演出内容」に多くの注目が集まります。

その中での”シーン”の一人として、”紺白色”の「OL風スーツ姿」で登場したのが稲村亜美さんであり!他の”女性役者たち”が見せていた「へっぽこバッティングスタイル」とは、比べモノにならない程の「完成度の高いバッティングフォーム」を披露したことで、一挙に!注目を”独り占め”したのです。



引用元【サイト(YouTube)】

【すると!】そのシーンを初めて見た視聴者からは「あの子は誰だ!スイングが神がかっている!美女バッター!ナイスなスイング…など」の声が湧き上がり、”歴代”のトヨタCMの中でも空前の”大ヒット”を記録し【さらに!】最高動画再生数を誇ったのです。

稲村亜美さんも、ご自身の公式SNS(ツイッター)で以下のコメントを投稿されております。


引用元【ツイッター(稲村亜美 )】

【すると!】お望み通り、この”企業CM”をキッカケに!次から次へと「野球関連の仕事」が舞い込むようになります。

その後は、人気の上昇と共に!バラエティー番組などに出演されて、ご自慢の「バッティングフォーム」で観客を圧倒したり!端正な”ルックス”を生かしてテレビドラマに出演されたり!柔らかな”語り口”が特徴的でもあったことからラジオに出演されたりと【まさに!】”文芸両道”の大学時代を過ごします。

その後、2018年の3月に!無事に大学をご卒業されて社会人となり、以前よりも増して芸能活動に慢心するようになります。

“本格的”に芸能活動をスタートさせたその年に、国土交通省が自転車活用推進本部を設けて行っている「自転車アンバサダー」の”任命”を受ける事となり!自身の”明るさ”や”元気印”を生かして、自転車の「魅力や楽しさ」を伝える役目を担うことになります。


引用元【ツイッター(サイクルスポーツ【公式】 )】

しかし、”元気印”が売りの稲村亜美さんでしたが!同年の11月に、”任命責任”を果たすためにも”自転車”で帰宅すれば良かったモノのを「徒歩で帰宅した」ことから、思わぬ「骨折の災い」に遭遇されてしまいます。

それによれば、帰宅中の街角で【突然!】左足首を捻った勢いで転び、その”勢い”のまま「腓骨を骨折した」そうです。

詳しい”症状”などは、公開されませんでしたが!その”ケガ”により「手術をした模様」なので、”軽症”では無かったことは、間違いありません。

そんな”ドジぶり”も、たまに見せる「天然混じり」の稲村亜美さんですが(笑;)最近では、”初心”に戻ったのか?スポーツ番組を中心に、多くの”メディア”や”雑誌”に登場されて”ご活躍ぶり”を披露されております。


引用元【インスタグラム(inamura_ami)】


スポンサードリンク


◇ 腕力がヤバいとは?


今ではスッカリ!多くの”スポーツ関連”のバラエティー番組やトーク番組には、欠かすことの出来ないタレントに成長された稲村亜美さんですが、生まれ持った「天性的な運動能力」が!いったい「どの位なモノ」なのか、非常に気になるところです。


引用元【インスタグラム(inamura_ami)】

もちろん、”天性的”とは行っても!ご自身の「努力が生んだ筋力やスタイル」であることに間違いは無く、毎日の”基礎トレーニング”や”ストレッチ”を欠かさずに行っているそうです。

そのため、稲村亜美さんの場合!運動による”基礎代謝”がシッカリと行われていることから、”肌艶が”良く!見るかに「健康体」であることが分かるので、恐らく!”薄化粧”でも十分に「美しさを保っている」ことが理解できますので、その意味では”一般の女性たち”からすると「羨ましい限り」と言えるのでしょう。

そこで”本題”である!あの「見事なバッティングフォームや投球フォーム」を生み出している”腕力”について注目をすると【なんと!】”右”が「35kg」で”左”が「32kg」とのことです。

つまり、当たり前の話ですが!”利き手”の方が「若干強い」ご様子です。

ちなみに、稲村亜美さんの”ご年齢”である「20代」の一般的女性の”平均握力値”とは「28.16~28.38kg」なので【いかに!】”超人的美女”であるのか!を物語っております。

【しかも!】女性の平均値のMAXである「29.24kg」は、”年齢”から見ると「40~45歳」を示しており!”握力”の強さも然る事乍ら!若い段階で既に「MAX値を遥かに超えている」ことから考えると、将来!同じ”年代”となった時に、どの位まで伸びのか?非常に楽しみです。

また、”腕力”の強さと比例するように「腕相撲も相当!強い」らしく!稲村亜美さんの”最盛期”には、一時!その”話題”で、ネット界が大いに盛り上がったことがありました。

以前は、たまにプロ野球の”始球式”に登場されて!バッティングだけでは無く「ピッチング」も披露されて、会場を大いに盛り上げておりましたが!そこでも、見事!な”ノーバンド・ストライク”を決めると共に【なんと!】時速「100kmを軽く超す猛スピードの投球」を見せておりました。

普通の”男性”でも、そもそもプロ球場の”マウンド”から”キャッチャーミット”まで届くのが精一杯のところを【なんと!】”女性”でありながら「猛スピードの投球」を披露されているご様子です。





“豪速球”を投球するには、当然!”腕力”が強いだけでは実現をすることが出来ず!腕”全体”の力や”しなやかな”腕の振りが要求されるモノであり!その意味では、”腕相撲”が強いことに納得できます。

【実は!】稲村亜美さんは、小学校時代から”野球”に取り組んでおりますが!中学校時代からは「ピッチングにも力を入れていた」そうです。

つまり、学生野球で”お決まり”の「エースで四番」の実力を、兼ね備えていたようです。

「芸は身を助ける」ではありませんが(笑;)端正な”ルックス”やモデル級の”スタイル”だけでは無く!話題性(スター性)も作り上げたのは、ひとえに!”若い頃”に頑張った”野球”に「恩恵を受けた形」のようです。


引用元【インスタグラム(inamura_ami)】


スポンサードリンク


◇ 熱愛彼氏とは?


“トヨタ”の企業CMから生まれた「神スイング」として、抜群の”プロポーション”と”幼さ”を感じさせる「童顔」で!世の男性たちを虜にしてきた稲村亜美さんですが、最近では”20代中盤”を向かえてドンドン「大人の女性化」されていることが窺えます。

そこで、根強いファンにとって一番!気になるのが「熱愛彼氏」問題ではないでしょうか?

しかし、ご安心下さい!2020年現在では、そのような”噂”が全くありません。

以前は「彼氏が居る」とか「キスをしている」とか「彼氏とツーショット写真がある」などの”噂”が飛び交った時期もありましたが、それは”新人タレント”への「洗礼」のようなモノであり!”健全性”と”健康体”を売りにしている稲村亜美さんにとっては、全く「無関係なモノ」でした。


引用元【ツイッター(aomori放送局@生活情報 )】

【実は!】稲村亜美さんが語っている”好きな男性”のタイプとは「面白くて笑いのツボ(沸点)が同じ性格の持ち主」とのことなので、上記の”記事(ショット)”で捉えられている”男性”と「雰囲気がマッチしている」ことから、そのような”噂”が広まったご様子です。

しかし、この”ショット”に写っている人物とは!二人居る兄の”一人”なのです。

もちろん、学生時代には「色恋の一つや二つ」あったのかも?知れませんが、少くなくても”野球馬鹿”でしたので「片思い程度に収まっていた」はずです。(笑;)

今では”神スイング”だけでは無く「大人の魅力」を醸し出し初めておりますので!そろそろ「スキャンダルのネタ」が浮上しても、おかしく無い程の”人気ぶり”を見せておりますが!今のところ、ご本人は”恋愛”に対して「興味が無さそう」なので!もうしばらくは、”熱愛彼氏”の存在で「世間をザワつかせること」は無さそうです。


引用元【インスタグラム(inamura_ami)】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ 舞台

・ 2012年に、”シアターKASSAI”によって公開された舞台”パラダイスロスト”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(北川昌弘 )】

◇ テレビ番組

・ 2013年に、テレビ朝日系列で放送された番組”全力坂”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(稲村亜美 )】

◇ CM

・ 2013年に、”大正製薬”が手がけた企業CM”コーラックファースト ピンクの小窓”に出演され「CMデビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2014年に、フジテレビ系列で放送された番組”昼顔?平日午後3時の恋人たち?”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(稲村亜美 )】

◇ 雑誌

・ 2014年に、”スクウェア・エニックス”が手がけた作品”ヤングガンガン”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(小林 司 )】

◇ ネット番組

・ 2015年に、ニコニコ生放送系列で放送された番組”話せるスポーツニュース スポヲチ”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(千葉ジェッツふなばし@ブースタークラブ会員募集中 )】

◇ ラジオ

・ 2015年に、”MBS”局が放送した番組”MBSベースボールパーク番外編”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ PV

・ 2017年に、”RYO”が手がけた作品”HOMARE”がリリースされ「PVデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(藤田麻衣子 )】

◇ 写真集

・ 2017年に、”小学館”が手がけた作品”どまんなか”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(みくちゃん (相互・フォロバ100%) )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
稲村 亜美
読み
いなむら あみ
生年月日
1996年1月13日
仕事
タレント
出身地
東京都
所属事務所
浅井企画
血液型
A型