元AKB48のメンバーで、”チームK”を代表するメンバーの一人として活躍し!惜しまれながらも2016年4月に48グループからご卒業をされたタレントで女優の「宮澤佐江」さん。

何やら?2020年7月に、テレビ朝日系列で放送されているバラエティー番組「しくじり先生」に出演された時の衣装姿「セーラー服のシーン」を、そのままご自身のインスタグラムに投稿されたとして、大きな反響を呼んでいる模様です。

宮澤佐江さん「三十路」を目の前にして、久々の「セーラー服」を着用されたご様子です。


引用元【インスタグラム(sae_3830)】

“更新”されたインスタグラムでは、メッセージで「三十路の制服はやっぱりなんか恥ずかしくって目線外しがち」と綴っており、久々の”セーラー服姿”に!少し”照れている”様子が窺えるコメントを残された模様です。

続けて「最後の写真がありの~ままの~私。少しも寒くないわ…など」と書き記し、”五枚”のショットと共に!セーラー服で”はしゃいでいる姿”を披露された上で、ディズニーアニメ「アナと雪の女王」の楽曲から「下りを真似たコメント」を、投稿されました。

「少しも寒くないわ」のコメントに対して、ファンやフォロワーたちからは「友達になって一緒に学校行きたい・全然似合いますよ!!・ぜんぜんイケてるよ!・制服姿似合ってます…など」と【まさに!】”寒くない”様子が窺えるコメントが、多数!投稿された模様です。

その、気になる”セーラー服姿”や芸能界”復帰”の経緯などについて、宮澤佐江さんを紐解いて行きます。



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 芸能界再開とは?
・ ピーターパンとは?
・ 兄からの手紙とは?
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


宮澤佐江さんは1990年8月13日生まれの29歳(2020年)で、ご出身は「東京都」です。

ご出身の”東京都”にあるご自宅で、ご両親と兄の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、宮澤佐江さんも(東京都)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので!詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二人の兄”が居り、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

ご両親の”職業”や”ご実家”の状況などは、分かっておりませんが!年上の”兄”が二人も居たことで、幼い頃から相当!”元気”な少女であったとのことです。

その”証”ではありませんが、”スクスク”と育った様子が窺える「秘蔵のショット」を、ご自身の公式インスタグラムに投稿をされております。


引用元【インスタグラム(sae_3830)】

【さらに!】二人の”兄たち”とは【かなり!】「仲が良かった」らしく、その模様も!ご自身のインスタグラムで、ご紹介をされております。


引用元【インスタグラム(sae_3830)】

なので、小学校時代も相当!”明るく”育ったことは間違いありませんが、成績や学校での様子・部活動や習い事などの情報が無いので、詳しいことは分かっておりません。

”地元”の学校と思われる!小学時代を終えると、中学校も地元の東京都にある”渋谷区立笹塚中学校”にご入学されました。

そのため、”小学校”も地元の「渋谷区内」にある学校に通っていた可能性が極めて高いです。

中学校時代の”前半期”までの学校生活などは一切、分かっておりませんが!中学校三年生の2005年7月に行われた、アイドルグループAKB48の「オープニングメンバーオーディション」への応募を試みますが、”書類応募”が間に合わずに!一度”断念”をされます。

しかし、翌年の2006年に行われた「第2回AKB48追加メンバーオーディション」に応募されて、見事「合格!」を飾り!AKBグループ「第二期生」としてメンバー入りを果たしました。



引用【ブログ(増田有華official)】

残念ながら、”一期生入り”を逃したことは相当!「悔しかった」と後に語っておりますが、その後の「チームKでの躍進劇」は、恐らく!そのことがあっての「反骨精神のおかげ」と、言えるのでしょう。

中学時代にギリギリで、AKB48入り(アイドルグループ入り)を果たした中学生活を終えると、高校は”北海道深川市”に拠点を構える、”クラーク国際高校”の「関東キャンパス」のどこかに、ご入学されました。

この高等学校の”関東キャンパス”とは「東京・秋葉原・横浜・横浜青葉・厚木・千葉…など」に、学校が設けられておりますが、いずれも”通信制”のため「通っていた学校」は定かでありません。

この学校は【まさに!】「著名人たちの高校」と呼んで相応しい程の、多くの”有名人”たちを輩出させている”通信制”の高等学校です。

なので、特に”学科試験”や”内申書”などは一切!必要無く、”軽い”入学試験さえパスできれば誰でも入学することが可能です。

宮澤佐江さんは、中学校ギリギリで!アイドルグループ(AKB48)に加入されたこともあり、実際に”活動”がスタートしていたことから「普通の高校生活は厳しい」と判断されたらしく!”通信制”である、この高等学校を選んだご様子です。

既に、”入気”が上昇中のアイドルグループ(AKB48)であったことから!高校時代に入ると、”学業”よりも「芸能活動を優先」するようになって行きます。

ある程度”メンバー”が増えた、その後のグループ内では「チーム別」に分かれることが決まり!自身たちの”メイン劇場”である「秋葉原劇場」で行われる公演では「A・K・B」チームに別れた「日替わり公演」がスタートするのです。

その中で、宮澤佐江さんは「初代チーム”K”のメンバー」となり、同年4月に初公演を向かえました。

また、同年10月にリリースされたメジャーデビューシングル「会いたかった」で、自身初の「選抜メンバー」入りを果たし、本格的に”アイドル人生”のスタートを飾ります。

その当時は、”全国的”にAKB48の「人気が高く無かった」ことから、連日行われるAKB48の秋葉原劇場には、概ね”ヲタク”の皆さんばかりで!一般の方はチラホラ程度しか見られずに、グループの”活動拠点”のメインは「劇場公演のみ」でした。

なので、”日替わり公演”となった後は!徐々に”チーム対抗戦”となり始めて行き、その影響で”ファン”たちの「様相も変化」を見せ始めて、”元祖AKB”のイメージが強い「チームA」、”体育会系”的なイメージの強い「チームK」、”可愛い系”的なアイドルが集まった「チームB」と、ハッキリ別れ始めたことから!ファンたちの間でも、各チーム内の”誰”を応援するか?を示す「推しメン」と言う言葉が、この頃から流行り始めたのです。

その中でも、特に!”体育会系”が揃った集団「チームK」は、男女問わずにファン層が厚く!その当時のアイドルとしては珍しい「激しいダンスに拘ったアイドル」として、多くのAKBファンから支持されておりました。

特に、チームを”代表”する「目立った存在」と言えば!初代キャプテンを務めた「秋元才加」さん、絶対的AKBのエース「大島優子」さん、ユニークなキャラで人気のあった「野呂佳代」さん、歌唱が魅力の「増田有華」さん・・・そして、AKB48内ではダントツの”男前キャラ”であった「宮澤佐江」さんが有名どころです。

中学校二年生になると、”チームK”の人気が急上昇する中で!AKB48では初となる”派生ユニット”の「Chocolove from AKB48」が結成されることが決まり!その代表メンバーには「秋元才加」さん「中西里菜」さん、そして「宮澤佐江」さんの、人気アイドル3名の”ユニット”が完成されました。



引用【サイト(wikipedia)】

その後、”CDデビュー”も果たしますが!AKB48の人気が”全国的”に広まり、単体(ユニット)での活動に人気が集まることが少なくなったことから、敢え無く「活動休止」に追い込まれます。

もちろん、一部のAKBファンやアイドルヲタクたちの間では、”絶大なる人気”を誇っていたことは間違いありません。

また、同年の8月には!AKB48のアイドルたちで”構成”された映画「伝染歌」に出演されて、ご自身初となる「映画デビュー&女優デビュー」を飾ります。

【さらに!】同年の”年末”に開催されたNHK紅白歌合戦に、AKB48の”選抜メンバー”として出場を果たし、自身初となる「紅白デビュー」を飾ります。

高校三年生になると、テレビ東京系列で放送されたテレビドラマ「正しい王子のつくり方」に出演されて、自身初となる「テレビドラマデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(あーたん?のぶぅが良くなりますように??早く治りますように! )】

その後、”通信制”の高校時代を終えると、大学には進学せずに社会人となり!AKBの活動に本格的に専念するようになります。

その後も、メインステージである”劇場公演”の活動に力を入れながらも「テレビ番組・シングル選抜・AKB選挙・じゃんけん大会・AKB紅白歌合戦・リストベスト100・ラジオ…など」を熟して、多忙な日々を過ごして行きます。

そんな中、AKB48から「卒業するメンバー」が増え始めた頃に!宮澤佐江さんの”分岐点”となる「配属変更」が行われました。

それが、”中国本土”での活動が決まっていた新アイドルグループ「SNH48」への移籍でした。

これは、2012年の8月に開催された「AKB48 in TOKYO DOME~1830mの夢」の”初日イベント”の際に、恒例の「チーム振り分け(組閣)」が行われ!既に”中国上海”での結成が決まっていた”SNH48”への「電撃移籍」が突然!発表されて、”メンバー”やライブ会場に駆けつけた”ファン”たちからドヨメキが起こる中で、ご自身初となる「海外移籍の事実」が明らかとされたのです。

“海外移籍”が決まってからは、本格的に”活動の拠点”を中国上海市へと移し!全く”ド素人”に近い中国チームメンバーの”歌”や”ダンス”の指導を行いつつ!若過ぎて、やる気の無いメンバーの”根性”を叩き治したり、ダンス覚えの悪いメンバーに”ダンス”を一から指導したりして!48グループの”総監督”であった”たかみな”を「お手本とする指導や根性」を見せながら、SNH48を育て上げたのです。

ちなみに、AKB48から同じ様に!もう一人のメンバー「鈴木まりや」さんも移籍しておりましたが、元から「能天気な性格」であったことから!チーム内を”指導する”役割には適しておらず、チームを「盛り上げる役」として奮闘されたご様子です(笑;)。

その後、SNH48内でも”チーム別”が図られる事となり、宮澤佐江さんは「チームSII」への入所が決まりました。

SNH48のメンバーも”アイドル”としての「自覚」が芽生え始めて、ダンスも上達し!劇場公演に来る客も増え始めた頃に、ようやく宮澤佐江さんに「時間の余裕が出来始めた」ことから!ご自身の仕事の幅を広めるために、日本での”活動”を「再度視野に入れ始めて」行きます。

つまり、この段階で!SNH48での”宮澤佐江”さんの使命や仕事が「一段落を向かえた」と言えます。

なので、2014年2月に開催されたライブ「AKB48グループ大組閣祭り」にて、”名古屋”を拠点に活動するグループ「SKE48」の”チームS”に「兼任すること」が発表され【さらに!】”チーム内”での「キャプテン」を務めることが明らかにされました。



引用【サイト(SKE48 Mobile公式)】

その年の9月には、自身初となるミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例~」に出演しながら、”座長”も務めたことで!徐々に”演劇”にハマって行きます。

翌年の2015年には、恒例の”AKB48総選挙”において!自身では最高順位の「8位」を獲得されて、”選抜メンバー入り”を果たすと主に!自身の”アイドル人生”で「最高潮」に達します。

【ところが!】同年12月に、フジテレビ系列で”恒例放送”されている歌唱番組「FNS歌謡祭」に出演されて、AKB48グループから「卒業」することが発表されました。


スポンサードリンク


◇ 芸能界再開とは?


元AKB48メンバーの中でも【唯一!】”男前キャラ”で、男女問わずに”ファン”が多いことで知られる「宮澤佐江」さんですが、48グループを”卒業”後は「長い沈黙生活」を送っていたことはご周知の通りであり、その”動向”が気になっていた方が多いと思います。

しかし、その”長い沈黙”を破り!2019年度から「芸能界へ復帰」することを発表されて、大きな注目を集めました。



引用【サイト(ウレぴあ総研)】

但し、業界”再スタート”を巡っては!新たな旅立ちの”パートナー”として、前事務所の「フレイヴ・エンターテインメント」との活動契約は行わずに、新たに!大手芸能プロダクションの「ホリプロ」に”移籍”をした上での活動再開を、決断された模様です。

大手芸能事務所の”ホリプロ”と言えば、同じくAKB48の元メンバーであった「板野友美」さん「河西智美」さん「石田晴香」さん「宮崎美穂」さん、現48グループでは「荻野由佳」さんなどが所属している事務所として有名です。

特に、”板野友美”さんや”河西智美”さんや”宮崎美穂”さんたちとは!AKB時代に、同じ「チームKの仲間」として活動していたメンバーであり、”知り合い”も多く所属していることから!”プロモーション”の方は「安心して任せられる環境を整えた」ご様子です。

【さらに!】この事務所を選択するに当たり、大きな”決め手”となったのが!以前から「憧れの女優」と豪語していた、女優の「平山あや」さんが所属していたことも大きかった模様です。



引用【サイト(ホリプロ公式)】

また、AKB時代から!48グループ内でも”チームK”の結束は「揺るぎ無く硬い」と言われていた通り!同じ”元AKBメンバー”からも「歓迎されての事務所入りを果たした」に、違いありません。

【しかも!】現在の48グループの”人気”は、非常に「低迷気味」で【さらに!】各国や地域に、人気を”分散”させたことや、簡単に”アイドル”として「デビューが出来る時代」となったことから【なお一層!】厳しい状況下に、追い込まれております。

そんな”状況下”でも、今だに!昔の”チームK(特に初代)”の人気が衰えていないのは【まさに!】当時の”メンバー”の「努力の賜物」と言えます。



引用【サイト(NAVERまとめ)】

それを”裏付ける”かの如く、皆さん↑とても良い”表情”を浮かべておりますが↑特に、絶対的エースの「大島優子」さん、初代チームリーダーの「秋元才加」さん、そして女子グループ内で「男前」として名を馳せた「宮澤佐江」さんの人気が高く!得意の”ダンス”パフォーマンスで「体育会系のチーム造り(イメージ作り)」に成功したのです。

【しかも!】”チーム内”で、何か「トラブル・不祥事・祝い事・食事会…など」があれば、挙って!
全員が声を掛け、チーム”一丸”で「悩み・ドラブル・楽しみ…など」を”共有”して、”団結力”を発揮したモノです。

その中でも「代表的な出来事」として、チームリーダーであった”秋元才加”さんに「不倫疑惑」が取り沙汰された時には、ご自身が出演していた”生ラジオ番組”で「釈明する時間」が設けられ!その際に、ラジオを聞いて心配した「宮澤佐江」さんが、突然!乱入して【さらに!】”生番組”でありながら、他の”現・旧”メンバーも次々と乱入し!いつのまにか「チームKが集結する事態となった」ことがあるのです。

【しかも!】最後には、48グループを代表する総監督「たかみな(高橋みなみ)」までも乱入して、秋元才加さんを励ましたことは、AKB創設以来!歴史的な「チームKの伝説」として、その当時を知るファンたちから、大切に「受け継がれて」いるのです。

この当時は、AKB48”メンバー”と”研究生”、ライバルグループとして”乃木坂46”のみが「会いに行けるアイドル」として活躍しており、今のような”姉妹グループ”などはありませんでした。

その中で、”宮澤佐江”さんは!ご自身がAKBに加入した2006年から、”チームK”に所属されて!海外姉妹グループ「SNH48」や名古屋の「SKE48」に移籍するまで、チームK”一筋”で「支えたメンバー」の一員です。



引用【サイト(ウレぴあ総研)】

その後、当時所属していた事務所の「フレイヴ エンターテインメント」との契約が切れるを機に、2018年5月に「芸能活動を一時休止」することを発表されました。

そんな、宮澤佐江さんですが!ようやく”充電期間”を終えたご様子で、2019年7月21日から”彩の国さいたま芸術劇場”で開演されるブロードウェイミュージカル「ピーターパン」への出演が決まり、そのステージにて「芸能界復帰」を果たされる模様です。

演劇「ピーターパン」は、2017年頃に”出演経験”のあるミュージカルであるだけに「慣れ親しんだ作品」からの再スタートは、非常に”期待”されての芸能界復帰となりそうです。


スポンサードリンク


◇ ピーターパンとは?


宮澤佐江さんは、AKB秋葉原劇場で2016年4月に行われた「チームK10周年記念特別公演」をもって!48グループから”ご卒業”をされております。

その後、”メディア出演”などで芸能活動は続けておりましたが!徐々に”人気”の低迷と共に姿が見られなくなり、全面的に活動の”拠点”を「舞台」に移し!2016年8月から、東京都千代田区にある「帝国劇場」で公開されたミュージカル「王家の紋章」に出演されて、歌手でタレントの「新妻聖子」さんと共に!”ダブルキャスト”として「キャロル役」を演じて話題を呼んでおりました。


引用元【ツイッター(ABEMA(アベマ)@今日の番組表から )】

恐らく、この舞台が!ご自身にとっての「初ミュージカル」であると思われますが、”負けん気”の強い気質(性格)からして、相当!”練習”に励んだことは間違いありません。

また、実際の舞台では!AKB時代に培った「キレのあるダンス」を披露されて、有名ミュージカルに花を咲かせておりました。

そして、翌年の2018年7月には!東京国際フォーラムで公演されたブロードウェイミュージカル「ピーター・パン」に出演されて、”タイガー・リリー”役を熱演し!”舞台女優”へと「転向されたイメージ」を、多くのファンにしらしめたのです。

但し、ご自身の気質(性格)的には!主演の「ピーター・パン」を行いたいと思っていたに違いありませんが【さすがに!】舞台の”経験不足”もあって、関係者も「次の機会」を窺っていたご様子です。

もちろん、”演劇”の「ピーター・パン」と言えば!タレントの「榊原郁恵」さんや女優の「宮地真緒」さんや「高畑充希」さん…などのように、”男前の性格”が問われることから【まさに!】元AKB内で”男前”のキャラであった宮澤佐江さんにとっては「ハマり役」と言えるのです。

なので、いずれ”主人公”の「ピーター・パン」役に選ばれることを!ファンの皆さんにとっては「祈願」であることは、間違い無いようです。


スポンサードリンク


◇ 兄からの手紙とは?


【実は!】宮澤佐江さんが、”芸能界復帰”を果たすことにつながった!大きな要因の一つに「兄からの手紙」が、大きく影響をしているようです。

宮澤佐江さんの”兄妹”には、”七歳”年上の長男「りょう君」と”五歳”年上の次男「しーちゃん」と呼ばれている「二人の兄」が居ります。



引用【ブログ(AKBタイムズ)】

今回、宮澤佐江さんの”芸能界復帰”への「原動力(後押し)」となったのが!長男”りょう君”からの「手紙」らしく、そこには”兄弟愛”が感じられる「大きなドラマ」があった模様です。

【実は!】長男”りょう君”は、2018年11月に”ご結婚”をされたようで!その”披露宴”に参加した妹の宮澤佐江さんのテーブルの席には、一通の”手紙”が置かれており!その中の”メッセージ”に「思いもよらぬ”お願い”」が書かれていたそうです。

それがこちら↓↓↓

「休みたいかもしれないけど、お前が活躍している姿を見たい」


つまり、芸能界”復帰”への「励まし」と「応援のメッセージ」が書かれていたのです。

その”メッセージ”を目にした時には、兄からの「率直な気持ち」を知れたことや!突然の「出来事」に感動を受けて、そこから芸能界復帰を「本気で考え始めた」そうです。

“宮澤家”のご家族は、元からメディアを通じて「仲が良いこと」は知られており、この”兄たち”も!度々テレビに出演する機会があったことから、宮澤佐江さんのファンたちにとっては「知られていた人物」であるだけに!その”励ましのメッセージ”を聞いた時には、”涙した”男性ファンが多くいたそうです。

恐らく、ご結婚をされた”長男”も「新たな門出」を目の前にして、相当な!”覚悟”を持って「人生を進むことを決めた」と同時に!妹に対しても、同じように「新たな門出を切ってもらいたい」と思ったに、違いありません。

なので、ある意味では!宮澤佐江さんの「芸能界復帰は兄のおかげ!」と呼べるので、その意味では長男「りょう君」に感謝するファンが、大勢いることでしょう。

もちろん、宮澤佐江さんの芸能界復帰には!超”仲良し”で、AKB48「元チームKの同士」でもある!親友の「秋元才加」さんや「大島優子」さんも喜んでいることでしょう。


引用元【ツイッター(大島優子 )】


スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ シングル

・ 2006年に、”デフスターレコーズ”が手がけた作品”会いたかった”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(AKB48 ツイッター )】

◇ 映画

・ 2007年に、”松竹”によって公開された映画”伝染歌”に出演され「映画デビュー」を飾ります。

◇ テレビ番組

・ 2008年に、仙台放送)系列で放送された番組”輝け★アプリの星”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。

◇ テレビドラマ

・ 2008年に、テレビ東京系列で放送された番組”正しい王子のつくり方”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ ネット番組

・ 2009年に、ORICON系列で放送された番組”RANKINGパラダイス”に出演され「ネット番組デビュー」を飾ります。

◇ 舞台

・ 2009年に、”シアターGロッソ”によって公開された舞台”AKB歌劇団∞・Infinity”に出演され「舞台デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(きたかな )】

◇ 写真集

・ 2009年に、”講談社”が手がけた作品”彼女”がリリースされ「写真集デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(まい )】

◇ ラジオ

・ 2010年に、”SPACE DiVA”局が放送した番組”サテライトボイス in お台場 ODAIBA RAINBOW STATION AKB48のオダイバファイティーン”に出演され「ラジオデビュー」を飾ります。

◇ アルバム

・ 2010年に、”キングレコード”が手がけた作品”神曲たち”がリリースされ「アルバムデビュー」を飾ります。

◇ 雑誌

・ 2013年に、”インフォレスト”が手がけた作品”AKB48 月刊 宮澤佐江”がリリースされ「雑誌デビュー」を飾ります。

引用元【ツイッター(譲葉 美沙子 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
宮澤 佐江
読み
みやざわ さえ
生年月日
1990年8月13日
仕事
アイドル、タレント
出身地
東京都
所属事務所
ホリプロ
血液型
O型