日本女子レスリングの”レジェンド”であり「霊長類最強女子」の愛称で親しまれた元女子レスリング日本代表の「吉田沙保里」さんが、いよいよ”ご結婚”に向かて動き出したとして!ご自身初の「デート報道」が伝えられた模様です。

吉田沙保里さん”37歳”にして初の”デート報道”であり、ご結婚間近(マジか)なのでしょうか?

その気になるデート報道を含めて、吉田沙保里さんについて紐解いて行きます。


引用元【インスタグラム(saori___yoshida)】

デート報道の一報は、芸能誌でお馴染みの”NEWSポスト”で、ご自身が運転する”高級車”に、男性アイドルグループ”Hey! Say! JUMP”の「伊野尾慧」氏と【さらに!】同じくアイドルグループ”NEWS”のメンバー「増田貴久」氏に非常に似ている”イケメン男性”を乗車させていたようです。

吉田沙保里さんと言えば、自身のレスリング引退会見で「女性としても成功(幸せ)したい」等と名セリフを残して”有終の美”を飾りましたが、いよいよそれに向けて!本当の意味での”幸せ”を手に入れるために動き出したご様子です。

最近では”メディア”出演が増えており、特に日本テレビ系列で放送されている”朝の冠番組”の「ZIP!」に”パーソナリティー”としてご活躍中され【さらに!】オリンピックイヤーの今年(2020年)は”スポーツキャスター”としての仕事も期待されているようです。

“国民栄誉賞”受賞者に、そこまでさせるのか?と素朴に感じますが、少なくても今年は「リング外での世間をザワつかせる新技」を、披露されることでしょう(残念ながら新型コロナウイルスの感染予防のためオリンピックは延期されました。)


引用元【インスタグラム(saori___yoshida)】



   ◇◇◇ 記事の目次 ◇◇◇   

・ 小中高校は
・ 極秘デートで妊娠説?
・ 引退会見でのカラコンが!
・ 経歴や実績[年代順]
・ プロフィール



スポンサードリンク


◇ 小中高校は


吉田沙保里さんは1982年10月5日生まれの37歳(2020年)で、ご出身は「三重県津市」です。

ご出身の”三重県津市”にあるご自宅で、ご両親と二人の兄の五人家族で生活していたようです。

小学生時代の情報が少ないので詳しくは分かりませんが、基本的に”義務教育”はご自宅近辺に有る学校に通うのが一般なので、吉田沙保里さんも(三重県津市)内の小学校・中学校に通っていたと”推測”できます。

最新の情報では小学校は地元の三重県津市にある”一志町立一志西小学校”にご入学されたと判明しております。

但し、幼少期~高校時代迄の情報が乏しいので詳しい事が分かっておりません。

ご家族は”ご両親”と”二人の兄”がいて、”長男”は五歳年上、”次男”は二歳年上、ご自身は「長女」として生まれ育ったご様子です。

幼少は非常に”病弱”で、生まれて直ぐに”肺炎”を患ったり、四歳の時は”腸閉塞”で命の危機に陥ったこともあるそうです。

父親の「吉田栄勝」氏も、元レスリングチャンピオンであり【しかも!】”兄”もレスリングを行っていた影響で、ご自身も”レスリング界”に進んだとのことです。

なので、父親の”練習・指導”が非常に厳しく、”友達”と遊ぶ時間も「奪われていた」ことから何度も「辞めたい!」と思っていたそうです。

また、”ある日”風邪を引いて「高熱」で苦しんでいた時も、休まず練習をさせられたようです。

そのため、父親の”期待”が物凄く大きかったことから、”自宅(倉庫?)”を改造した「練習場を設置されて居た」とのことです。

そこでは、本来の”練習場”とはいかないものの「タックル」の練習には十分な広さが確保され、ひたすら”タックル”の練習に励んでおりました。

【しかも!】”性格的”には非常に「甘えん坊」であったご様子で、母親の”膝の上”が一番!落ち着ける”聖地”であったようです。

その一方で、レスリングの練習意外にも「そろばん・習字・公文式」などの”習い事”も行っていたようです。

“スポーツ”でも、年代は定かではありませんが「陸上・水泳」も行っていたご様子です。

また、”格闘技”に精通していたことで”男性”に興味があり「立ち小便」に挑戦したご経験もそうです。

“小便”つながり?で言うと小学校一年生の時に、”普通教育”を受けられない”特別教室”の生徒が、お漏らしをした際に、”雑巾”で清掃をしてあげたご経験があるそうです。

なので、”少女期”は「優しい気持ちの持ち主!」でありながら、ちょっと”お茶目”な部分も兼ね備えた子供さんであったのでしょう。

そのためか!将来の”夢”は「保母さんになること」と決めていたそうです。

小学校三年生の時に、”階級別”だと思いますが”男女混合”のレスリング全国大会で「優勝」を飾られたそうです。

父親が非常に”厳しかった”ことが幸いしてか?学校の成績で”体育”と”音楽”は常に5(最高)をもらっていたそうです。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

”活発的”に育った小学時代を終えると、中学校も地元の津市にある”一志町立一志中学校”にご入学されました。

中学校時代になると、学校では”陸上部”に入部していたらしく「自宅のレスリング場」で鍛えた”瞬発力”を活かしながら「脚力」も鍛えていたご様子です。

その”効果”は絶大で、ジュニアで出場したレスリングの”全国大会”で「優勝」を飾り、出場した”階級”では「敵なし!」として知られていたご様子です。

また、学年は分かりませんが”同年代”の「彼氏」がいたそうです。

中学校三年生の時に、”手”を骨折していた!にも関わらず「片手のみ」で戦いに臨み、出場した大会で見事!”優勝”をされたそうです。

その辺から既に「伝説の吉田ストーリー」が始まっていたのでしょう。



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

レスリングに”精を出す”傍ら、陸上部でも汗を流した中学時代を終えると、高校も地元の三重県にある”三重県立久居高等学校”にご入学されました。

この高校の課程は”全日制”の「男女共学校」で、”学科”は「普通科」のみです。

但し、普通科は”コース別”となっており「普通コース・スポーツ科学コース」の二つ設けられて
おります。

【さらに!】普通コースでは、”二年生”にあると「チャレンジコース」に進むことが出きて”特別クラス”と呼ばれている「進学を対象にしたクラス」を選択することができるそうです。

吉田沙保里さんが”どちらのコース”を選択されたのか?は分かっておりませんが、きっと!”スポーツ”が得意であったことから”スポーツ科学コース”に進まれた可能性が高いです。

また、”部活動”が盛ん学校として”地元”では有名で、各種「運動部や文化部」が揃っており、各部ともに”成績”もかなり「優秀」とのことです。

高校時代になると、更に”レスリング”を本格始動されたご様子で、部活動に入っていたのか?の情報がありませんが、学校の部活動には”レスリング部”があります。

また、格闘技に”精進”しながらも一方では「手話」にハマっていたらしく、”難聴の方”とのコミュニケーションを取る「術」も身につけていたようです。

高校一年生の時に、”世界レスリング”の地位を占めている大会”世界カデット選手権”に出場して、自身初となる「世界選手権」での優勝!を飾ります。

この大会では翌年(1999年)にも”優勝”をされており「V2」を飾られたご様子です。

【さらに!】二年生の時に”修学旅行”で訪れた沖縄で、一年生から”思い(恋愛)”を募らせていた”野球部”の男子生徒から「フラれ続けていた(最終六敗!)」ことに端を発して、砂浜で”相撲”を行ったらしく、”片っ端”から「恨みを込めて」投げ飛ばとばしてやった!とのことです(笑;)

その後、高校3年生の時に出場した”世界ジュニア選手権”でも見事!”優勝”を勝ち取りました。



引用元【サイト(レジュメディア)】

レスリングを”本格的”に始動を始めた高校時代を終えると、大学には愛知県大府市にある”中京女子大学(現:至学館大学)”の「健康科学部」にご入学されました。

この大学は、同じように”後に”女子レスリングでご活躍される「伊調馨」選手や「土性沙羅」選手、「川井梨紗子」選手たちの母校でもあり、今では女子レスリングの”強豪校”として!知名度を誇っております。

吉田沙保里さんが地元(三重県)を離れ”この大学”に進学した”理由”として、恩師でもある名匠「栄和人」コーチからの「指導を仰ぐため」選んだとのことです。

大学一年生になると早速”実力”を発揮して、高校時代に勝ち誇っていた”世界ジュニア選手権”で【さらに!】優勝を飾り、同大会で「V2」を果たします。

大学二年生の時に出場した”ジャパンクイーンズカップ”では、世界王者として”君臨”していた「山本聖子」さんと対戦して見事!”勝利”を収め、大会でも”優勝”を飾ったことから、日本女子レスリング界の「第二世代」へと導いて行きます。

「山本聖子」さんとは、ご自身”大学四年生”の時に同大会で「再戦」を果たし、同年に開催が決まっていた”アテネオリンピック”の「日本代表選考」も兼ねていたことから、大いに注目を浴びた大会となりました。

すると、また”山本聖子”さんに勝利したことで、大会での優勝を果たすと共に”日本女子レスリング”の「55kg級」代表にも選出されました。

その後は、ご存知の通り2004年に開催された”アテネオリンピック”で、自身初の”金メダル”を勝ち取りました。



引用元【サイト(ウィキペディア)】

その後も「アジア大会・世界選手権・全日本選手権」に出場し、次々に優勝を果たしたことで!女子レスリングの”55kg級”では敵なし!等と呼ばれるようになります。

大学三年生になっても「快勝」は続き、2003年に開催された”世界選手権”や”ワールドカップ”でも”優勝”を果たして、女子レスリングの”キャリア”を確実に積むと共に、全国的にも”女子レスリング”の「知名度拡大」に、大いに貢献されます。

その後、大学をご卒業されると”綜合警備保障会社”でお馴染みの「ALSOK」に入社を果たして”社会人”となり【さらに!】女子リスリングに慢心して行きます。

大学ご卒業も”数々”の大会に出場し「優勝」を飾り、”実力”や”経験”を積んで行きます。

2007年度に行われた”アジア選手権”・”世界選手権”でも勝利を収め、女子選手としては!前代未聞の「5連覇」を記録されました。

その「功績」が認められて、翌年(2008年)開催予定である”北京オリンピック”の日本女子レスリングの「55kg級」代表に再選されます。

“結果”はご存知の通り、見事!”優勝”に輝いて「金メダリストV2」となります。

その大会では、優勝後のインタビューで「次大会(ロンドン)でも勝つ!」等と発言したことで、大いにファンたちを喜ばせた!と同時に、既に”オリンピックV3”を目指していることを明らかにされ、世間の注目を浴びました。

その”公約?”通りに、2012年に開催された”ロンドンオリンピック”に出場し、”三連覇”の期待をよそに”着実”に予選から勝ち誇り、見事!勝利を収めて「金メダリストV3」の栄冠に輝きました。

“オリンピック”でご活躍された一方で、毎回勝ち続けていた”世界選手権”でも「10連覇」を達成させて、”前代未聞”の男女通して史上初となる「偉業」を記録されました。

【さらに!】同年開催された”世界選手権”でも「13連覇」を達成し、元男子レスリング選手でロシア出身の「アレクサンドル・カレリン」が記録していた”連覇記録”を更新したことで「カレリン」選手の愛称であった”霊長類最強の男”に因んで「霊長類最強の女子」等と、広く呼ばれるようになります。

その後の大会でも躍進は続き、2015年に行われた全日本選手権でも優勝を果たしたことから!翌年(2016年)開催予定である”リオデジャネイロオリンピック”への「日本代表選手」に選考されます。

そして「V4(連覇)」をかけて臨んだ”リオデジャネイロオリンピック”でしたが、残念ながら!あと”一歩”及ばずに”銀メダル”となり、”亡き”父親との約束(五輪四連覇)を果たせず終えます。

その後も、次回開催予定であった自国の「東京オリンピック」を目指して練習に励んでおりましたが、日本女子レスリングの”代表コーチ就任”、母校の「至学館大学」の副理事長【さらに!】2020年度東京オリンピックに向けた日本代表選手の”合宿コーチ”などに選ばれ、否応無しにも「現役引退を予感させる方向」に時間が過ぎて行きました。

すると2019年1月に”ご自身”の公式SNS(ツイッター)にて、「現役を引退する」ことを表明されました。


引用元【ツイッター(モデルプレス )】

その後は”メディア”出演が多くなり、”スポーツ番組”をメインに、バラエティ番組やトーク番組【さらに!】現役を引退した年(2019年)には、TBS系列で放送された話題作テレビドラマ”ノーサイド・ゲーム”に出演を果たしたりと”マルチ”なご活躍を見せながら今に至っております。


引用元【ツイッター(スポーツ報知 )】


スポンサードリンク


◇ 極秘デートで妊娠説?


【実は!】”霊長類最強の女子”と名高い「吉田沙保里」さんは今までに「妊婦」のご経験があるのです。

証拠写真はこちら↓↓↓


引用元【インスタグラム(saori___yoshida)】

元女子マラソン・”ゴールドメダリスト”で、現在”スポーツキャスター”を努めている「高橋尚子」さんや、最近”女子スピードスケート選手”として人気上昇中の「高木美帆」さんからの”祝福”を受けながらの写真が公開されて模様です。

・・・と言うのは冗談で(笑;)、ご自身が出演されている医薬品メーカー”明治製菓”のCMでお馴染み「ヨーグルト(R-1)」での、”最新CM”の撮影の際に撮られた”オフショット写真”の模様です。

この最新CMでは、共演している俳優「大森南朋」氏の”妻役”で出演しており、ストーリー的に「妊娠されたシリーズ」であったらしく、その際に”お腹を膨らました格好”にさせられた次第です。

たぶん「子供ができるほど(R-1のおかげ!)幸せな家庭である!」を表現するために、今回は「子供が授かったシリーズ」に設定されたのでしょう。





そして、その模様を吉田沙保里さんがご自身の公式SNS(インスタグラム)でご紹介されたことで、思わぬ反響が”ネット住民”から湧き上がったのです。

その「反響ぶり」がこちら↓↓↓

びっくりしてしまいました

3ショット豪華過ぎます??

え、妊娠したの

現実かと思った??

本当に妊娠したのかと思いました

吉田沙保里さんは元から(現役引退の会見)「女性としても幸せになる」と”名言”を吐いていたので、いつ”母親”になってもおかしくなく!妊婦になることは「現実味のある話」であることから”ネットユーザー”に「驚愕」を与えたのでしょう。

もちろん!現在は、パートナーとなる”彼氏”の存在は確認されておらず、もちろん「大手芸能メディア」からも”スクープ情報”が伝えられていないので「妊娠の事実」は御座いません(笑;)。


スポンサードリンク


◇ 引退会見でのカラコンが!


吉田沙保里さんが”レスリング”の「第一線」を退いてからは、”メディア”への出演が増えておりますが、元から”知名度”があり「人気を博していた」とは言え!やはり女性なので、最近は”メイク”にも拘りを見せているご様子です。

【さらに!】元々短髪であった”ヘアースタイル”も、最近はロングにしたのか?かなり”美”を意識するようになったようです。


引用元【インスタグラム(saori___yoshida)】

【ところが!】”ルックス”に拘るあまり「カラーコンタクト」にも手を出してしまったらしく!それが「不自然で似合わに」との声が乱発し、”不評”をかっているそうです。

そして、それが”明るみ”になったしまったのが”ご自身”のレスリング「引退会見」でした。





世間の反応は↓↓↓


引用元【ツイッター(みゃる )】


引用元【ツイッター(占美堂*由美花 )】


引用元【ツイッター(顔米。ちゅちゅじもりbot. )】


引用元【ツイッター(ノゾミ☆ )】

様々な”意見”や”感想”が伝えられ、危うく「炎上気味!?」になっておりました。

最近では、ご自身の公式SNS(インスタグラム)にアップされている写真の殆どが”カラコン”を使用しているように見られ!ご自身の”アンチ”からは相当!な”バッシング”を買うハメになったのです。

今までに”ネット”に流通されている、その気になる”カラコン”の「脱着風景」がこちら↓↓↓



引用元【サイト(NAVERまとめ)】

確かに全然違いますね♪

よく「サイズが大き過ぎ」との声が多いですが、逆に”カラコン”が大きくて「目の印象が強い」ことによって!「小顔効果」が出ている模様です。

もちろん、現役中の”リアル顔”を知っているだけに”カラコン”で偽装?されては「不自然」に思われても当然なのですが・・・?

では、次に気になるのは”愛用”しているコンタクト「メーカー」ではないでしょう。

それについてはご自身で暴露?されております↓↓↓


引用元【インスタグラム(saori___yoshida)】

カラコンメーカー”GIVRE”は、女優の「黒木メイサ」さんがイメージモデルを担当している有名メーカーですよね!

紫外線をカットしながら含水率55%で、”柔らかさ”と目に最適な”水分量”を維持する「目に優しいタイプのコンタクトレンズ」であるそうです。





カラコンメーカー”Recoco(リココ)”は、タレントでモデルの「谷まりあ」さんが”イメージキャラクター”を努めております。

ファッションやメイクに「自然に合うレンズ」を追求されているようで、誰でも”気軽”に使えるのが特徴とのことです。






スポンサードリンク


◇ 経歴や実績[年代順]


◇ CM

・ 2006年に、”ALSOK”が手がけた企業CM”企業”に出演され「CMデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(NECTERE )】

◇ テレビドラマ

・ 2014年に、Dlife系列で放送された番組”東京ガードセンター”に出演され「テレビドラマデビュー」を飾ります。

◇ シングル

・ 2015年に、”avex”が手がけた作品”目を覚ませ/Go My Way”がリリースされ「シングルデビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(BARKS編集部 )】

◇ テレビ番組

・ 2019年に、日本テレビ系列で放送された番組”ZIP!”に出演され「テレビ番組デビュー」を飾ります。


引用元【ツイッター(吉田沙保里 )】


スポンサードリンク


◇ プロフィール


本名
吉田 沙保里
読み
よしだ さおり
生年月日
1982年10月5日
仕事
女子レスリング指導者
出身地
三重県津市
所属事務所
無所属
血液型
O型